ワンノートサンバ

昨日も車の中で鼻歌を歌っていて
ルパン三世1stのテーマとワンノートサンバが似てると思う。

パクったとは言いません。



ダバダバのところもそうだけど
同じフレーズのくりかえしと
同じ音の繰り返し。
コンセプトも似ているような。

東京ムービーの曲
山下毅雄さんがつくってるやつ、
ガンバの冒険のエンディングとか
錆びた鉄の匂いがしそうなところが好き。
スポンサーサイト

ここにも残存思念

DCF00442_convert_20170417042337.jpg
DCF00441_convert_20170417042743.jpg
いちしんふたば対怪蔦。
春野のうちから持ってきたのこぎり、高枝バサミ、刈り払い機を使って
家に巣食う蔦を切り取ってゆく。
枝葉はまとめてトラックの荷台へ。家と駐車場を何度も行き来した。
近所のおばちゃんから差し入れを頂く。
ふるさとは遠きにありて帰るところじゃないと思っていたのに、
母親が生前おこなった親切が助けとなっているようで肩身の狭さを感じない・・・

DCF00443_convert_20170417041846.jpg
にわか雨で雨漏りがする。
DCF00444_convert_20170417043241.jpg
ドロだらけになったから銭湯へゆく。
母に連れられていった記憶が残っている・・・
鉄人のじょうろを誰かに盗られた・・・
DCF00439_convert_20170417044134.jpg
帰る日、入道雲が出ていた。

廃屋にて

実家のある市町村から固定資産税の請求が来た。
先月にメンテに行った甲斐あってか「空き家認定」は免れた。
空き家に登録されてしまうと固定資産税が6倍になる。
6倍の税金を払うなら、5回実家を往復して手入れをしたほうがマシだ。
ご近所から聞いた一番の問題は蔦で、生い茂る蔦を何とかしないと
空き家認定の危機は去らないだろう・・・
DCF00447_convert_20170416204654.jpg
仕事が終わったその足で新東名に乗った。
朝、白熱球のタイマーをセットして餌と水をたっぷりにして出てきたが
インコたちの顔が見れないのはけっこう寂しい。
DCF00446_convert_20170416204924.jpg
日付が変わってから24時間600円の駐車場に車を駐め、
廃屋同然の実家で最初にしたことは
延長コード作り。
床のコンセントは生きているのに
天井から来る照明への配線がみんな死んでいる。
電験を持っていないし配線などできない。
DCF00445_convert_20170417040835.jpg
これでなんとか明かりは確保できて
こんどもまた廃屋の中で寝ることにした。

見知らぬ土地

DCF00453_convert_20170416202810.jpg
先週、旅支度の買い物で道すがらのスーパーへ立ち寄った時、
自分の住む市町村なのにまるで外国にでも来たような気分になった。

この地に移り住むまで縁もゆかりもなかったから
どこへ行っても見知らぬ土地と同じようなものだけど、
外国でそういうものを見て、殺風景だなあと思ったことがある。
広い駐車場のある大型スーパーなんて子供の頃にはなかった。

実家を行き来するようになったこともある。
ウラシマタロウ、
タイムスリップ、
そんな言葉がついでてくるような
SFチックな気分に引きずり込まれる時がある。




怪蔦

DCF00440_convert_20170417043726.jpg
男が病院から帰った時、家はもぬけの殻だった。
病院では、小遣いがもらえて外出の時間に酒を飲むこともできた。
気がついた時ベッドに寝かされていたが自由に歩けるほど回復した。
医師から、自分の意志で退院を希望するなら帰っても良いと言われた。
看護師の奴らの自分への態度も悪い。

うちに帰ろう。自分の城に。

戻ってみると、誰もいない。
息子に「出て行け。」と言ったが、本当に出ていきやがったか。
何のために苦労して学校に通わせたのか?
もっと金のなる木でも植えとけばよかった・・・

妻も娘も帰ってこない。
アルバムから写真が剥ぎ取られている・・・

壁に自分が描いたフラメンコの絵。
床に落ちてるパコデルシアのLPジャケット。
19XX年3月25日の日付で息子の署名。
44歳のお誕生日おめでとう、娘の署名。
日頃のご苦労に感謝して、妻の署名。
ダビングしたカセットを聞こう。
ラジカセは息子がテーブルに叩きつけて壊していきやがった。
そこから先は覚えていない。
悪魔が自分に聞いた。「死にたいか?」
魂を売ってもいい、活かしてくれと願った。

ウオークマンがあったな。それで聴こう。

食べるものがない・・・

おお、蔦よ。元気か ?
配達先の街で茂っていたのを失敬して
家の裏手に植えた。もっと茂れば面白いだろう・・・
お前はいいな。水さえあれば生きられる。
どうするか・・・
深夜、男はふらっと家を出てそのまま帰らなかった。

やがて家の主は蔦になった。
男のしつこい恨みつらみ、全てに対する憎しみの心を吸収して
裏庭に増築された3畳の小部屋を崩し、屋根を侵し、
男に代わって近隣に迷惑をまき散らすようになった。

バスツアー

この土日はバスツアーに行ってきました。
DCF00381_convert_20170409192419.jpg
天候に恵まれなかったので
うちの山にも行けなかっただろうし
退屈はしませんでした。
DCF00169_convert_20170409194014.jpg
バスは土産物店で停まるばかりで
風景写真はなかなか撮れません。
DCF00170_convert_20170409192133.jpg
帰り際にようやく晴れてきました。
道をわたってあの林が見たいのに。
DCF00168_convert_20170409192902.jpg
戦利品。

車内でもらったお菓子の残りと
厳選した品々。

ぶどうの産地で買った5袋1000円の干しぶどう、
原産国はチリだった・・・。

気田川の桜

DCF00162_convert_20170407211511.jpg
仕事帰りに気田川の堤防に寄り道しました。
DCF00160_convert_20170407211752.jpg
ここ数年、開花の時期は早くて温暖化が進んでいるとも思えたのですが、
ことしは遅くて、私的には予定が狂ってしまいましたが、こんな年があってもいい。
DCF00158_convert_20170407212110.jpg
つい♪さくらさくらを口ずさんでいます。
柳の緑もきれいです。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます