FC2ブログ

真空地帯 野間宏

自分はテキパキ仕事ができない人間なのだ。

職を転々としていよいよ自分が見たくない
自分の姿がはっきりして見えてくる。

子供のころからなにをやらせても
トロくさくて、親も行く末を案じて
スパルタ式にいろいろさせてみたが多くは
裏目に出た。

同じ仕事なのに学校を出ているというだけで
自分より立場が上で楽する人が腹立たしくて
悔しい思いをした母は私には口うるさく勉強しろと言ったが、
そうやって親に守られて学校を出てついた仕事を捨てて
実力の世界に入るとまるでだめだということがわかった。

神保町で買った真空地帯(野間宏 新潮社)。
戦時中の残留部隊の日常を描いた小説で、
そこに出てくる学徒出陣の初年兵の仕事が
一般兵と比較にならないほどトロくさく、
上官から余分の指導を受けてばかり。
傍から見てもどうしてそんなに情けないのだと
言われる始末。それが自分と重なってくる。
学校出の初年兵は優遇されやがて将校になって
一般兵の上に君臨する。いまに自分たちをいじめている
上官のように命令するだけで楽をできる階級になる。
そのことが腹立たしくて、訓練にかこつけて
とにかくいじめられる。

そのことだけじゃなくて
これがリアルな軍隊の実情と思える場面が
延々と描かれる。

やがて戦地に向かうための残留部隊なのに
兵士はみな野戦送りにされることを恐れ嫌がる。
賄賂を贈ったものが野戦行きを免れ、
部隊で目障りなものが戦地に送られる。
兵隊たちは遊郭に行くことのできる外出日を待ちわびて
上官は物品の横流しと人事に係る口利きでで私腹を肥やし、
暴力・体罰・いやがらせ。
兵隊さんのためと庶民から取り上げた食料が届いているとは
思えないほど兵士たちは飢えている・・・
そこは人間らしく息をすることもできない真空地帯。

軍規があってもどうにでも曲げられる無法地帯。
直属の上官の命令は絶対なのだからどうにもならない世界。
でも組織としてのマネジメントはどうなっているのかわらない。
学歴など関係なし。利口に立ち回わればよし。
正義など関係なし。買収をしたもん勝ち。
いじめられないために物を差し出すしかない世界。


でも陸軍刑務所の服役を終えて何もかも奪われて
部隊に戻ってきた木谷利一朗が再び野戦行きを
命じられたとき、落ちるところまで落ちた彼にもう
恐れるものはなかった。

ただ話の結末にはほんのわずか救いがあって
ただただどうしようもないストーリーではなく
読後感はわるくなかった。

いま同時進行で司馬遼太郎の坂の上の雲を読んでいて
秋山兄弟の活躍がこれから始まるのだろうけど
その裏側の世界にはこんな真空地帯も存在しているのだと
かっこいい世界の裏側にかっこ悪いリアルな世界が
あることを鮮やかに思い起こさせる内容でした。

そしてこの真空地帯というのは
いまは軍隊以外の各方面に蔓延し始めているのでは
ないかという気がします。
スポンサーサイト

AMお祭り準備

DCF00311_convert_20181007200033.jpg
順不同で申し訳ありませんが、
これは9月29日の朝ドライブの記事に
掲載し忘れた写真です。

DCF00306_convert_20181007201301.jpg
これは今日です。
どんな台風がまた来るのかと思っていると
DCF00307_convert_20181007201012.jpg
今回は助かりました。
DCF00305_convert_20181007201514.jpg
秋刀魚を焼いてあんまとたべました

これも秋

DCF00303_convert_20181006193043.jpg
私はマクドのまわしものではありません。
DCF00301_convert_20181006193242.jpg
たまたま前を通りかかってふと思いました。
ハンバーグが3段かさなった特製バーガーが500円します。
100円のハンバーガーを3個買ったら300円(コーラSをつけて400円。)
そうすると目玉焼き1個分がついていないだけでパンの底と蓋2個分がお得です。

店内で食べきる自信がなかったので持ち帰りの袋に入れてもらい
その場で食べてみましたら、食べられました。飽きは来ませんでした。
この薄っぺらい食べ物はこれで完成形なんだな。と思いました。

無事

DCF00300_convert_20181006192844.jpg
台風が去ってやっと休日になりました。
唐辛子は小さいほうが風で倒れてしまいましたが、
とにかく生き残った二株とも実が赤くなり始めました。
小さいときは液肥っで育てていましたが
あるとき屋根から取った堆肥を入れてやりました。
DCF00293_convert_20181006192229.jpg
一週間心配だった山を見に行きました。
傾いているのは前の台風による1本だけでした。
DCF00298_convert_20181006192548.jpg
知人のトラクターの小屋が風で動いてしまったと聞いて
心配だった小屋もやっと見に行きました。
大丈夫でした。
周りは萩が花盛りでした。

楽浪郡

魏志倭人伝の最初の出だしは
「倭人は帯方の東南大海の中にあり」ですが
、帯方ってどういうところなんでしょうか。

岩波の注釈には今のソウル付近とあります。

wikipediaによると、
後漢の時代に遼東、のちに日露戦争の戦場となった遼東半島、
その地の太守であった公孫氏が朝鮮半島に進出し
今の北朝鮮西岸辺りにあった楽浪郡の南を分割し、屯有県
(現・黄海北道黄州か)以南を帯方郡と定め、韓国・倭国の
統治にあたったようです。

三世代目の公孫淵のとき魏に反旗を翻し遼東の襄平城で
景初元年(237年)独立を宣言。燕王を自称。
これに対し翌年、魏の明帝は司馬懿仲達を送り公孫氏を滅ぼします。
また海路から密かに劉昕と鮮于嗣を帯方太守、楽浪太守として
送り込み、帯方郡は魏の直轄地となります。

このときの海路については良くわかりませんが
陸路の戦乱を避けて海から帯方・楽浪の制圧部隊を送り込んだのであれば
帯方郡の港では黄海も渡れる船が発着していた可能性があります。
このことは帯方から倭に向けて出航した船についての想像にもつながります。

では帯方郡を知る前に楽浪郡ってなんだったのか知る必要があります。
と、思ってちょっと見てみると・・・謎というか、闇というか。
これはとても手に負えません。

避難勧告

昨夜22:49エリアメールで
私の住む地域にも避難勧告が出たと
連絡がありました。
その直後、真っ暗闇。停電しました。
すでに携帯の電波が圏外になっていると
表示が出ています。Docomoのアンテナへの
電力の供給が止まっているようです。
道路は土砂災害の危険もあり、
この時間、この停電でどこに避難しろというの?
でもメールをよく読むと
「屋内で安全確保に努めてください。」とのこと。

風の音がして外で何かが音を立てる。
屋根が飛ばないだろうか心配。
中古PCはバッテリが死んでいるから
停電すれば即、強制終了。
手回しランタンを闇の中で探る。

とりあえず手回しランタンの明かりで風呂に入る。
それで少し落ち着いて布団に入り、
ランタンのラジオをつけてみる。
ここは日本かしら?大きな音は韓国語中国語。
日本語が聞こえたと思えば、
プロ野球のナイター速報。
どうでも良いようなお気楽なトーク。
少しだけ台風情報。
「これから各地で避難勧告は出ますが、
外に出るより家の2F。窓から離れた場所にいるのが良い。」
といっている。

ランタン切る。
雨の音。風の音。

真っ暗なのに目を閉じても眩しい残像が残っている。
一方向、台所の窓のほうだけ少し明るい。
何だろう?雲の上の月の光がかすかに届いているのかな?

台風の目は木星でいえば大赤斑みたいなもの。
惑星探査船に乗って木星の大気に突入、
大赤斑を観測せよ。この惑星に生命はあるのか?
あれば、この渦巻きの中でどう過ごしているのだ?

それを地球に置き換えてみる。

惑星探査船に乗って地球の大気に突入、
大型台風を観測せよ。この惑星の生命は
この渦巻きの中でどう過ごしているのだ?
できれば地上に着陸して大気の様子を報告してほしい。

現在地表は夜の半球に入っているため真っ暗です。
以上報告おわり。ZZZ

DCF00284_convert_20180924221916.jpg
これも先週のことです。
柿はひとつもなっていません。
不作なのかサルに取られたのかわかりません。
DCF00272_convert_20180924173350.jpg
ひとつだけ地べたに落ちていました。
最近、砂糖を摂っていないせいか甘いと思いました。
DCF00264_convert_20180924074231.jpg
DCF00263_convert_20180924074011.jpg
初収穫の栗は数えるほどしかありませんでした。
甘くなるようにチルドに入れておきました。
DCF00256_convert_20180924072758.jpg
冷凍庫を少し片付けるためにニガイチゴを
イチゴミルクにしました。主義が一貫しませんが
砂糖は入れました。冷凍イチゴは冷蔵庫のにおいがしました。
これも冷凍食品だな・・・。
もっとも、一月もして冷食の味にも飽きてきましたが。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます