ラ・マンチャの男


最近自分は、「自分ごっこ」をしてるのではないか
という気がして、つい気になった動画を検索してみた。

ドン・キホーテ デ ラ・マンチャ

そうだ、たしかこの映画だった。
映画に感動して図書館でドン・キホーテの本を借りたら
どうもあまり面白くなかった。
この映画のドンキホーテはどこか正気なところがあるが
本の方はとても正気の沙汰じゃない。
フル○ンで逆立ちして汚いものを見せるだとかのあたりで
もう先を読むのが嫌になった。

今見てみると
このテーマ曲は何度もジェットストリームで流されていた。
ダルシネアがソフィアローレンだったのか!
でも英語で歌歌ってる・・・スペインの映画じゃなかったんだ。

サウンド・オブ・ミュージックも舞台はたしかドイツなのに
英語で歌うたってたのにも違和感覚えたけれど・・・



スポンサーサイト

救われたかった

いつもの出勤時間よりは少し寝坊しましたが
職場につく時間には作業を始めていました。
DCF00080_convert_20171112182115.jpg
DCF00076_convert_20171112182942.jpg
DCF00079_convert_20171112182510.jpg

先週の丸太から作った薪はずぶナマで
いますぐ使えるものではありませんでしたから
まず、乾燥済みの薪を取りに行かねば、今週のお風呂が焚けなくなるので。
DCF00074_convert_20171112183726.jpg
DCF00075_convert_20171112183257.jpg
DCF00073_convert_20171112184816.jpg
尾根の上に積んだ、タラノキを切り戻しした薪に手を付けました。
排水のいい場所に積んだ薪はよく乾いていました。
背板で作った屋根も雨よけの役目を果たしていました。

一端薪を家に置いて、
DCF00067_convert_20171112191550.jpg
先日、インコを病院に連れて行って、
経過は良好と診断されたのですが
飲水に混ぜた薬を「飲んでいますか」と聞かれ、
あまり飲んでいないけれどアオが口移しで餌を
キー子にあげているのでアオの飲んだ分も入っているはずです。
と答えたところ、
脂肪肝の治療にはダイエットが必要で、
相方が吐き戻した良えさを与えるとダイエットの妨げになるから
2羽を別々にしなさいと言われました。

もうひとつ鳥かごを買うなんて大変だし、
100均の洗濯カゴ2つで作った鳥かごよりも
もうちょっとマシなものは作れないかと考えて
DCF00070_convert_20171112185437.jpg
100均のバーベキュー網6枚を園芸用針金で結んで、
DCF00068_convert_20171112191236.jpg
はじめは結ぶだけでしたがちょっとかがり縫いみたいにして
DCF00069_convert_20171112190441.jpg
とまり木を4分板の端材でつくり
餌と水の容器はペットボトルその他をリユース。
扉はなく一枚の金網をそのまま開閉しています。
DCF00071_convert_20171112185114.jpg
底のバットは100均でも200円で売られていたトレーを使い、
材料費は9点でちょうど1080円でした。
いま、朝の室温が7℃で、もうインコシェルターに入れています。
シェルター内は60w白熱球と湯沸かしポット併用で15℃。
鳥かごを作ったらちょうどお昼で、午後からまた丸太置き場へ
薪を作りにゆきました。

DCF00065_convert_20171112192513.jpg
DCF00066_convert_20171112191951.jpg
紅葉して見えるのは山桜です。
DCF00061_convert_20171112193406.jpg
ゴジラの杉が見下ろす場所で薪割り。
うちの中は寒いですが、
外で働くにはなんていい気候。
真夏は週休2日の週でも
疲れきって土曜日はぐったりしていましたが、
じっとしていて寒いくらいが働くのにはとても楽な気候だと
ようやくわかってきました。

けれどもふと冷たい空気を感じると
山の仕事の現場も人も冷たく厳しかったことを思い出します。
あまりにもうまくいかなさすぎた、
なにか間違っている、これでいいのか?
今のところなんとかやめずに居られるのも
またどんでん返しがくるのじゃないか?

DCF00064_convert_20171112193028.jpg

薪割りのヨキを譲ってもらった達人のことが気になります。
溶接の仕事が減って車を手放したのでうちに来れないと言っていた・・・

ひと休みして電話をかけました。留守でした。
大事な人といつ会えなくなるかわからない、

インコのことばかりを心配して、
邪馬台国を探す旅などと言ってる間に
母親をなくしていたとも知らずにいたとは

DCF00072_convert_20171112184415.jpg
先週の薪はボイラの横まで運びましたが
DCF00060_convert_20171112194256.jpg
ずぶナマの薪は重くてたまりません。
ひとまず軒下に積んで水分が飛んでから移動するつもりです。
風が通るよう隙間を多くとって積みました。
今日はマイバスケット20個分。
薪カレンダーは1月1日からのカウントにして
とりあえず3が日分の薪は確保出来ました。

17時を過ぎてうちに入りもう一度達人に電話してみました。
電話の向こうから明るい声が聞こえてきました。
今日からみかんの仕事に行っている。
三ヶ日に通うのに125ccの中古のバイクを買ったと。

今の仕事を続けることができていることを喜んでくれて
職場の人とうまくやれているか気にもかけてくれていた。
達人の明るい声は自分にとってとても救いになったし、
達人の心配をしながら本当は自分が達人に救いを求めて
電話したのではなかったかと後になって気がついた。

今年はみかんを持っておじゃましますよ。
自動車でなくてスクーターだからたくさんは積めません、
なので何度も届けに行きますというので、
そんな無理しないで・・・といいかけて
(そうだ、それなら何度もカレーを一緒に食べられる。)
と思い、止めるのをやめた。
人生の達人・・・来てくれるのを待ってます。

出かけなかった

今日11月12日は横浜の教会に行きたいと
思っていましたが、前日の土曜日が出勤日で
日程的にきつくて行くのは止めにしました。

この日が特別の日には違いないですが、
一日しかない休日に雨樋も薪も放り投げて
親不孝の懺悔を優先しようか迷った挙句、
なりゆき任せで、仕事帰りに洗濯にゆき、
インコに餌を1日分しかあげていなかったため
一旦うちに戻るとそのまま出かけるのは止めにしました。

帰宅途中、
ずっとむかしからの思い出をさかのぼり、
とても悲しいけれど、
確かに心のどこかで母を憎んだのも
冷たい仕打ちをしたことも
認めざるをえず、
このまま闇の中に引きずり込まれそうな気持ちで
とても夜道を掛川まで運転できそうになかったので。

山の講

この時期が来ると、
空気の冷たさや
日差しの具合で、
山仕事で大怪我をした記憶が蘇ります。
山は自分にとって職場にするには恐ろしい場所だと
思い知らされた記憶。
その時病院に付き添ってくれた母はすでになく、
このマイナスの思いを払拭できる日が来るのか?
今のしごとでは山に入りませんが、
今日、職場で山の講がとり行われました。
作業場に祭壇が設けられ2礼2拍手1礼。
帰りに会社からおはぎとお神酒をいただきました。
DCF00059_convert_20171107215504.jpg
おはぎはすごいボリュームです。
とても食べきれそうにありません。
お神酒はお正月用にとっておこう・・・

危険なのは山仕事に限りません。
平凡な日常のどこにでも死角が潜んでいるはずです。
若い頃は思いもしなかった死と隣り合わせという意識が
却って生きていること・元気なことのありがたさを思い起こさせます。

連休最終日

DCF00025_convert_20171106000909.jpg
DCF00023_convert_20171106001245.jpg
DCF00022_convert_20171106002016.jpg
DCF00043_convert_20171106202552.jpg
DCF00040_convert_20171106202835.jpg
休みはいくらあっても足りません。
仕事がなくてサンデー毎日だった時も
やりたいことはたいして捗りませんでした。

取り崩し

DCF00037_convert_20171105101456.jpg
待ちわびた晴れの休日。
DCF00036_convert_20171105101919.jpg
太陽が戻ってきました。

先週、もとい先々週から
冬鳥ジョウビタキの声がし始めています。
時間泥棒に秋を盗まれたように
気がつくと寒さばかりがつのります♪
でも山に行くにはこれからがいい季節だと、
最近わかってきました・・・。

DCF00032_convert_20171105114246.jpg
DCF00029_convert_20171105114928.jpg
DCF00031_convert_20171105114615.jpg

DCF00035_convert_20171105102325.jpg
さて、朽ちようとしている間伐材をいよいよ薪用に取り崩します。
もったいないことをしました。実力もないのに
何かに急かされるように伐ってしまった杉林。
日本の森林は間伐が遅れている・・・
このままでは手遅れの不健全な山になってしまう・・・
当初、不健全な山になるよりは薪にしてしまったほうがいいやと
思ったとおりになってみると、なんてもったいないことをしたのか
今から7年前に戻れたら・・・と思っても後の祭りです。
DCF00028_convert_20171106000630.jpg
それでも今の自分が手っ取り早く薪を手に入れるには
DCF00027_convert_20171105235809.jpg
朽ちかけた丸太置き場に手を付けるのが一番です。
DCF00034_convert_20171105102717.jpg
まだましな丸太も少しありますが、
DCF00026_convert_20171106000208.jpg
片っ端からやっていっても、この冬の備えになるかわかりません。





灯油ストーブ

2週連続の雨で薪を取りにもいけず
お風呂かストーブのどちらかをやめるわけにもいかず
ポリタンに灯油が残っていたので
灯油ストーブを焚きました。

ストーブの芯を絞って灯油を節約してるうち
炎が赤くなりやがて火が見えなくなり、不完全燃焼かと
心配し始めた頃、冬が終わり放置していましたが
修理を頼む前にまず取説を読み直すと、「芯のメンテ方法」が載っていました。
灯油を抜いて、点火し、芯をMAXまで出して灯油がなくなるまで燃やすと
芯の上部のカーボンやタールが取れるということで早速やりました。
DCF00039_convert_20171105100437.jpg
それをやってストーブを眺めるうち、
赤い炎に見えたのは、炎の見える窓がストーブの内側からの煤で
汚れていただけだとわかり窓の部分だけ拭き取りました。
DCF00038_convert_20171105101217.jpg
灯油の炎も明るく見えるほうが気持ちいいです。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます