山の講

この時期が来ると、
空気の冷たさや
日差しの具合で、
山仕事で大怪我をした記憶が蘇ります。
山は自分にとって職場にするには恐ろしい場所だと
思い知らされた記憶。
その時病院に付き添ってくれた母はすでになく、
このマイナスの思いを払拭できる日が来るのか?
今のしごとでは山に入りませんが、
今日、職場で山の講がとり行われました。
作業場に祭壇が設けられ2礼2拍手1礼。
帰りに会社からおはぎとお神酒をいただきました。
DCF00059_convert_20171107215504.jpg
おはぎはすごいボリュームです。
とても食べきれそうにありません。
お神酒はお正月用にとっておこう・・・

危険なのは山仕事に限りません。
平凡な日常のどこにでも死角が潜んでいるはずです。
若い頃は思いもしなかった死と隣り合わせという意識が
却って生きていること・元気なことのありがたさを思い起こさせます。
スポンサーサイト

雨の3日も降れば、

仕事を探さないで家にいた頃、
雨続きに外で作業ができないと文句たらたらで

屋外の仕事に就いてみれば
雨の日は仕事がなくて文句タラタラで

ありがたいことに今は屋根の下で仕事をしているから
普通に平日が出勤日で休日は休日。

(雨で自分のやりたいことができないくらいなら、
どこか勤めにでも行ったほうがマシではないか)
とため息をつくこともない。

無為に過ごすためにもお金はかかる。

今年の10月は特に雨が多くて
家にいてもやりたいことはあまりできなかっただろう。

雨が降れば、計画していたことができない、
ならばもう、いっそのこと全然別なことを
やったほうがいい。それはそれでお金がかかる。

寒くなって、家で火を焚いて薪が足りなくなるより
働きに出て体を動かせば薪も節約できる。

働いてみれば経費も必要。
まさに手から口へで、
手元にはいくらも残らないけど
生きていることは、
自分自身と身の回りに循環の流れを起こすこと。
淀んで腐ってしまってはだめだから・・・

投資

一日の仕事が終わるとヘトヘトになり
休日も体力回復のため休養が必要。

なんとかもっと楽に仕事がこなせるような体力が付けられないか?
もともと華奢な骨格であるがもうちょっと筋肉を上塗りできないかと、
量販ドラッグストアでプロテインを買って飲んでみた。

1袋5000円で50食(ひと月)分。
一月目バニラ味を試したらだんだんまずくなってイヤになり、
二月目ココア味を試してやはり耐えられなくなった。
大手菓子メーカーの製品だったけどそのおかげか
普通のお菓子のバニラもチョコももう見たくなくなった。

1食21g、1日2回を水か牛乳に溶かして飲むのだが
飲むタイミングとして①運動の直後、②就寝1時間前、③朝食時
の順で効果的な摂取ができるとある。
栄養素を見ると21g中の15gがタンパク質。
まずいプロテインなんか飲まないで肉を食べればいいじゃないか・・・

鶏肉、豚肉の栄養素をダックってみると
豚バラ肉100g中のタンパク質14.2g
鶏肉100g中のタンパク質16.2g

じゃあ、一日肉を200g食べれば筋肉がつくのか・・・
鶏肉なら100g100円以下、豚肉でも安売りなら100円近くで買える
食材とは別にプロテインを買わなくてもいいんだ。

それでこの頃は文字通りの肉食系にかわりつつある。
ソローは釣りもしたけどだんだん肉食は避けるようになったというし
宮沢賢治は肉の入ったカレーを出されて手を付けなかったらしいが、

どちらかといえば中高年にあたる山仕事をされているかたから
「仕事をするには肉を食わないとだめだ。」と聞いたことがある。
決して野蛮人的ではない物静かで一目置かれている方の言葉だったので
印象的だった。

仕事中に体を使って壊れた筋肉を食事で補う、
いまは自分の山に全然かまっていられないけど
その成り行きを見届けるのが目的の一つであるなら
果たして肉食が長寿にふさわしいかしらないが
自分自身が元気で生き続けるためにも今は肉を食うことにする。

たけ5


今週末も忙しくって
記事も更新できそうにありません、
来ていただいたのに申し訳なくて
また他人のふんどしで動画(?)を埋め込んでおきます。

アフター5

今日は仕事帰りにスーパーに寄らず
真っ直ぐうちに帰った。

((よくやった))

頭隠して

8月にやるべきだった公民館の掃除
今までやったことがないが当番だから行く。

その帰りに草ボウボウのうちの山へ。
山も我が家も散らかって、
どこから手を付けていいかわからない。
DCF00404_convert_20170910212759.jpg
また虫に刺されてうちに戻る。
●検索エンジンをなるべくDUCKDUCKGOを使うようにする。
DCF00411_convert_20170910211149.jpg

DCF00409_convert_20170910211454.jpg
スマホをパソコンにつなげば写真が取り込めたのに
タッチパネルが寒さで反応しなくることと
ネットつなぎ放題ができなくなる料金改定があって
2年前からガラケーを使っています。
デジカメを紛失して転職が成功するまでカメラは買わないことにして
写真はもっぱら携帯のカメラを使っています。
ところがガラケーにはUSB接続用のジャックがなく、
携帯写真をPCに取り込むには電池パックを外して
その奥にあるmicroSDをPCに差し込んで使っていました。
その都度ガラケーを再起動して2度も位置情報を設定するのに
うんざりしてなにかよい方法はないか探していました。

すると、
FORMAガラケーの充電とデータ通信機能が兼用できるケーブルがあり、
DOCOMOのウェブサイトから機種ごとのドライバがダウンロードできると知りました。
ところがLinux版はもとよりサポート終了のXp版のドライバがありません。

・・・・・・・悪戦苦闘の末・・・

結論から言うと、他にやり方があるのかもしれませんが
このケーブルはガラケー内のmicroSDとPCをつなぐもので
まず、ガラケーにmicroSDを挿して蓋をして
本体の写真をmicroSDにコピーしてからPCとつなぎ、
携帯のUSB設定をmicroSDモードにするとデータのやりとりができると知りました。
ダウンロードしたドライバはwindowsXpにはインストールできませんでしたが
ドライバがなくてもXpパソコンと携帯のmicroSDはつながりました。
その上、XPパソコンのOSをUbuntuに切り替えても同様にガラケー内のmicroSDは
読み取ることが出来ました。
わかってしまえば「な〜んだ」という感じです。
上の写真はこの方法で取り込みました。

今日は休みだ



う、
夢うつつ、
は、
今日は土曜休みだった。
(のんびりできるな。)
外は雨の音。

昨夜スタートさせておいたUbuntuの更新が終わっている。

涼しい。

ひさしぶりに温かい紅茶に牛乳を入れて飲む。

雲をつかむ話3

DCF00347_convert_20170801195940.jpg
7月31日の朝。
夏休みの一番悲しい日が8月31日だとすると
2番めに悲しい日は7月31日だったかもしれない。
DCF00345_convert_20170801200220.jpg
8月1日帰宅途中。
DCF00341_convert_20170801200401.jpg
DCF00338_convert_20170801200625.jpg
DCF00336_convert_20170801200757.jpg
ちょっと遠くて掴めそうにない雲だけど。
北山杉のように整然としてない、どこかおどろおどろしい杉だけど。
春野の風景を味わうなら雲と杉はポイントだ。

もっと杉の魅力に迫りたい。

かつて自分が聞いたことのある
杉についてのいろいろな悪い評判は
いったい誰が広めたものだろう?
何の目的で?

ネット上で見ることのできる陰謀論、
初めて見るには新鮮だけど近頃マンネリ感がある。
が、そんな気もする話、
円を大量に刷っているので円安になっている。

だとしたら

外国産の木材は高くなっているから、
いま国産の杉が伐られて流通に乗るようになってきているのか?
(そのへんのところすっかり疎くなってしまった)

いま自分は杉に魅力を感じさえすれ、
ダメな木だとはとても思えない。

いったい誰がそんなに杉を毛嫌いしたのだろう?
それこそが陰謀だったんじゃなかろうか(単なる憶測です。)

入道雲

DCF00208_convert_20170615204701.jpg
入道雲が現れた。
現れた、
現れた、
現れた、
入道雲が現れた。
大変だ!

カレーは楽だな

小用をたす時、窓から見える梅が膨らんできた。
雨が降った。
小さな実が落ちてトタン屋根を転がり落ちる。
コン、こんこんコロコロ・・・・

達人を呼んで一緒に食べるつもりだったカレーの材料。
達人、一昨年みかんを持ってきてくれた時は
仕事が増えてみかんの仕事にいけなくなる、と言ってた。
そんなわけで去年の年末、便りがないのは良い知らせと思っていたが
電話してみると仕事が半日だけになって車検代も出せず車を手放したと。
だから春野まで来ることができないと。

一人カレーを作って食べる。

自分、仕事についてからいわゆる肉食系ではなしに
本当に肉食の割合が増えた。
肉を食べると翌朝起きやすい。
一日玄米4合と味噌とすこしの野菜・・・なんて程遠い。
野菜が高騰しているのでなんとなく野菜嫌いになってきた
こんなんじゃいつか病気になるかもしれない・・・
肉も野菜も一緒くたに料理してしまえて、
作れば何食もひと皿で済ませられるカレーは楽だな。

自分が車を手放すときは春野に住めなくなる時だな。

達人に逆に教えられてしまう。
大中小いかなる怪我も事故も無いように、
体の衰えと共に脳も衰えが来るから十分気をつけるように、
ごくごく僅かな被害で済むように、
人生、勝つことはなくても負けない、引き分けに持ち込めるようにと
さんざん言い聞かせられた。


プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます