ナイロンコードその2

いよいよ家が草に埋もれそうになりました。
DCF00422_convert_20170924214949.jpg
草刈りをサボったのは暑さのせいだけでなく、
(どうしてこんなところに!?)
と思う場所に鉄パイプが落ちていて
買ったばかりの64枚刃のチップソー、
いきなり10枚も刃が欠けてしまって
すっかりやる気がなくなったのです。
DCF00432_convert_20170924212757.jpg
草刈りをしないと他の作業が何一つ進まないと気が付き
新しいナイロンコードを買いました。
以前買ったタイプではナイロンカッターがすぐどこかに
飛んでいってしまうので違うタイプを求めたのですが、
お店の人はナイロンカッターが飛んでいくなんて聞いたことがない。
しっかり差し込みましたか?なんて聞くので、
自分の使い方が悪かったかも・・・とは思いましたが
どっちにしても消耗品のコードは買わねばならないのだからと
買ってしまいました。では一番売れているのはどれですか?
と聞くとこのタイプがロングセラーだということでした。
今度はナイロンコードを2つ折りにして通してから巻いて
取り付けるので切れたり短くはなってもなくなりはしないだろうと思えました。

いま過去の記事を読んで桜 愛好者さんから頂いていたコメントに
ナイロンカッターがなくなっていると頂いているので、
確かそうだったよなとすこし気が楽になりました。
(桜 愛好者さんのブログはなくなっているみたいです。)

DCF00434_convert_20170924211743.jpg
勝手口を出た石垣の下は鬼灯の自生地になってそれがさらに草に埋もれていました。
ひと粒食べると癖がなく甘かったのですが、
外国にあるフルーツ鬼灯ほど食べ続けることはできません。
DCF00424_convert_20170924213737.jpg
今度はナイロンはなくなりませんが、結構消耗します。
砂利や石垣を叩くので仕方ないですが、
1回約2m巻いて3回、1回130円程度が3回で1日390円分消耗しました。
DCF00425_convert_20170924214532.jpg
草刈りしながらむかごを食べたり、
DCF00427_convert_20170924213240.jpg
彼岸花の一番見たままの色を撮ろうとねばったり、
DCF00433_convert_20170924212430.jpg
雨水のバケツで死んでいるヒメクワガタを見たり

とりあえず家の周りをやって山にも行きたかったけれど4時を回っていたので
終わりにしました。

ナイロンコードを買ったので来週はまた節約しなくてはなりません。l
スポンサーサイト

雨どい

トイレのある離れに通じる裏口がまた水浸しで
一斗缶には雨水がたまったままです。
DCF00402_convert_20170904053610.jpg
DCF00401_convert_20170904054618.jpg

軒の上に離れの屋根がかぶさっているので
屋根の下を雨どいが走っていて、
そのすぐ横に業者が風呂ボイラーの煙突をつけたので
以前に熱で溶け落ちた塩ビの雨樋を煙突の雨樋に付け替えたところ。

取付金具がグラグラで勾配が手前に下がってしまっている。
針金で上から釣ろうかと思ったけれどトタンが邪魔で
うまくできそうにないので、垂木の下に板を一枚貼り付けて
取付金具を押し上げる。

補助用にもう一枚、板を打ち付けるため
破風と面が合うよう補強材を少し削った。
でも今のところしっかりしているのでこのままで行く。
(これは日曜日のことです。)

からっぽ

恥ずかしながら・・・
DCF00400_convert_20170904054915.jpg
お風呂の薪がなくなったので
山の薪置き場へ取りに行きました。
DCF00396_convert_20170904060121.jpg

雨続きと蒸し暑さと虫の攻撃で草刈りはしてないし
山から足が遠のいていましたが涼しくなったので
行く気が起きました。
DCF00395_convert_20170904054223.jpg

今の時期バスケット一杯で十分のお湯がわきます。
シャワーにしてお湯を節約すれば一度で2日分のお湯ができます。
涼しくなったのでそうもいかなくなるかもしれませんが、
その計算で2週間分(バスケット7杯)だけ積んで帰りました。

写真のナンバープレートのところを加工するため
Ubuntuに画像編集ソフトmypaintをインストールしました。
ダウンロードに約10分かかりました。

DCF00397_convert_20170904055349.jpg
今積んでる山の他にもう一山薪はあります。

高枝きり鋏

朝7時からUbuntuの更新。
ファイルのダウンロードに時間がかかるので
高枝きり鋏を試しにゆく。
今は枝を切る時期ではないけど
次の予定があるから・・・
DCF00378_convert_20170820205802.jpg
タラノメ取りに使っている枝をキャッチするハサミ。
杉の枝きりに使えないか自分で研いでみた。
一度ばらしたハサミを組み立てる段になって
なにかおかしい。分解しなくてはならぬハメになる。
プラスでもマイナスでもない六芒星のようなドライバーが必要。
一週間そのままで放置。
やっとそのトルクスドライバーを入手して組立て直す。

1cm以上太いと切れない。
もともとは柿なんかを収穫するためのもの。
もっと太い枝を切れるハサミが欲しくなる。

ZZZ・・・

DCF00386_convert_20170818182839.jpg
8月7日 台風5号通過中。
DCF00385_convert_20170818183119.jpg
8月8日 台風は日本海に行ってしまった。
DCF00383_convert_20170818184401.jpg
8月8日 晩
DCF00372_convert_20170818185017.jpg
お瓶の頃
DCF00370_convert_20170818185542.jpg
今日の夕方。

お盆休みだから日頃できていないパソコンの更新などいろいろやってみるつもりが
Ubuntuに内部エラー発生。
パソコン雑誌おすすめのカスタマイズをしたせいかその前後の作業のせいか?
休み最終日、新しいUSBメモリーにUbuntuをインストールして起動を確認。
朝から晩まで遅い携帯電話の電波で・・・
・・・・眠くて更新できません。。。
要はパソコンの調整をしていたばかりにアップをできませんでした・・・

ZZZ・・・
おやすみなさい。

納戸シェルター

DCF00334_convert_20170730203108.jpg
まだちっとも調子悪くないのにバッテリが弱っていると車検で言われ、
しばらく様子を見ながら使いますと交換をことわったものの
さんざん脅かされたのが気になって車検後にやはり替えてもらいました。
それでも悔しくて古いバッテリを持ち帰り何かに使うつもりでいました。
DCF00327_convert_20170729170719.jpg
あ、インコはちゃんといますよ。


一昨年床を張り替えた納戸は
またしても開かずの間になっています。
インコシェルターから取り出した白熱球用のソケットに
100WのLED電球を付けてみました。
DCF00332_convert_20170730203603.jpg
床を張り替えただけでは冬場は寒くて、
納戸の戸は閉めきったままです。
壁や天井に薄いベニヤ板一枚張ってあるだけで、
その向こうは屋根裏に通じています。
DCF00331_convert_20170730203939.jpg
先日割り返した板が乾いているのでそれで壁に桟を作り、
DCF00330_convert_20170730204217.jpg
暑さ10mmの発泡スチロールをはめ込み始めます。
セキセイインコの冬のシェルターと同じ作りです。
屋根裏部屋のような納戸なので発泡スチロールを斜めに切らなくては・・・
でも1枚しかないので作業はまたの日に続きます・・・
そして発泡の上には壁板や天井板を張りたいのですが、
また野地板をホームセンターで買うのか。
端材もあまり残っていない。

ずいぶん帯鋸を回していないのはバッテリがだめになって
買い換えるお金がなかったためです・・・
!!
車検で交換した古いバッテリを帯鋸に使えないだろうか。
にわかにあれこれ考え始めます。

バッテリが大きすぎでノコの台車に乗るか?
一応寸法は測ったが微妙なところ。
車のバッテリと帯鋸の電極は大きさが違って繋げない。
腐ったブースターケーブルがある、その電極使えないか?
(まあ、とにかくやってみるか)と思った時、
以前帯鋸のエンジンにたまったオイルを排出するのに
手でスタータを曳いたことを思い出しました。

バッテリなくても手動でエンジンがかけられるじゃないか。
DCF00333_convert_20170730203353.jpg
ダメかと思いつつ何度もスターターを曳く
ぶるんぶるんぶるんぶるん!!!

かかった!!

どちらさまですか

いまは貧乏暮らしをしているのですが、
いちしんふたばにもサラリーマン時代がありまして、
小汚い男では職場に迷惑がかかるので
Yシャツだけはすべてクリーニングに出していて
くたくたになったり襟や袖口の汚れたものは着ないようにしていました。
その古Yシャツはすべて、当時のアパートからここ、春野の家に送り込んでいたので
夏場の普段着、作業着には事欠きませんでした。

東映撮影所だったか長年衣装係を務めた人が
衣装は決して捨てない。たとえボロボロになっても、ボロを着た人物の役に使えるから、
という話をTVだったか新聞だったか、もうずっと昔に見たため
私は服が捨てられないのです。
いま古Yシャツは仕事着にしていますがよほどひどくなっても捨てていませんでした。

先日、木材用のチョークをポケットに入れたまま洗濯をしてしまい、
ほとんどの衣類に青いシミがついてしまいました。
DCF00321_convert_20170726205939.jpg
とっくに捨てていてもおかしくないのに
これが着られなくなって、いざ買うとなると結構金がかかる。

Yシャツを染めることはかなり前から考えていて、
はるのさんが作業着を黒に染められと書いておられたので
それに後押しされていよいよ実行しました。
DCF00320_convert_20170726210425.jpg
実家に帰った時、昔、親が取り扱っていた染料あったので
持ち帰っていました。

先週、ハバナブラウンという色に染めてみました。
職場で「何のペンキをこぼしたの?」と聞かれて失敗でした。
今度はシミと同じ青にしてみました、が汚れを隠すことはできませんでした。
やっぱり黒にしよう。青く染めた上から更に黒く染めました。
今朝、いちばん汚れが少なくよく染まったシャツを選び、
染色の時にくしゃくしゃにシワができたのでアイロンをかけて着てゆきました。

「おはようございます。」といって詰め所に入ると
「いらっしゃいませ。どちら様ですか?」といわれ
何をからかわれているのか判りませんでしたら
「どうしたね?やけにいいのを着て?」
「また、普段着を作業着になんかにしてると着るものなくなるよ」
などという人がいます。
(これ、自分で染めたんですよ)と喉まで出かかって止めにしました。
DCF00315_convert_20170726214019.jpg
それで今日は急いで帰ってきて
残りのシャツにもアイロンをかけました。

でもやっぱり青いシミは残ってしまいました。


やぶ

DCF00307_convert_20170717073448.jpg
バラックの壁を張ってしまいましたが、
一番上はそれまでの寸法誤差が重なったので
真っ直ぐではなくすこし斜めに先細りに切った板をはめ込みました。

うちの前に投げ出してある板切れは、まだ片付きません。
先日挽き割った細い板を置いたので更に散らかってしまい・・

DCF00303_convert_20170717073950.jpg

すっかり鬱陶しくなってしまったうちの山。
ひぐらしが鳴き始めてようやく草刈りに。

DCF00302_convert_20170717074556.jpg
買ったばかりの笹刃ですが、
なんだかチップソーから再生した刃と
切れ味に大差ありません。
迷ったげく買ったもう一枚のチップソーと替えました。

DCF00301_convert_20170717075021.jpg
春先、あれほど花を期待したヤブウツギなのに
いまは車が通れないほど道を塞いで、
もうアーチなどと言っておられず、道の両脇を切り開きました。
DCF00300_convert_20170717075411.jpg
道にできる水たまりの上、
モリアオガエルの卵がひっかかっていました。

DCF00299_convert_20170717075722.jpg
タマゴタケが出ていました。
食べるものに困っていなければ
どうしても食べたいものだとは思えなくなり、
素通りしました。

足首を軍足の上から藪蚊に刺されて痒くてたまりません、
脚絆をしなかったのを後悔しましたがそれでも続けました。
19時になって暗くなり終わりにしました。

新盆休み

このあたりは同じ町でも7月にお盆を迎えるところ、
8月にするところがあって、この週末は4連休でした。
DCF00295_convert_20170716060914.jpg
バラックの壁を作りにゆきましたが
暑いです。
どんどん日陰はなくなり、汗をかくとすぐに藪蚊が群がって、
虫除けスプレーなど効き目ありません。
DCF00294_convert_20170716063738.jpg
あいじゃくりの板あと2〜3枚のところで釘がなくなりました。
DCF00291_convert_20170716064051.jpg
たまたま安い豪産牛肉の切り落としが手に入ったので
その晩、バラックは仮設の焼き肉小屋になりました。
DCF00290_convert_20170716064352.jpg
蚊取り線香を2箇所で焚きましたら
蚊は来ませんでした。
線香のお皿は実家から運んだ屋根瓦です。

小割り

7月の声を聞いた途端、暑くなりました。
扇風機も回しています。

でも、今、暑いうちにこそ寒さ対策を思い出さねば・・・
DCF00285_convert_20170709131850.jpg
帯鋸小屋は草に埋もれています。
DCF00287_convert_20170709131114.jpg
目立て機のグラインダーで付けた刈り払いきの刃は
チップソー研ぎ機では刃をつけにくくて
DCF00286_convert_20170709131445.jpg
笹刃を一枚買ってしまいました。
さらっと進入路だけを刈って、
DCF00284_convert_20170709132353.jpg
かき集めておいた耳付きの板を耳スリをして、
DCF00281_convert_20170709133114.jpg
ようやくバラックの床の必要枚数に達しました。
DCF00282_convert_20170709132714.jpg
腐りかけたり日焼けした床板はビンテージ過ぎるので
すこしだけかんなをかけました。かんなを研ぐのはまたの機会にして、
電動かんなをさらっと当てるだけにしました。
DCF00279_convert_20170709134049.jpg
取っておいた1cmの厚みの側の板を4cmの幅に揃えて割っていきました。
端材を片付けないと次の丸太を挽くことができません。
でも「端材」と思っていたのが間違いで、はじめからこういうサイズにするつもりでいたら
もっと効率よく側の板をまとめることができたのに・・・
あっという間にお昼になってうちに戻ると、もう汗だくです。


プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます