廃屋にて

実家のある市町村から固定資産税の請求が来た。
先月にメンテに行った甲斐あってか「空き家認定」は免れた。
空き家に登録されてしまうと固定資産税が6倍になる。
6倍の税金を払うなら、5回実家を往復して手入れをしたほうがマシだ。
ご近所から聞いた一番の問題は蔦で、生い茂る蔦を何とかしないと
空き家認定の危機は去らないだろう・・・
DCF00447_convert_20170416204654.jpg
仕事が終わったその足で新東名に乗った。
朝、白熱球のタイマーをセットして餌と水をたっぷりにして出てきたが
インコたちの顔が見れないのはけっこう寂しい。
DCF00446_convert_20170416204924.jpg
日付が変わってから24時間600円の駐車場に車を駐め、
廃屋同然の実家で最初にしたことは
延長コード作り。
床のコンセントは生きているのに
天井から来る照明への配線がみんな死んでいる。
電験を持っていないし配線などできない。
DCF00445_convert_20170417040835.jpg
これでなんとか明かりは確保できて
こんどもまた廃屋の中で寝ることにした。
スポンサーサイト

自己責任

DCF00157_convert_20170325185750.jpg
そもそもUbuntuに乗り換えたのはプリンタのインクカートリッジの異常のためで
使用頻度が低いのにカートリッジの交換をせまる警告が出、使用すらできなくなった。

コンビニの複合コピー機ではPDFファイルを印刷することができる。
メディアにPDFで保存した文書を入れていけば1枚10円程度で印刷できる。
プリンタを持つ必要なくなる・・・
いまのwindowsにはインストールできなくなったPDF変換ソフトを見限り、
Ubuntuで使える無料のcups-pdfのインストールを試みた。

ダウンロードサイトは英語で書かれたものばかり。インストールするにも
コマンドラインからのマニュアル作業が必要なようで、それをするには
Linuxの知識がなさすぎた。
ITサポートさくらさんのページでSynapticパッケージマネージャからインストールする方法が
紹介されていて、Synapticパッケージマネージャってなんぞ?と
さらにそれも検索して・・・
(多分、パッケージとして存在する複数のファイルをまとめてインストールしてくれるソフト)
Ubuntuのソフトウェアセンターからダウンロードして、cups-pdfのインストールできました。
文字化けするとかあまり評判は良くないので使ってみないことには喜ぶには早いけど、

windowsでは自動で設定していたソフトウェアの更新を手動にしているため
朝からガラケーをアクセスポイントモードでつないだまま。
外でふきのとうを見つけたけど更新が終わらないので撮りに行けず。
お昼間近に更新が終わってFC2にログインしようとすると、

「この接続は危険でパスワード・ID情報を盗まれる可能性があります。」と警告が出る。
そういえばFC2のインフォメーションに2月15日付でFC2がSSL化すると出ていたけど
どうなったんだろう?そのときのログを見てみるとどうもまだのようで、
アクセウカウンターやプラグインはSSL化されてもブログ自体はいつ完了するのか?と
不満のコメントがたらたら上がっている。

今まで暗号化されていない情報を送っていてよく平気でいられたもんだが、
たしかに2回ほどブログを乗っ取られた記憶はある・・・
UbuntuのブラウザMozillaのサイトには、このままリスクを承知でアクセス可能ですが
おすすめできません、あなたの自己責任で・・・みたいなことが書いてある。

これからログインのたびにこのメッセージが出るなんて嫌だな。
SSL化されているブログに引っ越したほうがいいのだろうか・・
文書はともかく写真の引っ越しは大変だ。
早くSSL化してほしいです。

日から田へ

DCF00500_convert_20170219204633.jpg
山盛りだったコンポストですが1年過ぎてかさが減りました。
DCF00499_convert_20170219205115.jpg
ここにカブトの幼虫を放しましたがいません。
フンもないのでお気に召さなかったようです。
DCF00498_convert_20170219205429.jpg
山のおが屑堆肥置き場には例年どおりいました。
今日は唐辛子を蒔く場所を作る予定でしたが。
DCF00494_convert_20170219211154.jpg
寒さの中で実生のびわが急に育って
ポットでは苦しそうなので
DCF00497_convert_20170219205825.jpg
ワイヤメッシュの囲みを拡張するため
錆びたワイヤメッシュを五枚取り外してきました。
アステロイドメッシュ作戦。
DCF00492_convert_20170219211604.jpg
囲みは日の字から田の字になりました。
新たな日の字の中にびわを植えました。

三角に組むより四角に組んだほうが
広々と使えます。

上を向いて叩こう

週末は晴れるけどまた寒くなる。と聞いていたので
あてにしなかった休日に陽気がきました。
DCF00490_convert_20170218171433.jpg
先週はサザエさんが終わる頃の時間になって
あれもすればよかったこれもすればよかったと思ったので
その時のイメージ通り、山びこ山さんに積んだままの端材にとりかかりました。
暑さ5mmの板なんてペラペラで処分に困っていたのに
バラックの天井板にしようと思った途端、
DCF00489_convert_20170218172114.jpg
(5mmって結構厚みがあったんだ。)
鉋の刃を研ぐとまた失敗しそうで、
挽き板の精度も悪いので少しだけ電動かんなをかけました。
耳をすっていない板なのであいじゃくりもできません。

DCF00487_convert_20170218172601.jpg
いつか見たOff Gridの動画を思い出し。
そのまま重ねあわせて天井にしましたが、
重なると厚さ1cmもある天井になりました。

こんなものをジャッキで持ち上げてトラックの荷台にドスンとやれば
天井が落ちてしまいそうです。予防のため横棒の桟木を入れようと思いますが
重量が増えてうまくトラックに乗らないかもしれません。
(このままアルトの広場に固定かなあ)
DCF00488_convert_20170218171749.jpg
トラックの荷台にはもっと軽量の箱小屋がふさわしいのかもしれません。

タイトルのことを忘れていました。
天井に向かって釘を打つのは大変でした。
でもだんだん慣れてなんかと叩けるようになりました。

一週間

最近は仕事が終わると早く家に帰りたいのです。
仕事帰りに買い物で遠回りすると、
まっすぐ帰っても1時間かかるのに
すっかり遅くなってしまいます。

日曜日、天気は崩れると言っていたので
街に出て用事をまとめて片付けるか、
それとも週明けにするか迷っているうち
豪雨でもないのに停電しました。
外は雨うちは停電ではなんにもできない。
インコシェルターの白熱球も、電気ポットも消えたので
四羽+1人で出かけました。

今日はストーブで煮干しと昆布の佃煮を作りながら
お風呂を焚いています。

日曜日は市場に出かけ
月曜日にお風呂を焚いて・・・
あれ?
ロシア民謡の「一週間」
気になって調べると
火曜日にお風呂に入るというのです。
それで水曜日に彼女(彼?)に会うのか!?

一晩も置いたらお風呂が冷めるじゃないのか?
謎は深まりますが、
うちはそろそろお風呂が沸くので
月曜日にお風呂を焚いて
月曜日にお風呂に入ります。

テュリャ・テュリャ・テュリャ・テュリャ・テュリャ・テュリャ・リャ
テュリャ・テュリャ・テュリャ・テュリャ・リャ

はっ、
日曜日にコインランドリーに行った分の洗濯物・・・
まだ干してなかった。

ラード

DCF00470_convert_20170205102514.jpg
この冬は薪を作りませんでした。
風呂の燃料は
一昨年手に入れた廃材でしのぎました。
灯油ストーブを併用したのでその分ストックが持ちましたが
次の冬の分は準備しなくてはなりません。

バラックの床下にある杉葉を取りにゆかず
天ぷらに使ったキッチンペーパーを着火剤にしていました。
しょうが焼きをした時に出るフライパンの油汚れも
ティッシュで拭き取ると天ぷら油とまけない焚付になるとわかりました。

バラック

DCF00391_convert_20170109182252.jpg
今日はここで車を止める。
水たまりに入って抜け出られなくなったら
まだ板を積んである山びこ山さんでは救援できない。

そも・家の前の庇の下も板が片付いていないから
山さんの板も片付かない悪循環。
DCF00388_convert_20170109184205.jpg
集めた端材にあいじゃくりを施し、
バラックの床に敷く。
板が足りない。片付かないくせに板が足りない。
くっ、
遅い昼ごはんを食べて15時。
DCF00385_convert_20170109184526.jpg
日が陰るもまだ少しできる。
壁用の板にあいじゃくりをする。

ニカド電池

「中国製ですぐ使えなくり新しいのを買ったから」
と人からもらったインパクトドライバ。
バッテリパックを通販で1個買い足して使っている。
普通に使えるのがその1個のみかと思えてきたが
その1個もだめになって、たとえ3000円でも
2年しか持たないとは信じられず、
バッテリパックの寿命を調べる。

バッテリはニカド電池で、
中途半端に充電が残っていると
メモリー効果が働いて容量が低下するとのこと。
通常は使いきってから充電するのが長持ちの秘訣だが、
自己放電もするので2ヶ月位放電させてから充電すると
使えるともあった。

とりあえず、最後の1個を空回りさせてから充電したが、
DCF00397_convert_20170109173858.jpg
もらった時から力のなかった別のBPが半年以上休んでいるので充電してみた。
「まわるじゃないか」
何かで試してみようと思ったが思い浮かばない。
それが昨日で、それならと今朝電圧を測ってみた。
13Vあった。よっしゃ、
DCF00004_convert_20170109200105.jpg
尾道の三軒屋アパートでこれを見た時、
これでもええんや、うちでもやろう。と思っていた
玄関から座敷への踏み台。
でも木ねじ10本足らずでバッテリ切れに・・・
DCF00395_convert_20170109174229.jpg
踏み台になっているのは廃材回収に行った時
柱角で作った立て木が玄関先で雨ざらしになっていたのを
市販の野地板で留めただけ。
丸太を運ぶことはもうないだろうか・・
その時にはまた手直しして使おう、それまでは
此処においたほうが腐らせずに済むし、
DCF00394_convert_20170109175534.jpg
立て木がなくった玄関先で日の目を見たのは
寒い中生き残っていた金魚草だった。

BPについては寿命と判断するのはまだ早いかもしれない。
もう少し様子を見よう。

冷蔵庫掃除

これも日曜日のことです。
冷蔵庫には去年大豊作だった柿が
ビニール袋の中でおぞましい姿になってひしめいていました。
年末なのでなんとか片付けたいと思い
DCF00350_convert_20161221212402.jpg
不織布の水切りをフィルターにしてろ過しました。
すぐに一升瓶は一杯になり、柿酢は白濁してる上、
袋に入っていたせいか、酢が薄いのです。
不織布も目づまりがしてまだるっこしく、
酢が熟成してくれないかもしれません。
DCF00352_convert_20161219003900.jpg
ビニール袋の柿を全部、不織布の袋に入れ替えて
かめに入れました。
酢を取るなら最初からこうすればよかったけど
酢を取るつもりではなかった。

来年は「糖分」のままで保存したいなあ・・・

自由研究

日曜日の記事を書いています。
DCF00356_convert_20161221210310.jpg
ドラム缶の金魚は去年のお祭りでとったもの。
室内の水槽には水カビ病が出たのに、屋外のドラム缶には出ませんでした。
水槽用にろ過フィルターも買うことができなかったので
残りの金魚もドラム缶に移しましたが随分数が減ってしまい、
今年のお祭りでは金魚すくいはしませんでした。

ドラム缶には氷が張っています。
さて、小学生の質問です。
「どうして氷は水面に張るのですか?」

DCF00355_convert_20161219002645.jpg
こ・れ・は・な・に・か・と・た・ず・ね・た・らっ、
DCF00303_convert_20161219200609.jpg
わらびを塩蔵した時にでたアクを含む高濃度の食塩水で
夏の間に蒸発して塩が再結晶するのを待っていたのですが
瓶の底に少しばかり結晶ができただけでした。
DCF00353_convert_20161219003459.jpg
たくさん塩を使ったのでそのまま捨てるのがもったいなくて
とっておいたのですが、今ようやくストーブを焚いているので
鍋に入れて火にかけてみると、
混ぜても混ぜても結晶は水面に張ってくるのです。
はじめは水面に浮かんだゴミを核にして結晶ができるのかと思いましたが、
塩の結晶と水の三態変化では意味が違うのかもしれませんが、
水面が冷たい空気に触れて冷えるからじゃないか?

上記の質問を検索すると果たしてそのとおりで、
あほなはなし、自分は
(氷は水より軽くて浮くからやん。)
と思っていたのです。
DCF00351_convert_20161221212712.jpg
取り出した塩はこんな感じですが、
まだまだアク塩水はあって塩の回収は続きます。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます