FC2ブログ

やまさんのガレージ

先週、作った薪を軒先に置いたら
翌日雨が降って、トタン屋根がガタガタいうほどの風に
もう春一番かなと思ったのですが、おかげで雨は
よこなぐりに吹き込んで薪は濡れてしまいました。
週後半は晴天が続いたので軒下の薪は乾き、
問題なくお風呂もわかせたのですが、
DCF00870.jpg
風は相当強かったと見えて
ぐるりと一周まわって
第一テラスに入ろうとして
DCF00869.jpg
車枝になっていた松が折れて道を塞いでいました。
折れた松は枝を払って道脇に避けておきました。
DCF00871.jpg
第一テラス、ホウノキの上にかかる月。
DCF00872.jpg
いくら待っても木が生えない、自分で植えるしかない
と思っていた第一テラス西ですが、手付かずの森側から
木が迫ってきたような気がします。
自分が植えた木より周りの木のほうが早い
DCF00877.jpg
店に売ってるようなまんりょうが生えています。
DCF00873.jpg
めちゃくちゃになっていたカラスザンショウの枝を切りました。
Yの字になって地べたに倒れていなかったのでよく乾いています。
DCF00874.jpg
幹もYの字であったせいで地べたから浮いていましたが、
これは重くて手では持てません。
DCF00875.jpg
曲っているところで伐って転がしました。
土留のつもりです。この上はヤブウツギの道ですが
路肩が雨に削られてきてるようなので、
効果の程はわかりませんが、邪魔者扱いしているカラスザンショウを
地ごしらえに使ってもいいかなと思います。
DCF00876.jpg
DCF00878.jpg
薪置き場Aがまだ更新できていないので
薪置き場9はすぐいっぱいです。
DCF00879.jpg
やまさんの薪はトタン下に収まりきらなかった。
明日も作業するなら、格納庫まで往復のガソリンがもったいない。
偶然、おたま号の屋根下にやまさんの入る隙間があって、
うまい具合にやまさんのガレージになりました。
バイバイバイバイまた明日。
スポンサーサイト



虫に食われたヤシャブシを倒す2

今週末は土曜が出勤日だったので
今日は身体もバキバキだしゆっくりしていました。
DCF00637.jpg
昼過ぎて一本梯子を持ち出しましたが
DCF00636.jpg
枝を2本切っただけ。
6mの梯子を即席で作っても
結局、屋根の上に枝を落とさねばならないし
幹の先も細くてこわい。
DCF00635.jpg
覚悟を決めてやまびこやまさんを
チルホール代わりにして幹を傾けて
DCF00634.jpg
辛くも屋根をそらして倒せました。

電話したほうが早い

DCF00527.jpg
チェンソーのプラグを換えたすぐあとで
草刈機も換えておけばよかったと思ったので
ヨコテンしなくちゃ、
やまびこやまさんのプラグも換えるつもりでした。

ガソリン携行缶に給油できるのが19時までなので
そちらを先にしたら専門店はもう閉っていました。

カー用品店には在庫はなく、
それで大型ホームセンタまで足を伸ばしました。
似たような型番だったのとそれしかなかったのもあって
プラグを間違って買ってしまいました。

BR6ESを買うべきところをBPR6ESを買ってしまいました。
たしか閉まっていた専門店でもその型番は見なかったと思いました。

通販で取り寄せてみようと試みましたが
送料500円代金引換300円で、
400円程度のものが1200円になってしまいます。

それなら専門店で取り寄せてもらったほうがいいや。

「BR6ES」はありますか?と電話してみました。

「BR6ES」はありませんが「BPR6ES」はあります。
Rがついたほうがノイズが少ないとのこと
(いや、Pが1個多いんだけど)
「BR6ES」でも「BPR6ES」でも良いんですねと念を押す。
(やった、これ使えるんじゃないか)と思っていると
「とりおきしておきましょうか?」と聞かれたので、
(情報料を払ってもいいところだし予備に1個買っておこう)と
「お願いします。」といいました。

それで日曜日、帯鋸のプラグを確認したとき
帯鋸にも「BPR6ES」がついているとわかりました。

プラグの型番ひとつでも素人は右往左往してしまいます・・・

メインテナンス2

あとは走行テストといっていたのですが
雨続きでやらないままでした。その間に
トランスミッションオイルを探しました。
API分類GL4というギアオイルです。
大手通販のサイトがすぐに引っ掛かりましたが
「個人様への販売はいたしません」とのことで、
あちこち問い合わせて探し回りました。
結局、ナフコというホームセンターで、
ほかのすべても揃いました。

トランスミッションオイル  4リットル缶
ウインチミッションオイル 上と同じもの
グリスポンプ、シャーシグリース、
グリスニップル(M6)。オイル交換用トレイ。

夏休み前に揃っていましたが、
やるのは今日になりました。
DCF00202_convert_20180901165752.jpg
オイルはあまり汚れていませんでした。
ウインチのオイルはほとんど汚れていませんでした。
DCF00201_convert_20180901170020.jpg
遊動輪と支持転輪、転輪取り付けピンにはグリスニップルが
あらかじめつけてあるのでそのままグリスガンが使えます。
DCF00200_convert_20180901171924.jpg
両側6箇所の転輪は袋ナットをはずしてグリスニップルをつけて
グリスを注入します。
DCF00199_convert_20180901164818.jpg
作業していると山ビルが這い上がってきて首筋で血を吸われました。
雨降りを覚悟していましたが何とか持ちました。
小屋は草に埋もれています。

走行不能になったときに
「やまびこやまさん、死なないでくれ!」
と言ったのは、我ながらなんと大げさだったのだろう。
アニメじゃないリアルなマシーンのメインテナンス。
林内作業車を仕舞うためエンジンをかけて走らせると
驚くほど動きが軽くなっています。

5時になったので、まだ明るかったですがまた明日にします。
ばいばいばいばい、またあした。

メインテナンス

痛い出費が重なり
林内作業車やまびこやまさんが
動かないままになっていました。
これからはやまさんの役割分担が増えることになるので
いままで一度も頼んだことのない
メインテナンスを販売元に頼もうとしました。
Vベルトの交換のついでに。
ところがその店の主人が病気で倒れられて出張ができない。
「ベルトを送っても自分ではできないんですよね?」
製造元に連絡して代わりの業者をお知らせします。
とのこと。その後なしのつぶて。
そういう言い方をされるということは、Vベルトの交換ぐらい
近所の店でもやってくれそうだと見本にするためとりあえず
Vベルトをはずそうとしましたら
逆に今まではずれていた後進用のベルトがはまってくれたので
これは自分で何とかできそうだと
DCF00189_convert_20180814170923.jpg
車体に貼られたラベルや取説を見て調べて
Vベルトを通販で取り寄せました。

朝から2万円の節約になるかという作業をしていて
結局、胸算用で落胆していた頃、ちょうど宅配便が来たので
10年前の話では出張費込みでメインテナンス1回2万円で
と聞いていたので、別口での節約をする気になりました。
DCF00188_convert_20180814171150.jpg
このナットを緩めればベルトがはめやすくなりそうです。
DCF00187_convert_20180814171341.jpg
実際はずすよりはめるほうがうんと楽でした。
14時に宅配がきて15時に交換完了。
ついでにエンジンオイルの交換もしました。
あとトランスミッションオイルとグリスアップも必要ですが
その準備はしてないのでまた今度です。
Vベルトは2本で4622円でした。
たぶんベルト代はメインテナンス費の見積もりには含まれて
いないでしょう。走行テストは明日です。

わが友やまさん

DCF00142_convert_20180603013400.jpg
入梅する前に、
朽木やまだ湿っていない立ち枯れの木をかき集めて
薪用にとっておこう、ちょっとガソリン代がかかるけど
やまびこやまさんでちゃちゃっと集めてしまおう。
DCF00141_convert_20180603013817.jpg
薪置き場も少し拡張した。
もう一杯いってみよう!
DCF00139_convert_20180603014226.jpg
ところが森の中でやまびこやまさん立ち往生。
うんともすんとも動かなくなってしまった。

DCF00138_convert_20180603015403.jpg
お茶の切り株が食い込んで、ゴムのベルトが外れている。
すでに10年になるベルトは劣化してひびが入り
はずれたベルトは切り株のせいで削げ落ちて切れ掛かっている。

(修理を呼んでもすぐには来てくれないだろう・・・)

ベルトをなんとかはめこむ。
先進と後退が逆になって、前進してしまいまたベルトが外れる。
ねじれてたすきになっていた。
ベルトを直す。何とか動いて後退で脱出。
2速にチェンジしてまたベルトが外れる。

立ってくれやまさん、
こんなところでやられてしまうなんて
せめてドックまでもってくれ。

もう一度ベルトをはめて1速で出る。
基地にたどり着き雨ざらしだけは回避した。

戦いの朝が来るまで、おまえの翼を休めておくれ・・・

東陸行二十余 粁

いい天気でした。
うちの山でぼんやりするのにもってこいの日でした。

昨日の15時、メジロの群れを見ました。
イヌザンショウの木とヌルデの木を行ったり来たり。
みんな梢の間を動き回るので何羽いるのかわかりません。
忍法影分身の説明のようですが、
実際メジロはたくさんいました。

向かいの萩の木にヤマガラが止まってカツカツやっています。
ヒヨドリも来た。うれしそうです。
インコのうれしい声を聞くうちにその辺の鳥のうれしいのもわかる気がします。

DCF00864_convert_20151028190120.jpg
でも今日は林内作業車やまびこやまさんのスターターのひもが切れてしまいました。
10mmのレンチがないのです。
チェンソーのボックスレンチも
バイクの備え付けのレンチもなまくらになってねじがはずれません。
買い出しに行ったばかりでまたあの山越えをするのはうんざり・・・

走り始めて10分。ふと気が付いて引き返しました。
どうせ山を越えるんなら天竜じゃなくて川根へ行こう!

東陸行20余km川根本町を抜けて島田市内に入りました。
うちから春野町中心地までの距離に少しプラスするだけで
ホームセンターに付きレンチを買って帰りました。
DCF00863_convert_20151028185454.jpg
明るいうちに部品をはずし
DCF00862_convert_20151028185531.jpg
DCF00861_convert_20151028185616.jpg
あーあ、ひもも一緒に買えばよかった。
ひとまずひもは取り替えたので明日エンジンがかかるかどうか・・・

丸太移動

DCF00783_convert_20151021015312.jpg
薪を割っていると、キューン、クーンと声がしてきました。
おさるです。
おさるがうちの柿を喰っています。
(帯鋸小屋とは別の木)
近寄っても逃げませんが
林内作業車の音でどこかへ行きました。
柿は食べきれない豊作なので、余り怒れてきません。
DCF00781_convert_20151021015420.jpg
腐った丸太を移動。
丸太が積みあがっていたころと違い、
引きずり出すのは無理で腰にも負担が来ます。
柿の木にはまだ実があるのでクレーンとして使うことはしたくない。
DCF00778_convert_20151021015512.jpg
本来ここを丸太置き場にすべきでした。
鳶で挽きだせば帯鋸のレールに載せられる位置です。
腐った丸太を見るのは悲しいですが、悔やむ気持ちはありません。
DCF00776_convert_20151021015608.jpg
薪カレンダーは1月9日で更新ならず。
お祭りが終わるとその間に日が短くなってしまったことがよくわかります。
5時を過ぎるとすぐに暗くなるので作業が続けられなくなります。
バイバイバイバイ、
また明日

小径木

DCF00653_convert_20150922175801.jpg
咲かないと思っていた萩が咲きはじめました。
DCF00652_convert_20150922175847.jpg
軒の板が割れたままで屋根裏に入るとき踏み抜きそうなので
上に一枚重ねました。降りるとき隣の家を写しました。

解凍済み鳥の胸肉1㎏分フライドチキンにする。→遅い朝ごはん。
台車が出来たので要らなくなったコロ用丸太を薪にする
→シイタケ乾燥小屋を臨時薪置き場にする。→リアカーの薪もシイタケ小屋へ。
乾燥しているおが屑をダンボールに詰める。
濡れているおが屑をトラックに積む。

朝ごはんが遅かったので昼ご飯省略。
小径木を引きずり上げる。

DCF00651_convert_20150922175957.jpg
5時。
伐採したときの輝きは見る影もない。
全部薪にすれば少なくとも冬場の5日分はある。
板に挽いても歩留まりは半分以下だから
端材を薪にすれば冬場の3日分にはなる。

明日につながりますように。
バイバイ、また明日。

ダブる滑車デビュー。が、しかし

もう1月が終わりです。
シイタケ・ヒラタケ体験は
厳正なる抽選の結果落選しました。
おまけに申し込みに使った葉書が古かったので
郵便局宛の葉書に2円切手を貼って返信しなくてはなりません。
がく。

山仕事の現場で見たことのあるダブる滑車(動滑車)
一度やってみたかったけれどもう思い出せません。
DCF00096_convert_20150131172106.jpg
小学校で習ったはずなのです。
ワイヤーを挽く長さは2倍になるけれど
挽く力は2分の一で済む・・・
DCF00094_convert_20150131172227.jpg
こんなんだったっけ。
ウッドデッキに取り付けたアイボルト(ナット?)、
はじめは2個でいいかと思っていましたが
四隅に取り付けて正解でした。
降ろしてからの位置の調整には2箇所ではきつい。
DCF00093_convert_20150131172338.jpg
何とか降ろすことはできましたが
載せることは難しい。
寒くなってアルトの中からへっぽこな現場を眺めています。

クレーンの付いた2tトラックならわけないのだろう。
やまさんのポールがジブのように長ければ・・・でもコケるな。
トラック荷台前方のフレームに滑車をつける・・・フレーム痛むな。
クレーンの代わりになる木は・・・若木ばかりでダメだ。
ウッドデッキはまだ組み立てていないので
今日のところは分解してトラックに積み直し帰ります。
DCF00092_convert_20150131172447.jpg
バイバイバイバイ、また明日。

プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます