時給800円ならKFCに負ける。

うち周辺の草刈り→(取り付け式のナイロンコードはイカン)中断
窯補修→鶏むね肉の窯焼き→次回補修の準備→ごはん
金魚の水替え→金魚の水カルキ抜き→たんす移動→金魚の水で水やり



土のかまどは取り出し口の上側が崩れやすく
以前は山の土で補修しましたが
作業道の水たまりに影響しそうで法面を削ることができません。
メンテが滞り窯焼きを作れずにいたので、
買い置きの石型粘土で窯のひび割れを補修しました。
石型粘土は薪ストーブの煙突と壁の隙間を埋めるつもりで買ったもので
何年も使わずに眠っていました。
粘土一袋分はすぐになくなるので次回分を水になじませています。

鳥の胸肉は1kg450円に値上がりしました
1年前は300円台でした。
富士宮でKFC3ピースセットが980円ぐらいでした。
高いと思いましたが、窯焼きを作るのに1時間以上かけたので
ファーストフードの世界も厳しいのだと分かります。
スポンサーサイト

久しぶりに火を焚いた

久しぶりに火を焚いた。
雨は断続的に降り続き
部屋は蒸し暑くあちこちにカビの巣ができた。
私も暦通りの休日がきたので自炊をしたわけです。


火を見ていると、
粗末なかまどで煮炊きする心の余裕はどこ行った?
最近は給食屋さんのお弁当やカセットコンロでの調理にはしり
この贅沢な時間を忘れていたと思う。
(画像にはちょっぴりひぐらしの声が入っています。)

お勝手やる。

楓
秋はまだ先のはずなのに楓の色が変わり始める。

河原の水が増水したせいで
いつもの砂利採り場が土砂で埋まった。
砂利採りはあきらめて帰る。

かまど組み直し
石のかまどを組みなおす。
火が遠くて火力不足と思ったので
石を減らしてコンロの高さを低くする。
組み替えの自由度は高く手軽に直せる。
(写真はうどんを煮てるとこ)

プリン
プリン内部
火のあるうちに、お弁当のおかずや
いろんなものを作る。
土窯でプリンを焼くの2日目。
コンビニでプリン買いそうになるのを
こらえて作ってみる。
小なべにたまごと牛乳と砂糖を入れてかきまぜて
そのまま窯に入れる。
初日よりも気泡が減ってプリンらしくなってきたが
まだ茶碗蒸しみたいな食感がのこる。

少し冷ますとかなり美味しくなった。

窯の補修

日曜日。雨上がりの朝、
なんとなく気分が乗らない。

元気に活動できるほんの小さなきっかけが欲しい。
ニガイチゴを採りに行く。
ニガイチゴ
降り続いた雨を吸って
イクラのように膨れた実は水臭くって美味くない。
そのかわり量は多めに採れる。
甘さだけを求めるなら砂糖をなめてたら良い。
薬のようなほろ苦さと安っぽい香りがうれしい
ニガイチゴ。
モミジイチゴの苗
ニガイチゴを尻目に去年刈らずにおいたモミジイチゴが
伸び始めている。今年は実を付けていない。来年が楽しみ。
クワ
桑の実発見。ニガイチゴよりずっと甘い。
まだ小さな木なのでほんの味見程度。
鳥が運んできたのだな。
イノシシの掘った土
こねる
応急処置
せっかくイノシシが掘ってくれた土があるので、
(しかも山芋に適した赤土。)
これをこねて窯の焚き口の補修をする。
窯に粘土が巧くのらない。割れた箇所に
粘土を水で薄く溶いて接着剤代わりに塗布する。

いい焼き具合になりました。

焼き魚、焼き鳥
毎日のお弁当作りがめんどくさくなってきたので、
一気に窯料理を作る。
一匹68円のさんま(北海道産)
100g47円で
さらに30%値引きの鶏の胸肉

窯に火をくべて落ち着いてきたら
塩(鶏には胡椒も)をふって焼くだけだけど、
今日は絶妙な火加減。

こんなのを切ってお弁当箱につめるだけで楽だ。
胡瓜やわらびも入れる。

窯をつくった。

5月からのんびりつくり始めたちっぽけな土窯に火を入れました。
1
2
3
4
5
6

大丈夫、粘土のひび割れは補修しながら使えそうです。

さっそく窯の中で、とりもも肉を焼きました。

パンやピザが焼けるようになりたい。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます