あの歌は嫌い

2週連続の台風に
ほとほと嫌気が差しておりました。
DCF00020_convert_20171030200454.jpg
これは春野の夕べをやった台風21号のあと。
うちの前が「川の流れのように」なって、
せせらぎというか流れの音が台風が過ぎて3日も止みませんでした。
DCF00021_convert_20171030194543.jpg
あたりは落ち葉だらけ
一気に冬が近づいてきました。

この台風が行ったら今度こそ雨樋を治すぞ、
と思っていたら次の週もまた台風が来るというので
もう、ほんとに嫌気が差しておりました。
スポンサーサイト

春野の夕べ

21日土曜日16時ごろ停電がありました。

朝から雨で、台風の来る前に雨樋を直す準備をしてたのに、
時折小降りになっても体が言うことを聞きません。
そのまま家でぐだぐだしていました。
(夜になったら何か室内のことをやろう・・・)と
だらだらと過ごしておりましたら、プツつ、と電気が止まりました。
(はっ、停電の準備をしなくては)
外はまだ明るい。
薪のストックがない。
なんだか急にお腹が空いてきた。
ちょっと暖を取るための温かい紅茶も飲めない・・・
DCF00005_convert_20171022052138.jpg

雨合羽はどれも沁みてくるのしかない。
まず、つなぎの合羽を着て、その上に穴を開けたゴミ袋を
弥生人のようにかぶり、その上に別の合羽の上着を着て
今夜と来週分の薪を取りに行きました。
DCF00004_convert_20171022052446.jpg
朽木の薪はすぐドボドボになるので
助手席に載せて2往復。
すでにバスケット1杯の薪でお湯が2日持つ時期はおわり、
来週末の天気を願うばかりです。
DCF00003_convert_20171022052609.jpg
車から手回しのランタンを持ってきてその明かりで
灯油ランプに火を入れて
DCF00002_convert_20171022052803.jpg
ストーブの火も起こしました。
部屋が暖かくなると少し落ち着きました。

こんな山奥まで電線が木のそばを通って届くのだから、
長雨で倒木の1本もあればたちまち停電です。
以前4日も回復しなかったこともあり
冷蔵庫も暖房も電話もPCも頼りきってはいけないのです。

震災直後に冗談半分で「電気帝国」とブログに書いたところ
どなたかの逆鱗に触れたのか、すべてのブログ記事を文字化けに
されてしまい、それ以降電気帝国の存在を意識せずにいられない。
(今日は選挙だったな・・・)
いまの官房長官もそうだけど、
あの時の官房長官も不誠実なコメントばかりしていた・・・

DCF00001_convert_20171022053057.jpg

テント泊をするときは真っ暗になればさっさと寝てしまうのですが、
この灯油ランプも大して部屋を明るくしてくれません。

新見南吉の童話「おじいさんとランプ」のことを考えていました。
電気が来て、ランプが売れなくなったおじいさんが
夜の池のほとりでランプすべてに火を灯し、最後は全部割ったんだったっけ?
もったいないはなしです。
小学生の時は同情じたのですが、(そんなことってあるだろうか?)
おじいさん、もっとしたたかに生きなきゃダメじゃないか・・・

闇鍋のように暗いストーブの上で細切れ肉の焼き肉をして、
炊飯器に半合残ったご飯も食べて肉が余って、
他にすることもないので、もう3年目になるか朴の木の花を漬けた
ブランデーを少し湯のみに注いで「春野の夕べ」を独りで開催。
度数が高く、香りも強すぎる朴の花酒も停電の夜には妙に馴染み、
ここでの暮らしが日常でなかった頃のここに戻ってきました。
つらつらといろんなことを想いながらいると電気がついて

散らかった日常の我が家がぱっと現れ、
その時のなんと興ざめだったことか。

怪獣の本音

DCF00368_convert_20170806190157.jpg
昨日はこの写真を選ばなかった。

ピンぼけしたら杉の木が怪獣に化けた。
幽霊のように悲しげで
何も破壊せずに去っていった。

嵐の前

DCF00366_convert_20170805233004.jpg
8月3日 コンビニの店内から見た雲。
DCF00361_convert_20170805233146.jpg
8月5日 ホームセンターの駐車場
DCF00358_convert_20170805233441.jpg
同じ日 同じ場所 用事を済ませた帰り。

大きな台風が来てるとテレビで言ってる。
が、来るのはまだしばらく先だと、いまは
TVやネットが台風の進路を教えてくれるが
昔は空を見て天気の移り変わりを占った。
小学生の時、雲の種類と名前をたくさん教わった、
日本人は雲に造詣が深かったんだ。
自分は使うことのない知識だったが。
今日の雲、昔の人はどう見ただろう?
嵐の前触れを読み取れる空模様なのだろうか。

台風前後の空の様子よく見ておこう・・・
DCF00350_convert_20170805233554.jpg

雲の写真2

今日、雨上がりの帰り道はもう暗くなり始めていました。
DCF00317_convert_20170726213638.jpg
DCF00316_convert_20170726211040.jpg

先日と同じシチュエーションで、
知った人が通りかかりました。
「なにしてるだ?なにか珍しいものでもあるだか?」
以前靴下をくれた人でした。

職をなくして苦しい気持ちでいたとき
それまでと変わって冷たくなる人もいれば
靴下をくれた人もいて、苦しい時に人から受けた行為は
決して忘れることがありません。

雲をつかむ話

自宅は天竜川の支流をどこまでもさかのぼったところで
山が深くなると雲に手が届きそうに見える時があります。

先日、朝の出勤時にそんな雲を見かけて、
バイクで家を訪れたかつての同僚も
そんなふうに言っていたことを思い出し、
今度そんな雲を見たら車を停めて写真に撮ろう。
と思っていました。
DCF00308_convert_20170721231723.jpg
今日、帰り道、
いい感じになってきました。
DCF00310_convert_20170721192928.jpg
だいぶうちに近づいてきたところで
ハザードを出して止まりました。

・・・後ろから車が来て
ハザードを出した車の前で突っ立ているのを見たひとが
「どうした?」と心配そうに聞きます。
みるとお祭りの仕事などでご一緒する人です。

「・・・」
他の言い訳を考える暇もなく、
「あの、手が届きそうな雲だな。っと思って」
というと、その人は笑って通り過ぎました。

今日のは期待していた感じよりいま一歩及ばないので
次の機会を待ちます。

屋根

DCF00206_convert_20170611081747.jpg
梅雨入りしたのに雨漏り工事が終わらずやきもきしていた。
再就職してためたお金を全部はたくぐらいかかるのだから
もっとこちらの都合に合わせてほしい。
今回で完了しないのならこちらにも考えがある・・・
切り札の言葉を用意してはいたが
職人さん自身は真面目ないい人。
DCF00205_convert_20170611082331.jpg
DCF00204_convert_20170611082629.jpg
屋根瓦は傷んでいて撤去の際、上を歩くのが怖いくらいだったと。
ほんとうは瓦で葺き替えたかったけれど、予算がなく、
トタンと断熱材の複合材料になった。
家は屋根の他にもあちこち傷んでいて
営業の人は心配になるようなことばかり言う、
相手にしないことにした。
解体できるものならそのほうが安上がりだったかもしれない。

親を捨て、それまでの自分も捨て
夜逃げするように立ち去った家。
なのに手を入れずにはいられない。
そこに思春期の頃の残存思念があって
自分の中に帰ってこようとしている。

気田川の桜

DCF00162_convert_20170407211511.jpg
仕事帰りに気田川の堤防に寄り道しました。
DCF00160_convert_20170407211752.jpg
ここ数年、開花の時期は早くて温暖化が進んでいるとも思えたのですが、
ことしは遅くて、私的には予定が狂ってしまいましたが、こんな年があってもいい。
DCF00158_convert_20170407212110.jpg
つい♪さくらさくらを口ずさんでいます。
柳の緑もきれいです。

まっすぐ帰って

退社時間に明るい日差しが残っていた。
今日は買い物せすまっすぐうちに向かった。
DCF00018_convert_20170322201429.jpg
まだ明るかったのでうちの山に寄った。

芽吹きもまだ先のヤブウツギのアーチをくぐる。
ことしはどんな花を見せてくれるだろう。

通勤途中、河津系の桜はすでに葉桜になっている。
山桜はもっとあと。御室仁和寺の遅咲きの桜。
大阪造幣局の通りぬけは八重桜。
むかしから多様なお花見があった。

いまはあちらこちらで派手な花桃が目立っている。
うちの山にソメイヨシノが無いせいか、
自分が心待ちにするのは桜よりも
ヤブウツギなのです。
DCF00017_convert_20170322201735.jpg
ホウノキもシルエット。
DCF00014_convert_20170322202030.jpg
お彼岸にちょうどこの道のつきあたりで日が沈む。

寒波

すさまじい寒波が来ているとのこと、
寒中お見舞い申し上げます。

春野に移って、まだスタッドレスタイヤに
履き替えたことがなかったので、この時期
ノーマルタイヤでいることを心配されたのですが、
一年に数日あるかないかのことでスノータイヤを買う気にもならず、
(雪よ積もらないでください)と願うばかりでした。
車をいつもとは逆向き、下り坂に向けて停め、
土曜の朝、
DCF00420_convert_20170115205000.jpg
積雪は殆ど無く、チェーンも持たずに出勤。
日中、雪が舞い舞いコンコンしているのを見て、
(どうか帰るまでもってくれ)と願い、
無事に家に帰り着きました。
DCF00418_convert_20170115205234.jpg
今朝は、疲れと寒さで寝過ごしましたが
一晩中、灯油ストーブを細火で焚いても明け方3℃。
(でも、我が家に限らないとも知りました。)
インコシェルターは13℃。
先週、オンラインで注文した懐炉が大活躍。
ザックに入れた湯たんぽを背負うより随分楽に動けます。

お茶を入れようと蛇口をひねると水が出ません。
お風呂も沸かせないので、すみれの湯か、
街なかの大浴場にゆくことも考えました。
その前に、少し歩きます。
DCF00416_convert_20170115205521.jpg
隣地の杉はすっかり切られました。
DCF00407_convert_20170115211617.jpg
いちしんふたばではないが高い位置で伐っておられます。
よく見ると、丸太が道に転がり落ちない杭の代わりのようです。
DCF00414_convert_20170115210057.jpg
DCF00413_convert_20170115210441.jpg
去年掘り起こしたチューリップの球根が芽を出しました。
DCF00412_convert_20170115210936.jpg
3年目の夏みかんの実生。
どうやらこの地でも育ちそうです。
DCF00410_convert_20170115223618.jpg
大事な苗をうさぎから守るためにかぶせたバスケット
どういうわけかあたりの土がイノシシにほじくり返されているのに
寸でのところでバスケットは無事でした。
去年の秋バスケットをかぶせたすみれはやられたのに。
今年はボロ市にブナの苗を買いにゆくのはやめました。
今ある実生のガードをするほうが先だと。
そして、春野でも稜線に上がればブナはあるのです。
上京するよりもお金をバイクのバッテリとチェーンの交換に回せるとも
思っています。


それでうちに帰ると水が出ました。
外があんまり寒かったので
もう、大浴場はやめにしてうちにいました。

夜遅くにお風呂に入ると
お湯は出ましたが、水は出ません。
ボイラーの給水パイプはヒータを巻いていますが
それ以外の地表部分がまた凍ったみたいです。
お風呂のお湯を節約して明日の朝用に
ポットに貯水しました。

プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます