FC2ブログ

八方ふさがり

この休み中

仕事をやめてまで移住したこの場所をはなれ
なんでわざわざ旅に出なきゃならん?

せっかくの休み。仕事から帰ったら寝るだけで
ぜんぜんできていない近場の冒険がしたかった。

台風が日本海に抜けて
かねてからの計画よりちょっと遅くなったが
蕎麦粒山を目指して出かけた。

春の町内からの道は寸断されているから
いったん峠を超えて川根本町に出て林道を上った・・・ら
DCF00365.jpg
程なくして崩土による通行止めだった。
DCF00366.jpg
せっかく作ったおにぎりを食べるため
案内板に出ていた白羽山(771)の展望台に行く
onigiri001.jpg
おにぎりを食べに来ただけ
こんなことならうちの山で作業をしてれば良かった。
DCF00370.jpg

国道362も天竜へ抜ける道が崩土のため
全面通行止めだという。
休み明けからの通勤で使う迂回路を探しに行く。
DCF00368.jpg
道に迷ってとんでもないところへ行き
たまたま通りかかられた自治会の仕事で
ごいっしょさせて頂いた方が先導してくださって
なんとか帰り着くことができました
DCF00369.jpg
あーあ
何にも出来んかった一日。
スポンサーサイト

車中泊

母が生前通っていた教会から
召天者記念礼拝の案内を頂き
土曜が出勤の週でしたが
日帰りで日曜の礼拝に出ることにしました。

前回、高速バスの予約が早すぎて
「該当の運行はありません。」と表示されたので
今回、1週間前にチェックするともう満席で
チケットは取れませんでした。

高速バスに乗り損ねて
新幹線を使って佐々木剛さんの店に行ったはいいが、
その月は赤字で本当に苦しかったので
かねてからの予定通り、
軽箱シロコ号で車中泊して
翌朝掛川から電車に乗ることにしました。
DCF00264.jpg
仕事が終わって一目散に遠州森町の湯に向かい
18:30、余裕で入場。
(町外者利用料300円/19時入場締め切り19:30終了)
DCF00265.jpg
はじめての車中泊は
熱帯低気圧が運んできた空気のせいで
暑苦しく寝苦しく、
おまけにどこからか蚊が入ってきて刺されたのでたまりません。

車を運転して12時までやっている掛川スーパーに行き
蚊を退治するスプレーを買いましたが虫さされのくすりは
さすがに置いていませんでした。
大型ドラグストアもすでに閉まっているし
コンビニも医薬部外品のサプリまでしか置いてません。
「かゆい」

いま自宅で使っているのは
ユキノシタを焼酎に漬けて作った自家製虫刺され薬。
これは即効性はないものの
かゆみに耐えられる程度の効果はある。

そうだ。まずコンビニで焼酎(ワンカップ)を買った。
それで道端に生えているどくだみを探そう。

ところがずっと歩いてもどくだみない。
(翌朝道の向かい側にすぐ見つかる)

しかたなしに焼酎だけを綿棒につけて
患部に塗ってみた。
はたして、
焼酎だけでもかゆみが治まった。
DCF00266.jpg

なんとか寝苦しい一夜を明かし、駅に向かい
6:36発の普通電車で横浜に向かいました。

静岡東部

恒例となった遠い身内の集いに
参加することになり伊東に向かいました。
DCF00240.jpg
DCF00241.jpg
それで今年も柿田川で富士山の湧き水を汲み
DCF00242.jpg
途中宇佐美で、
サーファーさんたちの車がいっぱい停まっている
店に並び、地物魚定食(1000円)を食べました
別途ご飯を大盛りにして卵をつけてもらいました。
(ふしみ食堂)

その集いは自分の苦手な飲み会なので
その話はパスにして・・・

帰りの話になります。
DCF00243.jpg
DCF00245.jpg
いささかくたびれて
道の駅富士で休憩しました。
用を足して戻ってくると
それまでかかっていた雲が切れそうです。

雲の通り過ぎるのを待って
一生懸命ガラケーで狙っていたら

関西弁のおばちゃんが
カメラのシャッターを押してと頼みに来ました。
富士山を背景にして立つご主人が
お前も入れよというと「わたしはええ」と逃げてゆきました。

やっぱりてっぺんがあってこそ富士山だなあ・・・
ちょっとのことで笑顔が見えるかどうか
雲がかかっているからと通り過ぎればいい顔は見れません。
コンディションの良くなるのを自分のほうが待たないと
いい場面を逃してしまう・・・

まるで山に感情があるような書き方になります。
雲がかかるのは富士山の体調ではありません。
でも雲が切れれば微笑んでくれているような気になるし
雲があればまさに表情が曇ります。

自然を擬人化してみるのは自分の心の働きですが
山がはれるのも人の笑顔もともに自分を幸せにしてくれます。
富士山自体に心の働きはないはずなのにです。

パラレルワールド

先週の下呂の旅でふと思いました。
DCF00237.jpg

もし、何かのアクシデントでバスに乗り遅れて
ここに独り取り残されたとして・・・

そのせいで、自分が同じ世界の別の時間の流れに
分岐したパラレルワールドさまよい始めたとしたら・・・

そんな想像をしてこわくなり
続きを考えるのはやめにしました。


社員旅行

土曜・日曜と社員旅行でした。
DCF00232.jpg
温泉街のマンホール
DCF00235.jpg
特急ひだ
DCF00223.jpg
円空仏
曲面に口をシンプルに彫ると
ウルトラマンの造形になるのだな
DCF00228.jpg
かえる神社でおみくじを引くと
大吉が出たので気を良くしてかえりました。

水曜日

DCF00202.jpg
朝、立ち寄った道の駅のトイレに
ツバメが居ました。近づいても逃げません
奥に巣がありました。
見張りをしていたのかな?
DCF00216.jpg
この日の帰り、
あと一往復の通勤が可能か気になりました。
給油する日が一日伸びれば節約になります。
4月28日のFUELゲージの写真よりまだ少ない。

とにかく寄り道せず帰りました。
大丈夫でした。

今度はゲージの1/4くらいまでがんばってみるか

シロヤシオ

毎年連休には岩嶽山のアカヤシオ・シロヤシオを見た話を
耳にするので、この時期一度は見たいと思いましたが、
岩嶽山、侮れません。

それよりは一度川根本町側に出て林道を登れば
車で蕎麦粒山に連なる稜線に上がれます。

帯のこの手入れは雨で中断。
連休中の食材が尽きて
一番近くのスーパーは隣町の川根本町にあり
激しい雷雨のあと買出しに行ったついでに
、川根大仏を目印に林道を登ってゆきました。
DCF00118_convert_20190506193152.jpg
やっとの思いで里から13km、
大札山まで徒歩35分の駐車場につきましたが
もう日は暮れかけています。
DCF00125_convert_20190505215253.jpg
カラマツがありました。
DCF00120_convert_20190506002648.jpg
DCF00122_convert_20190505215836.jpg
日が暮れる・・・
DCF00117_convert_20190506003147.jpg

DCF00127_convert_20190505215526.jpg
車を停めたすぐ脇に植栽されたものでしょうか、
初めて見るつつじがありました。
DCF00119_convert_20190506195420.jpg
うちにはTVがないので連休中の皇室行事は
まったく見ませんでした。が
思いがけす、皇族とゆかりのある花に会うとは。

花より団子

DCF00687_convert_20190409044814.jpg
酒場放浪記じゃないけれど
キネマ食堂でJAZZを聞きながら過ごしてみたくて
金曜の晩掛川に泊まる算段をしていました。

大誤算だったのは、その日お店は貸切で
これは宿よりもお店の予約をしておくべきでした。

DCF00686_convert_20190409044506.jpg
DCF00685_convert_20190408220257.jpg
次の日、森町を通って春野に帰ってきました。
気がつくとソメイヨシノの写真を一枚も撮っていませんでした。
DCF00684_convert_20190408215908.jpg
久しぶりに柳沢でラーメンを食べました。
灯台下暗し。おいしかった。
少し値上がりした分、味の研究をされたかもしれません。

花桃

仕事帰り気田川の堤防によりみちした。
DCF00644_convert_20190319202035.jpg
珍しい夕焼け。
お目当ての月は見えなかった。
DCF00643_convert_20190319202514.jpg
花桃が夕日に燃えていた

また焦る

腹ごしらえもできたし岐路についてみて
はたとガス欠寸前なのに気づく。
何とか家まで持つかもしれないが
翌日の通勤が非常に不安。
もう8時回っている。
山越えの途中でなくて良かった。
掛川駅周辺には高速の入り口もある。

山道でガス欠になったら救いようがないが
市街地でなら最悪朝一でガソリンを入れて
仕事に向かうこともできる。
ここは大事をとって掛川駅周辺まで戻ることにする。

駅南口側に24時間営業のスタンドがあった。


どこに何があるか。
コインランドリー、
ガソリンスタンド、
1000円の散髪屋、
切手を売っている店
自動証明写真機
何でもなさそうな情報が
いざというとき、救いの決め手になることがある。


近頃は見もしなくなったが
スーパーヒーローのTVや映画、
新登場のときはずごい武器や超能力を持って
現れるけれど、結局終盤ではそれを上回る
試練に立たされて生きるか死ぬか瀬戸際の
ピンチを切り抜けて勝利を手にする。

そんなドラマはリアルな日常のどこにでもある。
毎月の家計のやりくりで月末手元に1万円のこった勝利。
何とか赤字にならずに済んだ企業。
変装して屈辱的瞬間を逃れる容疑者・・・

だからそれはアニメや特撮だけではない。
2アウト満塁のさよなら逆転ホームランとか
高校野球でそんなドラマを見たい人もいれば
なんとかお金を工面して発車間際ぎりぎりの新幹線に
間に合ういちしんふたばだったりもする。
気持ち的には大勝利でも実はぎりぎりセーフなのであって
だから毎回、To Be Continued なのだ。

そんなわけで、また今月も大ピンチは続く
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます