FC2ブログ

バスケット14杯

DCF00215.jpg
お風呂の薪がなくなったので
朽木のストックを切りました。
GWの終わりに集めた立ち枯れの木は良く乾いていました。
切り戻しをしたタラノキが立ち枯れたものが多く
つんとする香りがあります。

タラノキよりも他の木を育てたかったのと
タラノメは採りたかったので
切り戻しをして背が高くならないようにしたものが
他の木に隠れて立ち枯れたものです。

薪を切ったついでに
カラスザンショウの退治をしに行きました。

太くなってしまったカラスザンショウは
切り倒すにも掛かり木になって面倒です。
もっと早めに退治しておけばよかったです。
スポンサーサイト

銀シート

DCF00566_convert_20190217175941.jpg
17日日曜日。
2時間でバスケット16杯。
1杯あたりのコスト41円。
薪が散らばるつどバスケットにつめたほうが、
空のバスケットをたくさん並べたほうが
やりやすいみたい。

この日は薪をカットするだけで
朽木を集めるところまで出来なかった。
ルーチン化するところまでいかない。

今週は船じゃなくシートを敷いておがくずを回収した。

杉葉―薪―朽木

今朝、金魚のたらいに氷が張っていたので
久しぶりに寒かったみたいで、なんだか動く気もしないし
夕べ手作りプリンを食べ過ぎたためか
DCF00471_convert_20190127172910.jpg
食欲もありませんでした。
なんだかだらだらと往きそうないやな予感がしていました。

ふと見ると今月必着の重要書類の封筒が出さないまま
ほったらかしになっています。
(ああ、どうせやる気が出ないのだから街の郵便局まで行くか)
と、出掛ける気になったものの、街まで往復2時間とガソリン代
1000円はやはりもったいないので郵便局のサイトを見てみました。
郵便番号から翌日に届くエリアだとわかりましたから月曜でも
間に合います。最悪、時間外窓口で速達にしてもらえばいい。

そうとわかればなんだかすごい得した気分になって、
その時間分作業をする気になりました。

お風呂の焚き付けにしている古新聞は
4年前にボート場で大量に売れ残ったものをもらったのですが
いよいよ残りわずかになってきました。
仕事がもらえなくて新聞紙が手に入ったことがどんなに幸せか
新聞を取っていた昔には思いもしなかったことです。
DCF00490_convert_20190127180305.jpg
でも、新聞紙より杉の落ち葉のほうが余程優秀な焚き付けです。
ただ、以前のようにトラックに山積みしてる余裕はありません。
DCF00480_convert_20190127170136.jpg
ダンボール5~6箱、ささっとコンパクトに
落ち葉を集めたつもりが、もう11時です。

それでもお腹はすきません。

少しパソコンで予約なんかの手続きをしてから
外に出ました。
DCF00481_convert_20190127170343.jpg
DCF00482_convert_20190127170557.jpg
屋根や雨どいマンホールの周りから集めた落ち葉や堆肥を
捨てに毎年一輪しか咲かない蔓バラにあげに行きました。
DCF00483_convert_20190127182510.jpg
セメントの袋は持って帰ってまた堆肥を詰めなくてはなりません、
がその前にチェンソーのおが粉を詰めて家に持って帰ります。
DCF00484_convert_20190127170809.jpg
DCF00486_convert_20190127182752.jpg
今週には足りなくなるお風呂の薪を作りました。
前回からチェンソーから出るおが粉も回収することにしました。
少しでも薪ストーブの燃料の足しになります。

家中のバスケットをかき集めたつもりが10杯にしかなりません
スーパーのポイントを使ってバスケットを買い足そう。
2往復する余裕もないし軽箱でも薪はまだまだ積めます。
DCF00487_convert_20190127171418.jpg
DCF00488_convert_20190127172739.jpg
DCF00489_convert_20190127172400.jpg
まだまだやりたいことはあるけれど、休日だし無理も利きません。
メンテナンスをしたやまびこやまさんで、トラぶった場所の朽木を
回収して空きのできた朽木置き場に補充しとかないといけません。

でもトラぶった場所に着く前に荷台は一杯になり
それを収める朽木置き場も一杯になりました。

まだ5時前でしたが、今日は久しぶりに杉葉の焚き付けで
お風呂も沸かさねばなりませんからこれでよしにしました。

気まぐれチェンソー

DCF00324_convert_20181021191030.jpg
ほんのわずかなごりの萩。
9月の10日に朝の犬居の気温が20℃を切りましたが
10℃を切る日はまだありません。
でももう朝晩は寒いのでようやく薪を作る気がわいてきました。
DCF00320_convert_20181021190110.jpg
昨日、土砂降りでひどい目にあって
チェンソーにも振り回され
今朝スタータを引くと
やっぱりエンジンがかかりません。

もう一度チェンソーの掃除をやりなおして
それでもかかりません。
(やっぱり昨日ショップによるべきだった。)

でもまてよ
10分ぐらいしてもう一度かけました
かかりました。でもエンジンを止めると
次がまたかかりません。
バーを下向き加減にしたら少しかかる感じ。
(燃料系統だろうか?)
休み明けにショップで見てもらうにして
だましだまし使っていましたら
昼ごろ調子が戻りました。
はー、寒さのせいなのかな。
DCF00318_convert_20181021185818.jpg
初出。シロコ号です。

薪を作ってから乾かすのではなく
倒木・朽木を乾かしておいてから薪にする作戦。
軌道に乗るといいのですが。

薪を持ち帰る準備をしていると
もう実の少なくなったエゴノキに
ヤマガラがやってきてみーみー鳴きます。
ときどきすぐそばまでやってきて
まるでえさをねだっているようでした。

そういえば星新一の気まぐれロボットは
おかしかったな・・・

いいわけ

昨日は寄り合いに出るため
すぐに帰路につきました。
汗だくで悲しいかな加齢衆も混じってくさいので
一風呂浴びたかったのですが、道中眠くなって
車を止めて仮眠しましたら遅くなりました。
とりあえず遅れてでも行くつもりで
いったんうちに戻りましたら、
気がついたら寝ていました。

薪割りの続き

DCF00166_convert_20180716104838.jpg
もったいないことをした。

細い木を伐って太い木を残すのがいいことだと、
そして太い木が健全に育つために細い木は
早く伐ってしまわねばならないと、そう思って
伐った細い木は枝の少ない良い木であって
残しておけば毎年わずかでも年輪が増えただろう。

たとえば
DCF00168_convert_20180716104621.jpg
いくら大径木でもこんな枝だらけの木を残したって
節だらけの板しか取れない。
よくない木の年輪が増えるのと
良い木の年輪が増えるのとどっちがいいか?

何をあせって早く間伐を済ませようとしたのか
細くても良い木を残すほうがよかったのではないのか?

しかも伐った木をすべて挽くことができず半分腐らせて
もう薪にするしかない。
それでも、もう薪がなくて背に腹は変えられない。

そのころ、心のどこかに(杉なんて・・・)という気持ちがあった。
たった2反の杉林。
自分の生きている間にはすべて伐ってしまって、
うちの修理だとか何かに使って
そのあとはウツギ平でやっているように自然任せの山になればいいと。

自然任せにしたほうが
いろんな木が生えて「生物多様性が尊重されることだろうと」だろうと

科学的根拠も調査データもないけど
ただの自然任せでは自分が思っていたのと
かけ離れて行くばかり。
かといって手を加えてみても徒労に終わることが多い。

頭の中の自然任せの山と
現実のうちの山には大きな隔たりがあって
自分で山に触れることでしか
その隔たりは解消できない。
たとえ自分がどんなにへっぽこであったにしろ・・・

救われたかった

いつもの出勤時間よりは少し寝坊しましたが
職場につく時間には作業を始めていました。
DCF00080_convert_20171112182115.jpg
DCF00076_convert_20171112182942.jpg
DCF00079_convert_20171112182510.jpg

先週の丸太から作った薪はずぶナマで
いますぐ使えるものではありませんでしたから
まず、乾燥済みの薪を取りに行かねば、今週のお風呂が焚けなくなるので。
DCF00074_convert_20171112183726.jpg
DCF00075_convert_20171112183257.jpg
DCF00073_convert_20171112184816.jpg
尾根の上に積んだ、タラノキを切り戻しした薪に手を付けました。
排水のいい場所に積んだ薪はよく乾いていました。
背板で作った屋根も雨よけの役目を果たしていました。

一端薪を家に置いて、
DCF00067_convert_20171112191550.jpg
先日、インコを病院に連れて行って、
経過は良好と診断されたのですが
飲水に混ぜた薬を「飲んでいますか」と聞かれ、
あまり飲んでいないけれどアオが口移しで餌を
キー子にあげているのでアオの飲んだ分も入っているはずです。
と答えたところ、
脂肪肝の治療にはダイエットが必要で、
相方が吐き戻した良えさを与えるとダイエットの妨げになるから
2羽を別々にしなさいと言われました。

もうひとつ鳥かごを買うなんて大変だし、
100均の洗濯カゴ2つで作った鳥かごよりも
もうちょっとマシなものは作れないかと考えて
DCF00070_convert_20171112185437.jpg
100均のバーベキュー網6枚を園芸用針金で結んで、
DCF00068_convert_20171112191236.jpg
はじめは結ぶだけでしたがちょっとかがり縫いみたいにして
DCF00069_convert_20171112190441.jpg
とまり木を4分板の端材でつくり
餌と水の容器はペットボトルその他をリユース。
扉はなく一枚の金網をそのまま開閉しています。
DCF00071_convert_20171112185114.jpg
底のバットは100均でも200円で売られていたトレーを使い、
材料費は9点でちょうど1080円でした。
いま、朝の室温が7℃で、もうインコシェルターに入れています。
シェルター内は60w白熱球と湯沸かしポット併用で15℃。
鳥かごを作ったらちょうどお昼で、午後からまた丸太置き場へ
薪を作りにゆきました。

DCF00065_convert_20171112192513.jpg
DCF00066_convert_20171112191951.jpg
紅葉して見えるのは山桜です。
DCF00061_convert_20171112193406.jpg
ゴジラの杉が見下ろす場所で薪割り。
うちの中は寒いですが、
外で働くにはなんていい気候。
真夏は週休2日の週でも
疲れきって土曜日はぐったりしていましたが、
じっとしていて寒いくらいが働くのにはとても楽な気候だと
ようやくわかってきました。

けれどもふと冷たい空気を感じると
山の仕事の現場も人も冷たく厳しかったことを思い出します。
あまりにもうまくいかなさすぎた、
なにか間違っている、これでいいのか?
今のところなんとかやめずに居られるのも
またどんでん返しがくるのじゃないか?

DCF00064_convert_20171112193028.jpg

薪割りのヨキを譲ってもらった達人のことが気になります。
溶接の仕事が減って車を手放したのでうちに来れないと言っていた・・・

ひと休みして電話をかけました。留守でした。
大事な人といつ会えなくなるかわからない、

インコのことばかりを心配して、
邪馬台国を探す旅などと言ってる間に
母親をなくしていたとも知らずにいたとは

DCF00072_convert_20171112184415.jpg
先週の薪はボイラの横まで運びましたが
DCF00060_convert_20171112194256.jpg
ずぶナマの薪は重くてたまりません。
ひとまず軒下に積んで水分が飛んでから移動するつもりです。
風が通るよう隙間を多くとって積みました。
今日はマイバスケット20個分。
薪カレンダーは1月1日からのカウントにして
とりあえず3が日分の薪は確保出来ました。

17時を過ぎてうちに入りもう一度達人に電話してみました。
電話の向こうから明るい声が聞こえてきました。
今日からみかんの仕事に行っている。
三ヶ日に通うのに125ccの中古のバイクを買ったと。

今の仕事を続けることができていることを喜んでくれて
職場の人とうまくやれているか気にもかけてくれていた。
達人の明るい声は自分にとってとても救いになったし、
達人の心配をしながら本当は自分が達人に救いを求めて
電話したのではなかったかと後になって気がついた。

今年はみかんを持っておじゃましますよ。
自動車でなくてスクーターだからたくさんは積めません、
なので何度も届けに行きますというので、
そんな無理しないで・・・といいかけて
(そうだ、それなら何度もカレーを一緒に食べられる。)
と思い、止めるのをやめた。
人生の達人・・・来てくれるのを待ってます。

からっぽ

恥ずかしながら・・・
DCF00400_convert_20170904054915.jpg
お風呂の薪がなくなったので
山の薪置き場へ取りに行きました。
DCF00396_convert_20170904060121.jpg

雨続きと蒸し暑さと虫の攻撃で草刈りはしてないし
山から足が遠のいていましたが涼しくなったので
行く気が起きました。
DCF00395_convert_20170904054223.jpg

今の時期バスケット一杯で十分のお湯がわきます。
シャワーにしてお湯を節約すれば一度で2日分のお湯ができます。
涼しくなったのでそうもいかなくなるかもしれませんが、
その計算で2週間分(バスケット7杯)だけ積んで帰りました。

写真のナンバープレートのところを加工するため
Ubuntuに画像編集ソフトmypaintをインストールしました。
ダウンロードに約10分かかりました。

DCF00397_convert_20170904055349.jpg
今積んでる山の他にもう一山薪はあります。

地道

DCF00037_convert_20170515203621.jpg
DCF00034_convert_20170515210653.jpg
昨日、GW翌週の日曜日
気がつくと11時まで布団でぐたぐたしている。
(地道にやるべきことをやるはずだったぢゃないか・・・)
カレーを食べたあと、おふろ用薪を取りに山へ。
仕事で汗だくになって毎日お風呂を沸かさずにはいられなくなったため。

雨で潤いを取り戻したヤブウツギ。
でも咲き誇っている感じには見えない・・・
晴天続きで乾いていた薪が湿っけてきた
梅雨入りする前に薪置き場の薪を
家のそばに運び込みたい。
DCF00036_convert_20170515204133.jpg
DCF00033_convert_20170515210140.jpg
DCF00032_convert_20170515202725.jpg
刈り払い機で(逆?)だるま落としのようにヤブを刈ったのは一昨年。
あとで良い大きさの薪が拾えるようにとやったけれど拾いきれてないのがある。
薪置き場から堆肥になりかけの朽木の薪をトラックに積む。
もっと積みたかったけどうちの薪置き場に運びこむのに
同じだけ時間がかかるからほどほどにしてやめる。
DCF00035_convert_20170515204958.jpg
諦めていたカラスウリが芽を出した!
再生する力を見て嬉しくなる。
DCF00030_convert_20170515205418.jpg

一週間

最近は仕事が終わると早く家に帰りたいのです。
仕事帰りに買い物で遠回りすると、
まっすぐ帰っても1時間かかるのに
すっかり遅くなってしまいます。

日曜日、天気は崩れると言っていたので
街に出て用事をまとめて片付けるか、
それとも週明けにするか迷っているうち
豪雨でもないのに停電しました。
外は雨うちは停電ではなんにもできない。
インコシェルターの白熱球も、電気ポットも消えたので
四羽+1人で出かけました。

今日はストーブで煮干しと昆布の佃煮を作りながら
お風呂を焚いています。

日曜日は市場に出かけ
月曜日にお風呂を焚いて・・・
あれ?
ロシア民謡の「一週間」
気になって調べると
火曜日にお風呂に入るというのです。
それで水曜日に彼女(彼?)に会うのか!?

一晩も置いたらお風呂が冷めるじゃないのか?
謎は深まりますが、
うちはそろそろお風呂が沸くので
月曜日にお風呂を焚いて
月曜日にお風呂に入ります。

テュリャ・テュリャ・テュリャ・テュリャ・テュリャ・テュリャ・リャ
テュリャ・テュリャ・テュリャ・テュリャ・リャ

はっ、
日曜日にコインランドリーに行った分の洗濯物・・・
まだ干してなかった。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます