FC2ブログ

いつもどおりの薪作り

5月3日
DCF00213.jpg
前の日のやりかけの薪作りの続きをしました。
この日は夕方から雨になる予報でせっかくの晴れ間に
たくさん作ろうと思いましたが
DCF00214.jpg
暑苦しくなりました。
初夏の感じがします。
DCF00229.jpg
DCF00230.jpg
ちょっと第3テラスの下の
ウワミズザクラを見にゆきました。
最大望遠(ガラケーの)でも
蕾なのか実なのかわかりません。
高すぎて実が出来たとしても
高枝ばさみでも全く届きません。
DCF00215.jpg
昼過ぎ頃から雲行きが怪しくなってきました。
スポンサーサイト



20%の晴れ確率

4日働いてまた休み。
今週は楽かと思いましたが
腰痛も完治しておらず疲れました。
それでも、天気予報とにらめっこで
また週末雨かと思いつつ作戦をねっていましたが
1日前に雨は18時以降と出てたのに安心して
朝ゆっくりしているとその日は朝から降水確率80%
に変わっています。
なのに外は晴れ
衛星写真も薄雲がかかっている程度。
慌てて10時から薪作りをはじめました。
DCF00943.jpg
手始めにおたま号の屋根下に置いた朽木から
DCF00944.jpg
はじめた途端西から雨雲がどんどん近づいてきます。
ときおり日差しをくれる太陽も今にも隠れそうで
切った分だけその都度バスケットに詰め込んで
一杯ずつ車に載せてゆきました。
DCF00946.jpg
何度かパラパラっと雨粒が来ましたが
とにかく空きのバスケットはなくなり。
本降りになるまで山を歩く余裕が出来ました。
DCF00947.jpg
あんまりきれいじゃないですが
また一箇所、椿が咲く場所を見つけました。

薪置き場A復活

DCF00887.jpg
先週は木曜日に小雪が舞っただけなので
一週間養生した朽木の薪は乾いていてすぐに使えます。
薪の長さもきっちりバスケットに揃えようと思うより
短めに切ったほうがバスケットからはみ出さずたくさん入ります。

DCF00886.jpg
いくら薪があっても水が出ないとお風呂に入れないので
帰ったらすぐお風呂を焚きます。
DCF00888.jpg
先々週、薪置き場9が空になったとき
角材を薪置き場Aに戻して広い方のAを
リセットすればよかった。
なんで気が付かなかったんだろう、と
9を空にするつもりでいたのですが
朽木は余りました。
それであちこちから薪置き場の材料になりそうなものを
かきあつめて
DCF00891.jpg
帯鋸に丸太を載せていた台車の一部とか
DCF00889.jpg
DCF00890.jpg
とりあえずボロのテントで覆いました。

挽いたとき「失敗した」とおもった板でも
いくらでも使いみちはあった。


山に立ち枯れや朽木が増えて
容易に手に入るようになってきた。
薪置き場の容量が少しでも増えたのは良かった。

雨の前に薪

日曜日は雨らしいので
起き上がって薪を作りに行った。
明け方までは温かだったのに
日が出ると寒くなった。
DCF00856.jpg
あれ、これは最近伐ったカラスザンショウ・・・
トゲがあって嫌だし、まだ乾いていないかも。
DCF00857.jpg
取り敢えず空になったバスケットはなくなった。
あのカラスザンショウはやっぱり生だったから
切ったけれどトタンの下に戻した。
DCF00858.jpg
来週のことを思えば
また朽木をトタンの下に集めたほうがいいけど
にわかに雲行きが怪しくなって嫌になってきたので
もうカエル。

エスケープ

祝日の月曜は村の用事ができてしまった。
年末から薪を作ってないので
今週の分がもうない。
せめて一時間でもほしい。
悪いけど明るいうちに抜け出してきた。
DCF00815.jpg
トタンもシートも風で飛ばされていた。
DCF00819.jpg
幸い雨は降らなかった。
DCF00820.jpg
殆どが立ち枯れしたタラノキの薪。

お風呂の薪

DCF00776.jpg
このコナラはうちの山では数少ない紅くなる木。
多くは、同写真下中央にあるような黄色。
DCF00782.jpg
こちらはヤブウツギの道のうえ、樫林にあるコナラ。
もうほとんど葉は落ちているがやはり紅くはない。

昨日はほとんど一日屋根に居たので
今日薪を作らないと今週分のお風呂が厳しい。

DCF00777.jpg
巻き置き場9の朽木、立ち枯れの木は
ほとんど乾いている。
DCF00779.jpg
シートの上で玉切りするから最後の小枝のきれっぱしまで回収。
こんなきれっぱしのほうが却って風呂に火をつけやすい。
ニコルさんの作るような立派な薪とは程遠い。
むしろ昔話のおじいさんがする柴刈だ。
DCF00781.jpg
バスケット13杯とおがくず一袋。
空のバスケット全部持ってきたから
2週間で13杯使った。
冬が来て仕事の汗もひどくなくなったから
ほぼ一日おきに焚いて
一度焚くのにバスケット2杯。
もう夏みたいな調子でいかなくなった。

とまれ全部積み込んで13:20。
年末までのお風呂は大丈夫。
さあ、今日はあとの時間、思うに任せて
好きなことができる。

にわか作りの薪

DCF00531.jpg
DCF00530.jpg
一週間で萩は見ごろを終えて
白っぽくなって散っていきます。
DCF00525.jpg
DCF00524.jpg
先週集めたばかりの朽木であまり乾いていませんが
来週は薪つくりはできないのでやってしまって
あとはひさしの下で乾かします。

車が代車なので汚すわけにいかず、
やまびこやまさんで薪を運びます。

もういちどシロコ号に会いたい。

朽木集め

DCF00510.jpg
もうホントに薪がない。
今日は薪作りをしたかった。
始めるのが15時ではキビシイ。
DCF00503.jpg
萩が咲いている
DCF00504.jpg
一昨年高くなりすぎた萩を低くしたら花をつけなかった。
一年たってまた背をのばした先に花がついた。
萩の寺みたいに低く仕立てるのは無理みたい・・・
DCF00505.jpg
DCF00506.jpg
草を刈ればもっと朽木が見つけやすくなるのに省略。

DCF00509.jpg
一時間で2週間分くらいの朽木を集める。
もう一杯分位いきたかったけど、切り上げて
うちで別のことをやるとすぐに17時。
バイバイバイバイ・・・

バスケット14杯

DCF00215.jpg
お風呂の薪がなくなったので
朽木のストックを切りました。
GWの終わりに集めた立ち枯れの木は良く乾いていました。
切り戻しをしたタラノキが立ち枯れたものが多く
つんとする香りがあります。

タラノキよりも他の木を育てたかったのと
タラノメは採りたかったので
切り戻しをして背が高くならないようにしたものが
他の木に隠れて立ち枯れたものです。

薪を切ったついでに
カラスザンショウの退治をしに行きました。

太くなってしまったカラスザンショウは
切り倒すにも掛かり木になって面倒です。
もっと早めに退治しておけばよかったです。

銀シート

DCF00566_convert_20190217175941.jpg
17日日曜日。
2時間でバスケット16杯。
1杯あたりのコスト41円。
薪が散らばるつどバスケットにつめたほうが、
空のバスケットをたくさん並べたほうが
やりやすいみたい。

この日は薪をカットするだけで
朽木を集めるところまで出来なかった。
ルーチン化するところまでいかない。

今週は船じゃなくシートを敷いておがくずを回収した。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます