FC2ブログ

キー子と萩

DCF00462.jpg
DCF00463.jpg
キー子に萩をあげました。
はじめは興味ありそうでしたが
食べないので
小さくちぎってみましたら
食べましたが、
すぐに首をかしげて私を見ます。

あ、そう、普通の餌がほしいのね?

えさ箱にいつもの殻つきミックスご飯を入れると
萩には目もくれず穀物を食べ始めます。

多少涼しくなって食欲アップ中のキー子です。
スポンサーサイト



ツマグロオオヨコバイ

DCF00466.jpg
DCF00467.jpg
DCF00468.jpg
DCF00469.jpg
大きなウンカだ、と思った。
逃げるでもなく同じところでくるくるくるくる・・・
「どうだい、俺の模様?」

(ああ、どれが目・目・鼻・口かわからんね。)

愛情がなくても

DCF00375.jpg
ドラム缶から避難させた金魚がまだ生きていて
アルトたちよりも大きくなりました。
ドラム缶に居たときいろいろ怖い目にあったのか
警戒心がつよくなつきません。
それでも屋外に出してエアフィルターをつけたせいで
水カビ病にも転覆病にもならず生きています。
お互いそんなに親しくないのですが
最低の条件が整えば愛情がなくても生きられる・・・
それもいいか。
愛情があっても環境を整えてやれないよりは。

キー子

DCF00374.jpg
残暑は続きますが日は確実に短くなり
キー子が起こしてくれる時間がどんどん遅くなります。
遠回りして帰るともう寝ていますから
休日ぐらいゆっくり顔を見たいと思います。

夏休みに毛を抜いていたと思ったら生え変わりはじめています。

ひぐらし

今朝4時頃からひぐらしの大合唱がはじまった。
インコの声ではなく、ひぐらしの声で目が覚めた。

先週、はじめて昼過ぎに合唱を聴いた。

先々週はじめてひぐらしの鳴くのを聴いた。

今日15時過ぎごろ雷がなって空が暗くなり
涼しい風が吹いたらひぐらしが鳴きだした。
それは夕暮れと勘違いだったのか、
雷が鳴り止んで日差しがもどると
ひぐらしも泣きやんだ。

イノシシ

日曜日、後半は
ピンポイント下刈りにしました。
DCF00303.jpg
DCF00304.jpg
ワイヤメッシュで囲った内側だけ
中の苗木を守るため手鋸で草をとりました。

長雨で人の近づかなかった山は
イノシシ天国になっていました。

イノシシの方こそ、自分たちの領土だと思っているのです。

DCF00301.jpg
第一テラス東側。
イノシシに喧嘩売る気で
作ったワイヤメッシュの囲い。
囲いの中を残してその周辺ぐるり
ものすごく掘り返されていました。
DCF00302.jpg
辛うじて囲いの中は無事でした。
畑を囲ったけど壊されたという知人が居ます。
ワイヤメッシュの勝利というより
囲いの中にどうしても食べたいものがなかった
と思っておくほうがよさそうです。
滞っているが囲いをふやさなければ。

DCF00293.jpg
薪つくりの場所もほじくられました。
DCF00294.jpg
すぐそばのヒメスミレを移植したポットは無事でした。
花の時期が終わっても実は出来続けています。
文字通りシングルマザー
結婚せずに自分のクローンを生むのはどんな気持ちか
・・・いや婚活もするけど結婚しなくても自分のコピーが作れるのだ


DCF00290.jpg
水溜りが乾いてできたぬかるみに
足跡が残っていました。
DCF00297.jpg
いつか作ったトンソクの足形
もうちょっと寄せて作ればよかった・・・

すべての囲いの中の草退治はできませんでした。
5月にやった場所ももうぼうぼうです。

キー子

DCF00298.jpg
たまの日曜日だから籠から出してあげるんだが、
肩に乗ったりしてくれるのはえさがほしいからで、
もらえないとわかるとカーテンのレールの上に行っちゃうから
現金だなあと思うけどずっとまとわり付かれるのは困るし
ほどほどに一緒に居られればそれでいいや。

友達のアオをなくしたけど
おなかがふくれて天気も良くなってくると
機嫌よくひとりで歌っている。
けっして悲しみで参ってなんかいない。
歌いたいときは歌い、ご飯も喜んで食べる。

世間で付き合いといえば一緒に食べたり飲んだりすることが多いし
食事に付き合うのは重要なコミュニケーションだと思えば
おいしそうに食べ終わるまでせめてつきあうよ。

それでキー子に話しかける。
「きみはボクだよ。」

ねずみとりにヘビがっ!

6月に自宅でいちにち休めたのは3日しかなく
ペースもリズムも乱れて、全然だめです。

なんとかごみ屋敷を片付けようと動き出して

ぎゃー!

ねずみの通り道にしかけている
粘着式のねずみとりにヘビがかかっていました!

<<以下 ヘビ画像 不快につき注意>>

続きを読む

やる気をなくした休日

DCF00141_convert_20190512172625.jpg
キー子を放したまま寝そべって
ぐだぐだしていると
顔面に着地してめがねをかじりだす。
指にとめてガラケーで写そうとすると
ガラケーにとまる。

おやつにシードをひとつまみあげて
自分もたまごかけご飯を食べる。

おやつをたべおわったら
ひとのどんぶりの縁にとまって玄米を食べようとする。
まえから思っていたけど、
たぶん人間もご飯を食べているのだとわかってる。

ダイエットのためえさを多めにあげないから
よけいおやつをねだりにくる。

キー子

DCF00078_convert_20190503192653.jpg
DCF00079_convert_20190503192906.jpg
独りぼっちになったキー子は退屈してストレスがたまるみたいで
えさ箱の横をくぐったり底にもぐったりしてカタカタ音を立てるので
可能なときは放してやることにしました。
3羽で放すといつもアオと遊んでいましたが
いまはときどきいちしんふたばの肩にとまって人のひげを
噛みます。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます