シェルターの外へ

DCF00501_convert_20180520084815.jpg
帰宅して星が見えてもすぐ家に入るほど寒かったのに、
この頃やっと夜風も心地よいくらいになったので、
インコもインコシェルターから出しました。

キーコの肝疾患以降
えさは体重の10分の1程度を守り、
(そうするとエサ箱の底にほんの少しの量になる。)

顔色というか表情も良くなってきました。
スポンサーサイト

26日朝

金曜日
インコたちに前の日に買っておいた殻剥きのエサを
エサ箱と別のお皿にたっぷり盛ってから仕事に出かけた。

60w白熱球は毎日6時起床18時消灯するようにタイマーをかけてあるし
じゃあな、行って来るよと言って出かけた。

キー子通院

DCF00174_convert_20180105214723.jpg
三ヶ日はほぼ寝正月で
4日目にようやく年賀状を書くと
すでに半日が過ぎて、
灯油とガスが切れて、そのためだけに街に出ると
夜になるので、どうせならばとキー子を病院に連れてゆきました

病院は浜松駅よりまだ南です。
帰りは真っ暗になりました。

体重が前回より2g減って37g
理想体重35gまで更にダイエットが必要。
まだまだ餌を減らしても大丈夫と言われました。
全然デブに見えないのに
デブだということです・・・

マツの日

12月23日。
チンゲンサイの切れっ端を持って
マツとソーダくんとシロ子の墓に参る。
DCF00164_convert_20171223203620.jpg
チンゲンサイなんかよりお花の一本も手向けてやればよかった。
この時期でも何かはないかしらと探しまわるも見つからず、
こんなことなら来年は切り花の一本も買ってやろう。
今年は22日の冬至も忘れなかった。
冬至の頃がお墓参りの時期でもある。

マツ、ゴメンな・・・
ソーダくん、シロ子・・・ゴメンな・・・

ウスタビガ

窓の明かりをめがけて
外からガラス戸をパタパタと叩く蛾がいる。
窓を開けて招き入れても寿命が尽きかけているから
死ぬのは見たくない・・・
休日の今日、外に回って蛾に挨拶に行ったら、
いきなり目に入ったのはちぎれながら窓に張り付いているもの
DCF00120_convert_20171126183409.jpg
ウスタビガらしい。
DCF00121_convert_20171126182953.jpg
窓を叩いていたのはこちらだ。
窓の外は蛾の観察ポイントなんだな。

分きざみ

キー子2度めの通院。(10月28日)
出勤と同じ6時半に出るつもりが
もたもたしてるうちに7時を回る。
ミドとアオで留守番させるつもりが早速大喧嘩してるので
仕方ない、アオも連れてゆく。
診察時間は9時からで、到着が9時7分だったけど、
患者(患犬、患猫、患鳥)でいっぱい。
片道ほぼ2時間で行けたがあと10分早めに出ればよかった・・・
動物病院を出たのが9時48分。

寒くなったけど着る服が少なくなった。
自分の普段着はサラリーマン時代の作業着とかYシャツだったが
それらは次々と仕事着になりボロになってゆくから、
以前リサイクルショップで新品の作業着1着100円で大量に買ったっけ・・・
(そうだブックオフで古着が売っていたぞ)
ブックオフに寄り道してフード付きのパーカーというかフリースみたいなものを
200円コーナーから見つけてくる。3着ゲット。
昼になったので最近気に入ってるうどん屋(ナザレ)で外食。
 
お祭りの役員さんに電話、用事ができて今夜の打ち上げには出られない旨。
その会合で会ってお願いごとをするつもりだった人の家へ直接出向く。

14時ごろ帰宅。
自治会費の集金で3軒を回る。
19時30分、集金した自治会費を納める会議。
20時帰宅。

21時 京都の実家に向けて出発。
DCF00019_convert_20171031183200.jpg

この夜の実家までの長距離運転が、
まるで24万6千光年の彼方への旅に思えてきたので
ラジオもない車の中でSFアニメの歌を歌い続け、
高校時代トモダチがファンで貸してくれた
久保田早希の「25時」なんかを思い出して口ずさんだりした・・・

シロ子

ご近所に不幸があって、
天涯孤独の自分が
もし死んだらインコたちも餌がもらえず死ぬのだろう
・・・なんて考えていた矢先だった。

今朝シロ子はとまり木に止まらず
網の上にいた。朝晩寒くなったし、
そろそろインコシェルターを出す頃かと思いつつ、
他の子より寒がりなシロ子を
手の中であたためてやると
嬉しそうに甘えた目でくちばしを開いて
手のひらをかりかりと舐めてくれたので
何度も頬ずりして出かけた。

10月10日晴れの特異日の今日は
真夏のような日差しでとても暑く
うちに帰ってしばらく横になっていたが
ミドがけたたましく鳴くので見ると
シロ子がエサ箱の下に潜り込んでいる。

またちょっとかまってやるかと
手に抱こうとすると
シロ子は冷たくなっていた。

疥癬症が出た時のようにろうまくが
少し膨れていたのと、
時し眠そうにしているのがサインだった。
でも痒そうにもしていなかったし、
このところ土日はすべて予定が詰まって
医者に見せにゆくことを考える余裕がなかった。

人のお葬式の手伝いに行った日、
独りインコのためにお葬式をすることになった。

ラブシーン

休日の日曜日。
有効利用のためしっかり計画を練ろう・・・と
思っていたのにダメでした。
トタン屋根を転げ落ちる梅の音が気になって、
DCF00155_convert_20170528215025.jpg
かねてからの計画通り、ことしは実が小さくても黒斑のでないうちに取るつもりで
すでに氷砂糖とホワイトリカーは買ってあったのでゲリラ的に梅の実を採りました。
しかし、1.8Lのホワイトリカーを買った時、その上の棚に2Lの梅酒がリカーより安く
売られているのには参りました。
DCF00153_convert_20170528215600.jpg
げ、ことしもまたカエルの卵が、トタン屋根に雨樋にそしてドラム缶では
DCF00154_convert_20170528215223.jpg
初めて見る産卵シーンでした。

タイマー

DCF00590_convert_20170316050745.jpg
1カゴにつき600円で預かってくれるペットショップが閉店して
一羽2000円あたりがペットホテルの安値だからとても4羽預けられず
去年は車で一緒に旅をしたけど長距離になるとインコもかわいそう。

毎日定時にON/OFFできるタイマーが欲しくて横浜へ行った折、
家電量販店に寄ったが1個3000円もして買わずに帰ったが
今回の京都行きのためにもう一度探すと安いのが出ていた。
ためらうことなく680円のを買ってインコシェルターの白熱球の点灯に利用した。
(写真ではプラグにセットせず置いただけ)

明かりの消えた夜間はポットと電気マットだけになるけど10℃は切らないはず。
明け方だけすこし我慢してもらう。

留守にしたのは一晩だったけど4羽の無事を見てホッとした。
心なしかインコたちもわたしが帰ってきて、いつもよりはしゃいでいる気がした。

DCF00468_convert_20170205103036.jpg
DCF00466_convert_20170205104139.jpg
アルトのそばで繭を拾いました。
オオミズアオでしょうか。
以前この手の繭が栗の木についていました。
これはアラカシの葉にくっついています。
中を割ってみると蛹の抜け殻がありました。
折り目正しいスーツのようです。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます