ウツギ

DCF00151_convert_20180607000148.jpg
第一テラスのウツギが咲いている。
いままでこんなに咲くことはなかった。

おぬしの頭もウツギよのう。

というとウツギのくきのように中が空洞だと、
お前の頭はからっぽだということだそうだ。

ウツギ平の名前はヤブウツギでなくこちらのウツギに
ちなんでいるが、
空木岳という山に本家の空木平があるとは知らなかった・・・
スポンサーサイト

ササユリ

DCF00140_convert_20180603013019.jpg
ササユリが咲き始めました。
あまり草を刈り過ぎてもいけないという人がいました。

エゴノキ

DCF00505_convert_20180525234815.jpg
給料日が土日にあたるので、
今月は一日早い金曜日のうちに支給がありました。
さいふはほぼ空だったので、たすかりました。


さつきつつじ

DCF00498_convert_20180523231547.jpg

GWの翌週です。

写真にとって見ると花より
向こうの松の枝がきたないのが気になります。

なごりGW

DCF00494_convert_20180522010134.jpg
連休前、第二テラスの日陰になったヤマツツジを救出するため、
その周りの木を切ったのですが、そこ以外にもツツジの場所があって
ここも救出しなくちゃと思っていたのに、
この写真を見てそのことを思い出す・・・

とっくに終わったGW

DCF00492_convert_20180520023527.jpg
DCF00493_convert_20180520023259.jpg
今年は春が早くてGWにはヤブウツギは散りかけていました。
DCF00495_convert_20180520023040.jpg
ウツギにとっては日当たりが悪くなって
エントランスからのウツギのアーチは年々地味になってゆきます。
DCF00491_convert_20180520023739.jpg
第一テラス下の作業道のほうが綺麗なヤブウツギがみられます。

GWはとっくに終わって
いまはエゴノキが咲いてそれも終わりかけています・・・

タンマ!

半月ほどブログを放置してしまいました。
貧乏暇無しって、
要領が悪くて仕事が進まず時間がなくなり収入も少ないのかな。

時間の流れは残酷で
春は過ぎ去ろうとしています。
しかもすでに真夏日。

例年なら連休後半のヤブウツギが咲き始めました。
ちょっと、タンマ!
DCF00486_convert_20180421203246.jpg
DCF00485_convert_20180421203625.jpg
この間、
ヤマブキが、シャガが、たんぽぽが里から上ってきましたが、
もう手帳に書いていられなくなり、もう花は行ってしまいそうです。
DCF00487_convert_20180421203014.jpg
DCF00482_convert_20180421204216.jpg
移植して2年目のヤマブキ。元気ない。
木を空かして日当たりを良くしないとダメかも。
DCF00476_convert_20180421204452.jpg
DCF00472_convert_20180421205943.jpg
DCF00475_convert_20180421205106.jpg
2月にホームセンターで見つけた「関山」という八重桜。
DCF00490_convert_20180421194557.jpg
DCF00489_convert_20180421195347.jpg
咲き始めの色が気に食わなくて失敗した・・・と思いましたが
後から桜色になるとは知りませんでした。
DCF00483_convert_20180421203941.jpg
去年は咲かなかった藤。
DCF00480_convert_20180421204807.jpg
DCF00479_convert_20180421213259.jpg
イノシシに荒らされた場所、ヒメスミレの生き残り。
DCF00469_convert_20180421210216.jpg
放ったらかしで埋めたままになっていたチューリップ。

あ、
DCF00466_convert_20180421212721.jpg
DCF00467_convert_20180421211126.jpg
ミツバツツジよりもほのぼのするヤマツツジの色。
DCF00468_convert_20180421210619.jpg
ヤマツツジに日が当たるように伐ったもみの木の残骸。
この調子で他のヤマツツジの周りも明るくしてやろう・・・
休みはもう一日あります。

スギの花

日が長くなってきました。
朝の景色は冬のままですが、
何かひとつでも春の指標が現れると
もう、完全な冬ではなくなってしまいます。

すべてが眠った冬の森でいるのはいつまで?

先週土曜日(11日)仕事で出かけた町の人家で
ロウバイが咲いていて、もう冬がおしまいに思えてきました。
その日の帰りに雨が降ってお風呂には入れたわけですが
日月と眠りこけてしまいました。

月曜の朝、淡雪が降って道もうっすら白くなっていましたが
もうひと寝入りしたらすっかり遅くなって道の雪は消えていました。
DCF00300_convert_20180214204956.jpg
でも淡雪は風にのって流れてゆきます。
DCF00299_convert_20180214211943.jpg
山の手前のスギがやけに赤茶けて見えます。
スギは常緑じゃないよな・・・なんて前から思っていましたが
急に茶色が強まって見えたのは
DCF00298_convert_20180214212237.jpg
枯れ葉のせいというよりは
DCF00297_convert_20180214212808.jpg
スギの花が色づいてきたためのようです。

茶色のスギは春の指標かもしれません。
スギは早くも冬からいちぬけた、と言ってるようです。

草ボウボウのうちの山に萩が咲いた。
DCF00855_convert_20171010044343.jpg
DCF00861_convert_20171010043252.jpg
DCF00873_convert_20171010041042.jpg
雨ざらしのまま壁もできていないバラックの周りにも
DCF00871_convert_20171010041637.jpg
DCF00863_convert_20171010042745.jpg
DCF00866_convert_20171010042237.jpg
去年低いところで刈った株にはあまり花がつかなかった。
背の高いままにしておいた株から花が枝垂れてきている。

分け入るのも大変。
本当に草刈りをしなくては・・・いつ?

DCF00189_convert_20170610110413.jpg
デタラメに枝を切った柿が花を付けた。
一昨年は豊作で去年が不作、
毎年収穫するためにも剪定が必要だとあったが
一昨年の豊作の前にはかなりの枝を切っていた。
でも平均化はしなかった。

一昨年の豊作は剪定の結果だと思っていたら
町中どこもが大豊作だったみたいで
ことしはなり年だと思うけどはたしてどうなるか。

柿の花を見ながらどの枝に実がなるのかなんて
興味を持つのはことしが初めてです。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます