クマイチゴ

1週間溜めた洗濯物を干して
夕べはお風呂に入らないで寝てしまったから風呂を沸かして
ごみ捨てもしなくちゃ・・・
でも、せっかくの休みうちの山をちょっと見に行こう。
DCF00519_convert_20160612131214.jpg
が、そのままいちごタイム。
昨日雨が降らなかったから甘い。
車からビニール袋を探してくる。
DCF00507_convert_20160612130825.jpg
草ぼうぼうのウツギ平、
去年刈り残したニガイチゴがたくさん実をつけた。
まだ実は小さい。
たとえ低木でも年数を経て大きくなった株の方が
美味しい実をつける。
去年同様、歩ける場所だけは確保できるよう草刈りもしなくてはいけないけど
大きくするイチゴの木はしっかり残さなくては・・・
DCF00508_convert_20160612130914.jpg
違う種類もあった方が良いなと刈り残したのは
エビガライチゴではなくクマイチゴだった。
果肉がしっかりしていて香りも良い。
これも別の袋に集める。
DCF00504_convert_20160612130719.jpg
歩くのがやっとになってきたけど、
それでも去年結構刈ったつもりだったから
おそらくササユリも見られないだろうと思っていた。

もうそんなに慌てて森にならなくてもいいよ。
ゆっくりいこう。
DCF00511_convert_20160612131337.jpg
草を刈ってわらび畑にしたつもりの藪で
そこここにぽつぽつとピンクのユリを見る。
DCF00517_convert_20160612131016.jpg
ホントに歩くのがやっと。
でも何だかゆっくりしたくて腰が上がらない。
DCF00518_convert_20160612131453.jpg
山頂広場だけは先週、草を刈った。
ここは単に「藤の丘」と呼び名を変える。
スポンサーサイト

ヒメスミレ

休日ごとのうちの山だから
季節の移り変わりはコマ送りで見ているようです。
DCF00400_convert_20160516202309.jpg
里ではありきたりの草花がぽっと現れるとうれしい。
DCF00403_convert_20160516202156.jpg
ヒメスミレの実が、鎌首をもちあげている。
DCF00407_convert_20160516202106.jpg
ここに種をまくぞ、と言わんばかりに伏している。
(怪獣ビオランテみたいだ)

パン種

先日のつくもので美味しくなかったものに
メシロップを挙げました。
エアコンのない車で街を走ると清涼飲料の誘惑があります。
今年は梅シロップを作ったので水で薄めてがぶ飲みできると喜んでいたのですが、
大量の砂糖を溶かした水に梅の味がついているだけで身体を傷つけるような気がしました。
ニガイチゴで大量のジャムを作った時も、市販のイチゴジャムを使わなくて済むどころか、
余りジャムを食べたいと思わなくなりました。

コレーリョの本に「朝、オリーブオイルを塗ったパンとコーヒーの食事」、
「パンをオリーブオイルに浸して食べた」と2箇所も出てきたので、
トランス脂肪酸がいけないというマーガリンをやめて、自分も試してみました。
すると、いつも4斤ぐらい買って帰る78円の食パンがあまり美味しくないのです。
マーガリンに含まれていた香料にごまかされていたのかもしれません。

ふと発泡した梅シロップが天然酵母にならないかと思いました。

ネットを参考に
梅シロップ25cc
強力粉120g
水適量でパン種を作り、常温で一晩おいて今朝、ホームベーカリーの
天然酵母メニューで焼いてみました。ホームベーカリーはリサイクルショップで
3000円で手に入れたナショナル製品です。
DCF00394_convert_20150809144653.jpg
少し小さいですがふくれました。
DCF00393_convert_20150809144733.jpg
出来立てを無理に取り出したらちぎれてしまいました。
DCF00392_convert_20150809144848.jpg
味はオリーブオイルとよくなじみました。

聖書の中に「パリサイ人のパン種に気をつけなさい。」という言葉があります。
きっと雑菌が入ってうまく膨らまないのだろうと思っていました。
これを書くにあたり少し検索してみましたがどうもそうではないようで、
良く知らないでそれに触れるのはやめにしました。

森の哲人ソーローは粉をこねるだけのパンを焼いて食べていました。
パン種を入れて美味を追求しなくても簡素に暮らすことはできる意味だったと思いますが
それだけではない文化的な背景があったのかもしれません。

梅シロップを使ったパンはほのかな酸味があります。
パンを作るのにパンより高いレーズンで酵母を作るなんてできない。と
あきらめていましたがホームベーカリーの性能もあり、
また梅シロップは実験材料としてはふんだんにあります。
またやってみます。

クサイチゴ氷練乳がけ

朝涼しくても夜が暑いです。
冷凍庫に去年のクサイチゴがあるのを思い出しました。

雨上がりに採ったクサイチゴは水臭くてそのままでは美味しくありませんでした。
インスタントコーヒーに入れる牛乳を切らした時のため買った練乳をかけてみました。
DCF00377_convert_20150807052050.jpg
クサイチゴ氷練乳がけ
OK

ニガイチゴをバニラアイスに載せて食べるのも美味しいですが、
30分かけてわざわざアイスを買うのはきついので

屋根の上の梅


右が梅酒で左が梅シロップ。
梅シロップは焼酎を注がない分、空き瓶に隙間が出来ている。
昨日スーパーで黄色くなった梅がええねだんで売られているのを見て
残った梅を採っても損にはならないと思った。
DCF00089_convert_20150615125141.jpg
トタンにペンキを塗るときに上る場所から回り込んで
屋根の上になっていた梅も採る。
梅の実は赤いところもあり、斑点も出ていた。
3瓶作った梅シロップの隙間に斑点付きの梅を補う。
時間差があってもいいのかちょっと不安。

コバノガマズミの味


ウワミズザクラは花は地味ですが紅葉します。
DCF00155_convert_20141112175304.jpg
コバノガマズミは一粒食べたのでは味がわかりません。
この束ごと口に入れて初めて味がわかります。
サルになった気分。
DCF00197_convert_20141112173751.jpg
去年届かなかったヒノキの枝を切り。
DCF00215_convert_20141112173155.jpg
木くずよけゴーグルは4個入りりんごのパックで作りました。
DCF00216_convert_20141112174042.jpg
DCF00207_convert_20141112174233.jpg

チップソー研ぎ1枚。
壁用の板2本、鴨居に入れる凸加工。
枝切り、第二、第三、ウワミズザクラのテラスまで。
笹刈り、カシ林、第一、第二テラス。
春に笹を刈っておいたので去年よりも楽。
暗くなり笹とクロモジの枝を見間違うので引き上げる。

しいな

持ち帰った栃の実を
洗面器に入れ水を注ぐと
大半が浮かんでしまった。

浮かんだ実を切ってみるとカビに冒されていた。
わずかに水に沈んだものをポットに植えてみた。

クヌギのどんぐりは春まで根が出なかった。
栃の実はどうなんだろう。
自然状態なら根が出ようが出まいが
土の上に転がっているはずなんだが。

P1000081_convert_20141027135017.jpg
昨日は食欲がなくて晩御飯を食べずに寝た。
朝からさんまを焼く。
石のかまどは撤去したのでバーベキューコンロを使う。
帯鋸小屋でのんびり焼く。
P1000106_convert_20141027135101.jpg
山の上のほうから紅葉が下りはじめている。

tag : トチノキ

今朝は15℃。
夕べ寒くて毛布を出した。
お腹が湿った服のまま寝てしまったせいか
毛布の中で服を脱いだら暖かくなった。
P1001029_convert_20140921094831.jpg
昨日まで蚊が飛んでいたのに・・・
P1001046_convert_20140921094529.jpg
たくさんついてると思った栗がほとんどない・・・
高枝バサミを持ち出す。収穫はこの一つだけ。
P1001035_convert_20140921094930.jpg
栗の木の下にイノシシの別荘があって
まだ食べる前のいがが一個あった。
ヨコドリする。
P1001041_convert_20140921094640.jpg
此処に陣取って栗が落ちるのを待ち、
拾ったらもってきて食べているのだろうか。
では、
ちょうど今から食べるつもりが邪魔者が来たので
栗を置いて逃げたかな?
草刈りしてないから、文句を言うつもり無い。
P1001054_convert_20140921094409.jpg
面白い雲。
P1001075_convert_20140921095836.jpg
P1001050_convert_20140921095559.jpg
おが屑置き場を移動するつもりで
少しずつ運び出す。
またカブトの幼虫がいる。小さい。

コンポート

P1000668.jpg
おつとめ品でなくも食パンが安い。

冬の朝、ストーブが温まる前に
トーストが食べられるので
朝食はもっぱらパンになってしまった。

ジャムを塗ったトーストがあれば
お菓子もケーキも必要なく、
50円のジャンボどら焼きも買わなくなった。

今度はそのジャムを自給できないか
ニガイチゴで試してみたが、
煮込むと粒がイクラのようにバラバラになってしまう。
P1000738.jpg
シロップに漬けるだけか
あまり煮込まない方法(たぶんはれがさやさんのページに紹介されていた)
があるらしい。


コンポートというらしい。
この動画では砂糖と2時間なじませて
2~3分煮て実を出すといってるのだろうか。

今は冷凍庫もあり保存の意味でジャムにする必要がないのだろう、
食べる都度少量つくればよいようだようだ。

P1000012.jpg

結局砂糖漬けを作りすぎたので
殺虫のため一度冷凍して
火にかけずに試食した。

味が控えめ過ぎる。

ただ、では市販のジャムは何の味なのか。
食べ比べてふと考える。

今後必要があれば少しだけ火にかける。

ニガイチゴ採り


普通電車を乗り継いで昨日帰ってきた
P1000818.jpg
気になっていたのはイチゴで
クサイチゴは終わり
ニガイチゴがこぼれるように熟れていて
もう一雨来たら流されそうなので
ボールを持って採る。

これくらいあればジャムも作れる。
ニガイチゴが育つように何かしたわけでない。
何をする才覚もなく無為でしかいられなかった結果
去年より少し多く採れた。

丁度丸太が地面を覆っているところで
よく実のなった木があり、
マルチと同じ効果かなと思う。
これは全く意図したことではない。
P1000724.jpg
くずれたニガイチゴでいちごミルクにしてみる。
牛乳と砂糖の味が勝ちすぎて本来の味わいが消える。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます