充実

DCF00394_convert_20170827220519.jpg
コンビニで喉の乾きを癒やす。
(極楽極楽)
ふと見上げるとぽっかり雲が。

DCF00393_convert_20170827221004.jpg
DCF00392_convert_20170827221228.jpg
「もう、みょうがの花が咲いちゃって・・・」
自分はもう夏ミョウガは終わりだと思っていたら
これからが夏ミョウガの時期だと聞く。
うちの裏の藪に潜り込んでみる。
DCF00391_convert_20170827221558.jpg
(あった・・・)
その足で遠ざかっていたうちの山を見にゆく。
DCF00390_convert_20170827221904.jpg
ツチアケビができている。
ツチアケビを漬けた焼酎は甘かった。
「あけび」というくらいだから生でかじってみた。
甘ニガかった。

ぶぶぶぶぶぶぶぶ
たちまちアブ、藪蚊なんかに取り囲まれ
手や顔を刺されてブクブク。
我慢しきれず退散。
スポンサーサイト

土用干し

梅雨明けと宣言されてから
梅雨入りしたような天気が続いています。

梅シロップを作って氷砂糖がなくなって
まだ余っている梅をダメ元で梅漬けにしました。
昨年、食塩18%にしてカビが出たので塩分高めにするつもりでしたが
梅を漬けるとき、予め梅酢も仕込んでやれば失敗が減るとあったので
先行して漬けた追熟の梅からとれた梅酢をたっぷりいれました。
梅は後から後から落ちてくるので瓶満タンまで入れたところ
塩分濃度が低かったのか発泡が始まりました。
梅干しを漬けて発泡するなんて聞いたことがありません。
慌てて冷蔵庫に入れて塩も追加して発泡は収まりました。

梅の熟成はわかりにくいですが青梅で漬けたのと違って
漬かってみると果肉が柔らかくとろけてきています。
このままではドロドロの梅漬けになりそうなので、
DCF00323_convert_20170729172152.jpg
すでに先週から用意してあったざるで干しました。
竹のざるはカビが生えて朽ちてしまったので今回はプラにしました。
(トタン屋根のペンキがはげてきたなあ・・・)
今日の天気予報は曇り時々晴れ。
今年の土用の入りは7月19日。土用の明けは8月6日だそうです。

梅を干したその足でミョウガを探しにゆきました。
DCF00322_convert_20170729171912.jpg
ミョウガを植つけた家の裏で少しですが出ていました。
花が咲かなくても見つけられるようになりました。
帯鋸小屋の横や上はイノシシに荒らされて何もありません。
草刈りをサボっているのですっかりイノシシ天国になっています。
DCF00329_convert_20170729181836.jpg
ミョウガの梅酢漬けはこれっぽっちしかできませんでした。
お昼のそうめんの薬味にもしましたが、
どうもヒキガエルやヘビやネズミが行き交っていると思うと
よく洗っても生では美味しく感じられませんでした。

柿酢で漬けたピクルス、梅味噌、ミョウガの味噌漬け、どれもカビが生えて
泣く泣く処分したので、もう日持ちさせるには梅酢漬けしかありません。
貴重な梅酢です。梅酒、梅シロップ、梅干し、どれも実の方が副産物で
エキスのほうが本命みたいに思えてきました。

午後、ほんの少し山へ行きましたら急に雨が降ってきました。
慌てて家に帰り梅を軒下に入れました。

クマイチゴ

DCF00211_convert_20170615203435.jpg
もはや草ボウボウの第一テラス。
草をかき分けクマイチゴの場所へ。
木いちごのたぐいはたくさん育てるよりも
一本の木を大きく育てるほうが味も量もよくなるみたい。
この日は寄り道せずに帰ったのでありつけた。
まだ青い実も多いので、スーパーの誘惑をたち切ってまっすぐ帰らねば・・・

DCF00210_convert_20170615204520.jpg
茂みの中にササユリが隠れている。

ツチアケビ

DCF00166_convert_20170604210530.jpg
あっというまにエゴノキは散ってしまいました。
DCF00172_convert_20170604202655.jpg
先週は嵐で停電もありましたが
ことしは雨が少ないです。
DCF00169_convert_20170604204255.jpg
つるバラ
DCF00170_convert_20170604203409.jpg
ネジキ
DCF00171_convert_20170604203109.jpg
コアジサイ
DCF00168_convert_20170604204859.jpg
埴輪みたいな生き物。
これは見覚えがあります。ツチアケビです。
その時敷島博士に紹介して頂いた
ツチアケビ酒は味が良いのでまだ取ってありますが、
三年前見て以来姿を消してしまいました。
DCF00167_convert_20170604210232.jpg

以前見た場所から10mほど離れた場所です。
他にも保護したい苗がいくらでもあるのに
ワイヤメッシュで囲ってネットを張りました。

あとは薪集め。
ことしは雨が少なくジメジメしていないので
とても楽です。薪も乾いています。

ラブシーン

休日の日曜日。
有効利用のためしっかり計画を練ろう・・・と
思っていたのにダメでした。
トタン屋根を転げ落ちる梅の音が気になって、
DCF00155_convert_20170528215025.jpg
かねてからの計画通り、ことしは実が小さくても黒斑のでないうちに取るつもりで
すでに氷砂糖とホワイトリカーは買ってあったのでゲリラ的に梅の実を採りました。
しかし、1.8Lのホワイトリカーを買った時、その上の棚に2Lの梅酒がリカーより安く
売られているのには参りました。
DCF00153_convert_20170528215600.jpg
げ、ことしもまたカエルの卵が、トタン屋根に雨樋にそしてドラム缶では
DCF00154_convert_20170528215223.jpg
初めて見る産卵シーンでした。

塩蔵わらび

DCF00495_convert_20170219210617.jpg
今日がうちの裏の梅の開花日です。
一昨日の雨と昨日の陽気が効いたと思います。
今朝はとても寒かったのですが
日差しが出るとそんなに苦にはなりませんでした。
DCF00496_convert_20170219210334.jpg
オートサイフォンは一度凍るとリセットが必要で
たまった雨水が排水されていません。
金魚はまだ何尾か生き残っています。


DCF00502_convert_20170219203724.jpg
塩蔵したわらびを食べ切らないうちに春が来ます。
流水に一晩さらすと何もかも抜けきった味になるので
今回は3回(三晩)溜めすすぎしただけで煮ました。

味付けは減砂糖中につき、
酒:醤油=1:3でコップ一杯分を鍋に加えました。
煮込むとわらびが縮むのは、そういうものなのだと
教えてもらったので縮む一歩手前で火を止めました。

灰汁汁と食塩の分離も併行してやってます。
先に濾過しておくと汚れが多少取れます。

サワガニの素揚げ

まだしつこく雨が降る。
ゼウスの黄金もびっくりな感じで
暗い夜道に降り注ぐ。

落ち葉が雨に打たれている。
時々ぴょんぴょん跳ねるカエルがヘッドランプに照らされる。
コロコロしたタヌキが逃げてゆく。

紅い落ち葉に足が生えて動いて見える。
雨の日に道を横切るのはカエルだけじゃない。
雨が降ったらカニを取りに行こうと思っていたが
機会に恵まれなかった。
昨夜は何度も歩くカニの横を通過した。
よし、この帰り道で取るぞ。

ハザードをつけて、見つけたカニの手前で止まる。
ビニール片手に車外に出て滝のような雨に打たれる。
次はビニール傘をさした。
次のは側溝に逃げられた。
DCF00054_convert_20161029060431.jpg
濡れるのはもうたくさんだ。

以前、サワガニを飼おうとして死なせてしまった。
どんな生き物とでも心を通わせるヒロインの出るアニメの話。
あれは嘘とは言わないが、
自分にはトモダチになれるのとそうでないのとがいる。
そう割り切った今日このごろ。
DCF00053_convert_20161029060708.jpg
二匹のサワガニに塩をして
油で揚げてみる。

抵抗感はあったがイナゴの佃煮よりは遥かに美味しい。
集団旅行の食事で出てきた記憶がある。
山仕事をしていた時、
「昔、業者がサワガニを一匹5円で買い取りにきたので
お母さん連中にはサワガニ取りが小遣い稼ぎになった。」と
聞いたことがある。

これなら食べ物になる。
2匹しか取れなかったけど
見逃したカニはまだいた。
カニが歩く特別な日があるのだろうかと
月齢をチェックする。27、新月間近。
偶然か?

わらびの煮物

DCF00052_convert_20161024223044.jpg
塩蔵しておいた蕨を塩抜きして
砂糖と醤油で煮た。

塩抜きするとアクが抜けるが
あの甘い香りも抜ける。
ちょっと古ぼけたような味が残るので
そのまま醤油マヨネーズで食べるのは無理かと思い煮物にした。

煮物にするとわらびって結構味のするものだと思う。

タマゴタケ

DCF00982_convert_20160910191354.jpg
 先日のタマゴタケとねぎの味噌汁が美味しかったので
今度はタマゴタケのだしだけで作ってみました。
もしそれで美味しければ放射性物質を測定してもらえばいい・・・

うん、たしかにコクはあって、ソテーするよりもよほど無理なく食べられる。
でも、先日のは鍋に残った前の料理の味だったか。
舌がひりひりして、後味悪い。

タマゴタケのみそ汁

DCF00970_convert_20160908185547.jpg
台風は温帯低気圧に変わったと聞きました。

雨どいもドラム缶も気になっていたのですが
低気圧の影響か寝坊して、慌ててうちを飛び出したので
今日はどんな被害が出るか心配でしたが大したこともなく
安堵しました。
風で木が倒れて停電の憂き目にあうと、
もう、冷蔵庫の中身は覚悟しなくてはなりません。

昨日のことです。
DCF00974_convert_20160908185939.jpg
今年は梅雨時のタマゴタケは見かけませんでした。
いま秋雨時期のタマゴタケが出てきています。
DCF00973_convert_20160908210043.jpg
野生のキノコがベクレているニュースをよく見ます。
3.11の年だったかタラの芽の測定をしてもらいましたが、
その後は何もしていなくて気持ち悪いのですが、
では、もうワラビやミョウガは食べてしまっているのはどうなんだ。

一本だけ、採ってねぎとタマゴタケの味噌汁にしました。
みそが貰い物のだし入りみそだったためか。
みそ汁を作ったフライパンにはその前に作った「お肉と玉子のクルクル」の
エキスが残っていたためか、
それともタマゴタケのたまごあじのだしが出たせいか、
見た目以上にうまかった。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます