青い鳥がいなくなる。

青いインコが目の前で洗面器のお湯に溺れて死んだ。
こんなバカ親に飼われて不憫だ。
そういえばヒヨドリの時にシャワーはダメだと確かめたのに
あんまり気持ちよさそうだったから、いつの間にかエスカレートしていた。

薪つくりも灯油ストーブも断熱材も
インコと一緒に暮らせるから張り合いがあった。

もっともっと幸せな顔をさせてやろうと思ったが。
青いインコは笑ったまま逝ってしまった。
スポンサーサイト

留守番

昨日はマツ(十姉妹)の命日でした。
朝から用事で出かけたので
お墓には今日参ります。

出かけるときに灯油ストーブをつけておきました。
DCF00847_convert_20141224083006.jpg
(12時の位置の炎)
燃焼つまみを12時の位置にして火がともったのですが
DCF00804_convert_20141224083928.jpg
白いインコが「寒い」のポーズをするので
1時の位置まで緩めました。

買い出しをして帰るとすでに14時間が経過しています。
2羽が元気にしているか心配で帰り道を急ぎました。
DCF00839_convert_20141224083124.jpg
DCF00800_convert_20141224084057.jpg
玄関の戸を開けて「おおい!」と呼びました。
DCF00791_convert_20141224084154.jpg
(1時の位置の炎、出かける前より弱い。)
鳥かごの温度18℃。2羽とも無事でした。

今朝の室温マイナス1℃。
マイナス3℃よりはましですが
もう薪を3缶分焚いています。
DCF00828_convert_20141224083709.jpg
DCF00783_convert_20141224083550.jpg
(この2枚は一昨日の風呂写真)

誤解?


雨ですが、こんな日でも遠くでチェンソーの音がしています。
DCF00537_convert_20141204111743.jpg
DCF00530_convert_20141204111919.jpg
夕べも寒かったのでインコを風呂に入れました。
この子らは自分では水浴びしないくせに
風呂に連れて入ると喜びます。
程よいシャワーにするため
自分が入る以上に薪が要りますが
裸の付き合いは良いです。

青い子が温度計の下に入るのは
湯たんぽを取り換えた時そこが暖かいと
気が付いたからのようです。
寒いと白い子も機嫌が悪くなるみたいです。
お風呂がよほどうれしかったのか今朝は良い子にしています。
鳥かごを別にするほどのいじめはなかったのかもしれません。

雨、煙突が長くなったこと、一夜干しの薪のためかストーブの火が弱い。
ちょっと悪条件が重なるといっぺんに状況が悪くなります。
室温はそこそこでもインコが寒がる。
(ストーブの移動が悪かったのだろうか)

直接床に置いていた鳥かごをストーブの給気口より高くして
屋外の煙突も予備で買ったものを継ぎ足して高くしました。

今は二羽とも機嫌よく大根の葉をかじっています。

(万一ストーブの灰箱をやめて台所に戻すとして
その時灰箱はプランターにします。)

毎度のこと

家庭内の不和は飼い主の不徳。

青い子が温度計の影に隠れるようになりました。
エサは大粒のほうが美味しいみたいですが
白い子は小粒をごみのようにはじいて
大粒ばかり食べます。
2つあるエサ箱ですが青い子をどちらからも追い払い大粒を独占し、
青い子がブランコで楽しそうにしているだけでもつつきます。
白い子と別のかごにしてもまだ温度計の影にいます。
湯たんぽの暖かさのせいかもしれません。
DCF00433_convert_20141130171357.jpg
白い子を100均かごに入れると悲しがって
DCF00426_convert_20141130170230.jpg
外に出ようともがき、青い子が心配して見に行きます。
DCF00420_convert_20141130170003.jpg
2羽とも放してやるとまた青い子をつつくので
青い子驚いて飛び上がりました(火は焚いていません)
DCF00500_convert_20141130170333.jpg
鳥かごを替えてみました。
白い子は余裕を取り戻しゆうゆうと羽繕い。
DCF00485_convert_20141130170534.jpg
一日一羽でいるとさすがにあせりだし、
またギャーギャーと暴れています。
憎めないのですが
青い子がいじめられるのは堪りません。

一羽になった青い子は平気ですが
エサを替えてやるとき私の手にじゃれ付くようになりました。

寝るときには同じかごにしますが、
途端に白い子が威張りだします。
すぐ毛布を掛けて真っ暗にします。

今日は買い出しに出たのでインコの近況にしました。

アイコンタクト

DCF00251_convert_20141120133155.jpg
今朝の室温7℃。
鳥かごの中14℃。

朝、お湯を取り換えて
昼に室温11℃。
鳥かごの中16℃。

今日は雨です。

気温の割に冷え込み、
ロケットストーブの給気口のように
風がどんどん入ってくるので、
去年同様障子に雨戸をはめ込みました。

チェンオイル用に天ぷら油をろ過しました。

インコたちの顔を見て目と目を合わせると
気持ちが伝わるようです。
ご飯を食べている青い鳥に声をかけていると
白い鳥が割り込んできて青い鳥を追い払います。
見ている前でエサを食べ羽を繕い、
何だか電車の向かいに座った娘が化粧直しをしているのを
見るような気分です。

私のそばでエサを食べたいのかな?
愛すべきいじめっ子だと
思い始めています。

そのいじめのほうは、青い鳥が
負けなくなってきて収まり始めています。
ポヨンとした最初のころの顔つきがなくなってきました。

私と白い鳥が見つめ合っていると
ブランコの上から少しにらんだ眼をしている青い鳥。
見たままの表情で気持ちを理解してもいいのかなと
思うほどインコたちには表情があります。

防寒部屋

去年自分が使っていた
屋内防寒テントですが
今年、中にいるのはインコたちです。

けれど今朝のテント内床温度8℃。
自分の寝室は13℃もあったのに。

ジュウシマツは15℃で元気がなかったのですが
インコたちはまだ元気です。
でもうかうかしていられません。

DCF00182_convert_20141105180748.jpg
へっぽこながらのこぎりを研いで、
枝切りに出かける、その前に
DCF00103_convert_20141105181221.jpg
段ボールと断熱材でインコたちの防寒部屋を作りました。
DCF00161_convert_20141105180938.jpg
中にあるのは栗の枝で作った専用エサ箱です。
早速研いだのこぎりが役に立ちました。
DCF00174_convert_20141105181357.jpg
「?」
エサ箱に慣れさせようとしたのですが
青い鳥は気が付きません。
DCF00169_convert_20141105181034.jpg
「あ、こんなところにゴハンがあるわ!」
DCF00165_convert_20141105181126.jpg
「あんたになんか、あげないわよ。」
DCF00102_convert_20141105181557.jpg
さて、夜になりました。
二羽が喧嘩をしないか
気が気ではありませんが・・・

別居

また白い鳥がバカ鳥をいじめる。
別居させるつもりで帰ってきた。
P1000008_convert_20141024224042.jpg
100均の洗濯物かごで鳥かごを作る。
白い鳥は元のかごに戻りたがる。
P1000016_convert_20141024224339.jpg
2羽を入れ替えてみる。
いやがりもせず、
一人楽しそうにブランコ遊びをする。
P1000011_convert_20141024224528.jpg
2羽でなければ性格の違いは判らなかった。
P1000001_convert_20141024224620.jpg
一羽ずつ分け隔てなく大事にしたいと思う。

帰路

帰路に就く。
電車に揺られて帰る。
接続はスムーズだった。

インコたちを迎えに行く。

「帰ったよ。また一緒に暮らそう。」

いじめの連鎖




白い鳥はぶりっ子鳥だったのだろうか。
バカ鳥へのいじめが激しさを増してゆく。
顔の周りがかゆいときだけ仲睦まじく掻きあっているが、
弱いものをいじめる快感を覚えたのだろうか、
バカ鳥は白い鳥を警戒し始めている。
P1001213_convert_20141014224017.jpg
放鳥すれば関心がそれる。

P1001227_convert_20141014223731.jpg
さかなの世界にもいじめはあるというが
この2匹は大きさが逆転しても相変わらず仲がいい。
飼った生き物を好きになるかどうかは
毛並みとか顔のつくりではなく、
条件反射をなついていると思い込むことでもない。
P1001218_convert_20141014223909.jpg
叱ってもわからない。
わりばしをおもちゃとして入れた。
遊ぶのはバカ鳥で
白い鳥はいじめをやめない。
P1001237_convert_20141014224504.jpg
お互い一人ぼっちは寂しい、
なのに白い鳥はいじめ
バカ鳥はいじめを我慢する。
見ていられない。
ほのぼのとした気持ちが消えてゆく。
P1001214_convert_20141014225034.jpg
P1000715_convert_20141014224317.jpg
白い鳥のいじめは
自分の心に伝染する。
(あるいは柳里美の小説に毒されたか)

鳥たちの、特に白い鳥の嫌がることはしないよう
気を使ってきたが、ついに白い鳥をつかんで羽を広げ
初列風切を一枚おきに爪切りで切る。
その時自分の心に浮かんだものは「野生と家畜」
白い鳥は動きが鈍りバカ鳥を追い回せなくなった。

水浴びデビュー

うちの前の工事は今日で大体終わりみたいです。

バートンのちいさいおうち(オリジナルの絵本)を思い出しました。
ここが大都会になるなんてありえませんが。
P1000712_convert_20141008180320.jpg
風呂場への通路の桟橋のへりを踏むと傾いてこけそうになったので
足を付け替えました(製造物自己責任です。)

今朝は16℃。
食洗器が壊れたままで食器が溜まり
ボイラーの湯を流しのホースの元に接続。
判っちゃいるけどやらなかった薪湯沸かし器による皿洗いを実行。

まだぬるま湯が残っています。
P1001186_convert_20141008180059.jpg
お湯をお風呂のシャワーに切り替えて
お湯に放物線を描かせて
バカ鳥たちの水浴びデビューです。
P1001199_convert_20141008175736.jpg
P1001202_convert_20141008175637.jpg
仕上げはいつものドライヤー。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます