分きざみ

キー子2度めの通院。(10月28日)
出勤と同じ6時半に出るつもりが
もたもたしてるうちに7時を回る。
ミドとアオで留守番させるつもりが早速大喧嘩してるので
仕方ない、アオも連れてゆく。
診察時間は9時からで、到着が9時7分だったけど、
患者(患犬、患猫、患鳥)でいっぱい。
片道ほぼ2時間で行けたがあと10分早めに出ればよかった・・・
動物病院を出たのが9時48分。

寒くなったけど着る服が少なくなった。
自分の普段着はサラリーマン時代の作業着とかYシャツだったが
それらは次々と仕事着になりボロになってゆくから、
以前リサイクルショップで新品の作業着1着100円で大量に買ったっけ・・・
(そうだブックオフで古着が売っていたぞ)
ブックオフに寄り道してフード付きのパーカーというかフリースみたいなものを
200円コーナーから見つけてくる。3着ゲット。
昼になったので最近気に入ってるうどん屋(ナザレ)で外食。
 
お祭りの役員さんに電話、用事ができて今夜の打ち上げには出られない旨。
その会合で会ってお願いごとをするつもりだった人の家へ直接出向く。

14時ごろ帰宅。
自治会費の集金で3軒を回る。
19時30分、集金した自治会費を納める会議。
20時帰宅。

21時 京都の実家に向けて出発。
DCF00019_convert_20171031183200.jpg

この夜の実家までの長距離運転が、
まるで24万6千光年の彼方への旅に思えてきたので
ラジオもない車の中でSFアニメの歌を歌い続け、
高校時代トモダチがファンで貸してくれた
久保田早希の「25時」なんかを思い出して口ずさんだりした・・・

スポンサーサイト

シロ子

ご近所に不幸があって、
天涯孤独の自分が
もし死んだらインコたちも餌がもらえず死ぬのだろう
・・・なんて考えていた矢先だった。

今朝シロ子はとまり木に止まらず
網の上にいた。朝晩寒くなったし、
そろそろインコシェルターを出す頃かと思いつつ、
他の子より寒がりなシロ子を
手の中であたためてやると
嬉しそうに甘えた目でくちばしを開いて
手のひらをかりかりと舐めてくれたので
何度も頬ずりして出かけた。

10月10日晴れの特異日の今日は
真夏のような日差しでとても暑く
うちに帰ってしばらく横になっていたが
ミドがけたたましく鳴くので見ると
シロ子がエサ箱の下に潜り込んでいる。

またちょっとかまってやるかと
手に抱こうとすると
シロ子は冷たくなっていた。

疥癬症が出た時のようにろうまくが
少し膨れていたのと、
時し眠そうにしているのがサインだった。
でも痒そうにもしていなかったし、
このところ土日はすべて予定が詰まって
医者に見せにゆくことを考える余裕がなかった。

人のお葬式の手伝いに行った日、
独りインコのためにお葬式をすることになった。

タイマー

DCF00590_convert_20170316050745.jpg
1カゴにつき600円で預かってくれるペットショップが閉店して
一羽2000円あたりがペットホテルの安値だからとても4羽預けられず
去年は車で一緒に旅をしたけど長距離になるとインコもかわいそう。

毎日定時にON/OFFできるタイマーが欲しくて横浜へ行った折、
家電量販店に寄ったが1個3000円もして買わずに帰ったが
今回の京都行きのためにもう一度探すと安いのが出ていた。
ためらうことなく680円のを買ってインコシェルターの白熱球の点灯に利用した。
(写真ではプラグにセットせず置いただけ)

明かりの消えた夜間はポットと電気マットだけになるけど10℃は切らないはず。
明け方だけすこし我慢してもらう。

留守にしたのは一晩だったけど4羽の無事を見てホッとした。
心なしかインコたちもわたしが帰ってきて、いつもよりはしゃいでいる気がした。

一度見たら忘れられない写真

昨日は風が冷たくてコインランドリとガソリンスタンドと
コイン精米とスーパーを回って震えながら車に駆け込み、
二俣の温度計4℃、横川の道の駅0℃、旧春野高校2℃を見ながら
帰宅すると室温は4℃。インコシェルターは10℃でした。
それでもインコたちは寒いのポーズはしてないので一安心したものの、
自分が寒けりゃインコたちもだ。
シェルターに入れたのが三叉プラグでよかった。
白熱球+座布団サイズ電気マット+電気ポットで14℃に。
DCF00321_convert_20161217164219.jpg
DCF00326_convert_20161217163856.jpg
DCF00313_convert_20161217162617.jpg
DCF00316_convert_20161217162852.jpg
DCF00322_convert_20161217162346.jpg
DCF00323_convert_20161217161618.jpg
DCF00308_convert_20161217160114.jpg
DCF00309_convert_20161217160355.jpg
写真を撮るとその距離感からいちばんの親密さがわかるのだと、
(だから自分はあまり人物写真は撮りたくない)
昔、NHKの日曜美術館である写真家の身近な人を写した
写真集の中でお母さんの顔が最大のアップになっているという回があって、
テープの関係で番組の途中しか録画できず、どこかで見たような名前を
暮鳥」とビデオのタイトルにしておいたものだから、とうの昔に紛失してしまったビデオを
もう一度見たくても写真家を調べたくても無理なまま諦めていた。
霧の中を子どもたちがかけていくような写真など一度見たら忘れられない。

ミドの写真を見ながら、ふと
(あれは ごちょう ではなかったか)と思いつく。

果たして結果は大当たり。
偶然、
牛腸茂雄の展覧会が東京で今月末までやっているとも知る。

忘れられない写真といえば他にダリウスキンゼイがある。
以前にリンクしたそのページは移転していた。

シロ子

昨日は朝一でシロ子を病院に連れてゆくつもりでした。
DCF00009_convert_20161001200008.jpg
鼻のろう膜が腫れて以前罹った病気の前兆かと気になっていたのですが、
いざ見てみると腫れが引いている。痒がってもいないので出掛けるのはやめにしました。
DCF00010_convert_20161001200340.jpg
朝から土砂降りの音がしていたのですっかりドライブするつもりでしたが、
止んだみたいなので何週間ぶりかで山に入りました。
 撮れませんでしたが子鹿が二頭駆け抜けてゆきました。
DCF00013_convert_20161002044908.jpg
萩が咲いていたようですが
雨に叩かれ色褪せています。
DCF00012_convert_20161001200701.jpg
草むらを歩くと雨の露で服がぬれ
まだやぶ蚊がいて顔と手を刺されました。

萩の花芽

にわか雨に濡れながら
萩の花芽を摘んで、
(家を出る前に約束したからなあ)
鳥かごにセット。

DCF00010_convert_20160919144513.jpg
DCF00005_convert_20160919143744.jpg
その三白眼やめろよ。
DCF00008_convert_20160919144114.jpg
DCF00001_convert_20160919143334.jpg

おたま号トモダチに会う

DCF00954_convert_20160908210352.jpg
本日もわざわざのおはこび、ありがとうございます。

先日、うちのおたま号をさんぽに連れてやりましたら、
仲間を見つけてクンクン鼻を鳴らしていました。

うちのは、日産バネット。
出会ったのはマツダのボンゴ。

シロ子

DCF00551_convert_20160622212643.jpg
シロ子のくちばしが治っている。
ちゃんとした鉤型に戻った。
DCF00555_convert_20160622212535.jpg
最近は朝しか会わないから
休日には小松菜のサービス。
みんな口の周りが緑色に。

インコのカイセン症

シロ子のくちばしの変形は直らないばかりか
口の周りを痒がって掻いて腫れだしたので
やはりおかしい、と思い購入したお店の人に相談し、
小鳥も専門にみている別の病院を紹介してもらいすぐに行ってみたところ
お店の人が心配した通り「カイセン症」という病気でした。
DCF00335_convert_20160523005446.jpg
ひどい顔になったシロ子に謝りながら毎週日曜日、3週通院して
DCF00427_convert_20160523005304.jpg
今はまだ傷んだ組織が回復していませんが、
嘴も直るでしょう。と言われました。
DCF00426_convert_20160523005337.jpg
ダニの寄生によっておこる病気だということで
キー子にも症状が見られ、予防のため4羽とも治療を受けました。
3週、薬を飲ませたので寄生しているダニはもう死んでいるということでした。
自分が山からダニをひっつけて帰るので
いつまで通院しなくちゃならないのか心配しましたが、
鳥に寄生しないと生きられないダニで感染経路は鳥どうしの接触によるもの。
人のダニとは別で、他の鳥と接触したか元々いたのかだといわれました。

冬の間インコシェルターで飼っていたことが原因かと思いましたが
シェルターがダニにも良い環境だったとはいえ、シェルター内で発生した
ダニではないことがわかって少しホッとしました。

浜松市街を通り越してそのまた向こうまで片道3時間。
途中、自分が入院していた記憶がよみがえる場所を通ります。
退院しても、いつまで安静にしてなくてはならないのか
こんな自分にいったい何ができるのかわからなかった頃に
出会った小鳥、十姉妹のマツやインコのそーだくん、
あの子たちが戻ってくるなら、可能な限りの治療代は払ったでしょう。

それでも来週からはうちの山のことが出来ます。
そして病院にも連れていける収入があって良かったなと思っています。

ミミズコンポスト

かごの鳥に同情したのは
自分が社会というかごの鳥であるのを哀しみ
同病相哀れんだのだ。
DCF00437_convert_20160424180723.jpg
古いフォルダを見ていてソーダくんに出くわす。
同じインコなのに二人と同じ心のものはいない。
どこか天使のような可愛らしさがあった。
ソーダくんばかりをひいきして、失うことになったと思う。
DCF00264_convert_20160424173047.jpg
いじめに負けない強さも必要だけど、
三白眼で、それでもいちしんふたばに寄ってくるミドは
赤塚不二夫のギャグマンガに見える時もある。
DCF00261_convert_20160424173706.jpg
今日は朝からかごの外に出してやるけれど
その飼い主の暮らすかごの中を飛び回っても
飼いならされていることは飼い主と同じ。

死んだ金魚のアルトの処理をする。
水槽の水を処分する。

去年秋からミミズコンポストを試していた。
どうしてもショウジョウバエが侵入する。
暖かくなってどこからもぐりこんだか?
あるいは生ごみにに雑じってか普通の蝿までいる。

もう室内に置くのは無理だ。
カブトムシ堆肥置き場に捨てに行く。
ミミズの赤ちゃんもいっぱいいるが蝿の赤ちゃんもいる。
分離するのは難しい。

インコにはお墓を作ったのだけど
金魚のアルトはミミズに分解ししてもらうことにした。
黄泉の国のイザナミのように。

DCF00229_convert_20160424175742.jpg

この先、生ごみは木製コンポストの方に捨てる。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます