持ち込んだもの

DCF00603_convert_20170423205757.jpg
アルトの後ろから第一テラスに降りる道
DCF00601_convert_20170423210338.jpg
何を写すつもりだったのかな
ビンカ峠のある方角の山だったか。
DCF00599_convert_20170423220132.jpg
カラスに襲われないようにシェルターで育てたチューリップ。
4年前に買った球根の代替わり。
このシェルターで保護していた挿し木のまたたびは芽を吹かなかった。
DCF00596_convert_20170423220617.jpg
町で採取した綿毛はセイヨウタンポポだと気がついて、
ビニール袋にしまったまま蒔かなかったはずなのに。
DCF00594_convert_20170424031158.jpg
春夏と順調に育っていたのにウサギの食害を許してしまったカラマツ・・・
DCF00464_convert_20170424031516.jpg
ごめんよ、また一からやり直させて・・・
DCF00463_convert_20170424031908.jpg
今年はやられないようにしなければ。

基本的には自然に生えてきた木で林を作るつもりだったけど、
なかなか好きな木が現れてくれなかったり、欲しい木ががあったりして
移り住んだ当初から色々持ち込んでいる。

里山は人工林の一種なのだし、「こんなもの自然じゃねえ」と
言いたい奴にはいわせておくだ。
スポンサーサイト

イノシシ対ワイヤーメッシュ

去年、山に目が行き届かなくなったためか
イノシシが幅を利かせて、あちこち掘り起こされ、
マイバスケットでカバーしたヒメスミレは全滅しました。
第一テラス東側では以前にイノシシが掘った穴をおがくずで埋めて
堆肥になるのを待って次、何かの植え穴にしようと思っていましたら
そこをむちゃくちゃに掘り返され
DCF00509_convert_20170226195417.jpg
DCF00507_convert_20170226195828.jpg
今度も間一髪で大事な苗は助かりましたが。
その気になればヒメスミレのようにひとたまりもありません。
DCF00556_convert_20170226191937.jpg
第一テラスを囲い込んでイノシシを締め出すため
まずはワイヤメッシュを4枚組んでロの字からスタートです。

第一テラス東はできるだけ自然に、あるがままに森ができるのを待つつもりでしたが
それは他の場所でそうなりつつあります。
この場所をあるがままにしておけばイノシシ天国になるだけです。
錆びたメッシュも塗装済みのメッシュも関係なく無効な箇所を取り外して移動させました。

ロの字では心もとないですが、
やがて日になり目になり田になればイノシシに対抗できるのではと思います。

梅も咲いたし、他の木々も水を吸い上げ始めているのでしょう、
ポットに入ったままの苗が気になります。
DCF00559_convert_20170226190918.jpg
牛乳パックのクヌギも根がポットの下の地面にまで達しています。
場所を探してはスクリュー式の穴掘り器で穴を開け、
DCF00558_convert_20170226191429.jpg
苗をはめ込んで、
DCF00554_convert_20170226192418.jpg
コーンをかぶせますが、
また藤蔓を見つけました。
タラノキに絡みついているのではしごを掛けても木に触りたくありません。
DCF00553_convert_20170226192744.jpg
刈り払い機を使います。
実はまたかかりが悪くて、
自分でした修理がまずかったかと思い、
ホームセンターではなく以前もお世話になった専門店に見てもらいました。
何度スターターを引いてもかからなかったものが全く大丈夫でした。
どうやら寒さのせいだったようです。
2サイクルエンジンで使えるのか知らないが万一のため買った水抜きも不要でした。
今日は日中暖かだったので。

背の届かない藤蔓を斬って思いつきました。
DCF00550_convert_20170226193330.jpg
DCF00549_convert_20170226194523.jpg
杉の枝きりに刈り払い機を使ってみます。
刃の届く高さの枝は付け根を残して先に払ってしまいます。
DCF00548_convert_20170226194936.jpg
あとから手鋸で枝の付け根を切ります。
ちょっと失敗しましたが・・・

今日はもう眠いのでこのへんにします・・・
おやすみなさい。





金網

DCF00486_convert_20170212185652.jpg
作業道から公道への土砂の流出を止めた金網。
オニグルミのガードとして再利用していた。
もう一度土砂を抑えてくれないか?
けれども下半分はかなりボロになってきた。
DCF00485_convert_20170212195748.jpg
ボロの部分をシカが角こすりしたらしいコナラに巻きつけた。
このくらいの太さなら1mちょっとあれば足りる。
寒いけれど夏に虫に噛まれながらやるよりマシ。
コナラは笹を刈ったとき見かけて気になっていた。
DCF00482_convert_20170212191725.jpg
そのそばで藤蔓の巣を見つける。
DCF00480_convert_20170212192759.jpg
収穫収穫♪
DCF00483_convert_20170212191305.jpg
這い上がって第一テラス。
DCF00484_convert_20170212190811.jpg
寒くても日は長くなった。
DCF00481_convert_20170212192323.jpg

DCF00479_convert_20170212193128.jpg
16:50


ワイヤメッシュ解体

DCF00471_convert_20170205102306.jpg
先週末、少しでも日当たりのいい場所を探して
ビンカ峠まで行ってみると富士山はよく見えましたが
ビンカ(イヌツゲ)が生えるところはとても寒いのだと
人から聞いたとおりとても寒かったのです。
DCF00469_convert_20170205103856.jpg
立春の声を聞いた途端
あたりで梅の花が咲いているのが気になり
冬景色を撮らずに春になるのかと慌てます。

育てている苗を山に植えるにはガードが不可欠で、
ワイヤメッシュを買って錆止めしなくちゃと思っていてできず、
新品を錆止めせずに使うよりは
無塗装で使ってすでに錆びているものを解体することにしました。
DCF00465_convert_20170205104549.jpg
うさぎよけのネットを外し、
シカは2mは軽くジャンプするので
入り込んでも助走ができないように囲いは狭く、
イノシシの体当たりに耐えるよう、ダイヤモンドの結晶のように
三角に連結し、延長してきた針金を切っていきます。
三角にすることで支柱を省略し、
それぞれの囲みごとに苗を植えるつもりでしたが
苗が育てば隣が近すぎて勿体無く思えてきました。
DCF00462_convert_20170205105830.jpg
オニグルミや
DCF00464_convert_20170205105058.jpg
ハナミズキでないミズキ、
DCF00452_convert_20170205123037.jpg
クリの生えている囲いはそのままにして、
DCF00463_convert_20170205105524.jpg
生えてもらって困る笹を保護している不必要なメッシュは
草刈りがしやすいように囲みを解きます。
頑丈に組んだので針金を取るのに手間取りました。
ワイヤメッシュ1枚350円ぐらい。
そんなに枚数ははずせなくて時給にして600円行くかどうか、
(買ったほうが早くないか?)ふと思いました。
使い捨てではないものを再利用するだけで節約ではないにしろ
600円稼ぐのにも自己資本が必要です。
よくわからなくなりました。まあいいや。
DCF00460_convert_20170205130023.jpg
スプレーで塗装したメッシュもサビがひどくてはずしました。
DCF00472_convert_20170205101952.jpg
スプレー以前に手塗りをしたところのほうが残っています。
DCF00459_convert_20170205110704.jpg
まだ時間も立っていませんが錆色の錆止めにドボ漬けしたのはしっかりしているようです。
ただ、ドボ漬も結構塗料が無駄になりました。
DCF00458_convert_20170205121106.jpg
一斗缶に牛乳パック9個分のどんぐりを入れてバスケットをかぶせておいたクヌギは
100%大丈夫でした。すでに根っこは土の下にまで伸びています。
別の囲みのあるところに避難させます。
DCF00450_convert_20170205111825.jpg
解体したメッシュを寝かせておいては
また草が生えると取りにくくなるので
寸止めにあった実生のバスケットを囲んで仮止めしました。
DCF00449_convert_20170205113348.jpg
春になったらトチノキを植える場所にもメッシュを移動させました。
無駄のようでもスポット的に使うほうが良さそうに思うのは
山の木が育ってきたせいかもしれません。

笹刃

何もかもやりかけで、でも
先週気になったのは笹。
DCF00448_convert_20170122163742.jpg
研いで使えるチップソーがいよいよなくなってきました。
チップが歯だとすると、
歯が抜けてしまったもの、
研ぎ過ぎたり欠けたりで根っこだけが残ったもの
研げばまだ使える歯はわずかで歯抜けなもんで、
大して威力が出ない。

以前農文社のムック本でみたチップソーを笹刃として再生する仕方は
まず、だめになった歯を全部抜く、
そのあとグラインダーで笹刃をつくるというものだった。
使える歯がもったいなくて、なるだけ自然に取れるのを待っていたけれど
なかなかしぶとくて地面の石も何度か刈ってしまっても取れてくれないので
いよいよハンマーで叩いて抜歯。
カナどこが欲しくてもないので切り株の上で叩く。
DCF00447_convert_20170122163934.jpg
以前トライしたのは軟質の刃だったので笹刃の形にしてもすぐ切れなくなった。
(どこかにアップしてたと思ったのに自分でも探せない。)

グラインダはないので例によって
帯鋸の目立て機を使う
目立て機の砥石のほうが減るのではと心配する。
チップの破片が飛ぶ、いけない。
対ショック対閃光防御(なんのことはない防護メガネをかけただけ)。
DCF00445_convert_20170122164257.jpg
夏には草が生い茂っていた第一テラス、
DCF00433_convert_20170122164710.jpg
緑に光る笹は探しやすい。
笹を駆除するには生育期のほうが良いが
使用目的だと冬に刈るほうが良い。
(今年は何かに使ってやろう)と夏の笹刈をサボった。
プロは11・12月に新月伐採するのだと聞きかじったので
ではわれも・・・と思いつつもう1月。
このままでは今年の夏、笹が勢いつくばかりだ。
久しぶりで楽しい、あっという間に昼になる。
楽しいということは刈り払い機の切れ味もそこそこ良いのだ。
DCF00431_convert_20170122165057.jpg

午後は第二テラスに移動

落葉樹林にするのだと意気込んだ第一テラスでは刈ってしまったカシの木が
第二テラスではそろそろ薪にしても良い太さになってきた。
第一テラスの失敗を第二テラスに活かしたい・・・
DCF00425_convert_20170122171034.jpg
豪雪地帯でないうちの冬の山は春夏秋の表情も持ち合わせる。

働いて現金収入ができると、
これまでよりもお金の節約を考えるようになった。

田舎暮らしにはお金に替えられないものがある。と
人が言った時、(よく言ってくれました!)と思ったけど、
最近思うのは
お金を払うということは自分の時間を買うこと。
働くのは自分の時間をお金に変えて、
そのお金で自分の失った時間を買い戻す。
(コンビニ弁当、特急料金、薪作りの時間を補うための灯油代など)
田舎に暮らす人だって都会と同じTVを見て
都会と変わらないほどせかせかして見える。

だからせかせか働いて、
自分の自炊能力を上回る効率でコンビニ弁当を作る人と、
時間を賭けた戦いをしているのかもと。

自分は時間とお金だけのものさしで、
時間を味わうことを忘れていない?
まだそこまでの値はなくても、
うちの山を味わうことを忘れていない?
DCF00424_convert_20170122172622.jpg
第二テラスで太くなった藤の蔓をGET。
持ち帰る。

カラスウリ

DCF00993_convert_20160911113116.jpg
上澄みのカビを除き煮沸した梅酢で漬けた
ミョウガはその後カビが増殖することもなく食べれました。
でも来年はカビが出ないように梅を焼酎で消毒しようかと思っています。
DCF00992_convert_20160911113433.jpg
職場の母屋の裏にカラスウリがなると聞きました。
いまうちにあるのは飯塚のボタ山から採ってきた種。
休憩時間の雑談で、
カラスウリは5~6年たたないと実がならないと知り
DCF00991_convert_20160911113854.jpg
昨日見つけたヒトか動物か山芋を掘った後の穴に
鉢の土を崩さないようにそのまま移植しました。
DCF00990_convert_20160911114207.jpg
ユウマダラエダシャク(?)
DCF00987_convert_20160911114944.jpg
ワイヤーメッシュの準備が間に合わない
からまつですが、
夏を越して安心したころの被害の発生時期、
かじられた木の高さなどから
ウサギの仕業じゃないかという気がします。
DCF00985_convert_20160911115933.jpg
使っていないコーンをかき集め
高さが振り出しにもどった苗木にかぶせました。
被害を受けなかった苗も1本、
下枝を切り詰めてコーンの袴をはかせました。
怒ってもしょうがないし、
めげずに出来ることを続けるだけです。
DCF00988_convert_20160911114649.jpg
草ぼうぼうはひどさを増しています。
DCF00984_convert_20160911120859.jpg
もうヤマジノホトトギスが咲き始めています。

からまつ

いちしんふたばは本当に学習能力がない。
南信までからまつを見に行ってるまに、
自分のからまつ、
DCF00983_convert_20160910190937.jpg
お盆までは大丈夫だったので油断していました。
25本植えた11本がやられてしまいました。
トチノキやクヌギの苗はワイヤーメッシュの囲みで守っていましたが
からまつはノーガードで狙われるのを覚悟で草刈りもしていました。


同じくらいのスギやヒノキには目もくれず、なぜ今になってからまつを・・・
しばらく山に通わず方々をほっつき歩いていたので
動物が我が物顔で山をあらし始めたのかもしれません、
DCF00981_convert_20160910194935.jpg
どうも人間が荒らしたような穴もあります。
山主が定職につくと守りが薄くなります。

今育ってきているスギヒノキも
度重なる食害に耐えて背が伸びてきたものもありますが、
一度味を覚えた木は苗を引き抜いてまでかじられます。


たぶん苗をかじった獣を憎み切ることはできないに決まっています。
どんな樹種でも例外なく、いっぽんいっぽんガードするしかないのか。
これからワイヤーメッシュを買ってまた自分で錆び止めをしなくては・・・
苗の値段が安かろうが、自分の思いれがあるほど、ガードをしなくては。
苗の値段よりコストがかかったとしても・・・

Aちゃんから獣害で荒らし尽された山の話を聞きましたが、
身につまされます。
からまつをかじられたことなんか書きたくなかったけど
やっぱり獣害はあるんだと事実を載せておこうと思います。

からまつ

DCF00717_convert_20160730184742.jpg
3月に植えた時、腰ほどの高さだったが、もう自分と肩を並べている。
シカには、ひとかじりもされていない。
確かにとても生長がはやい。
なんだか頼もしい。
もし、もっと早くからまつを植えることを思いついていたら
今頃、カラマツ林が出来ていただろうか?
植えたはいいが欠点の多い材。戦後の一斉造林では
売り先に困って見放されたからまつが多いという。

多分、うちの山では見放されることはない。
いちしんふたばが生きてさえいれば。

たとえこんな歳になった今からでも、心の原風景を作りたい。

森の恵みで生きるのでなく、
森の存在が励みになって、森を維持するために仕事を探して生きる。
自分の存在が恒続林の証になれば・・・
持続性可能な認証なんてなくてもいい。

草刈り

梅雨の中休み。
暑くなるとイヤになるので
朝5時前に草刈り開始。
DCF00628_convert_20160702192054.jpg
せめて歩くところだけでも作っておかないと
山に入れなくなる。そして笹退治も。

虫が怖い。
メッシュのつなぎはキイチゴのとげに引っ掛かると
なかなかはずれないのでやめにして、アンダーウエア―も長袖でいく。

まず歩く道を刈る。
それから落ち着いて眺めれば刈るべき笹も見つかる。
が、まずは歩くところ。

DCF00622_convert_20160702191604.jpg
そして気になっていたからまつの周りを刈る。

これまでススキの中からスギが生えてきたので
からまつも草に埋もれさせとけばいいやと思っていたが
最近借りた本の、島崎洋路先生の落葉松の列状間伐の執筆のなかで
「からまつは陽性の樹種で林分を放置しておくと下枝の枯れ上りが激しく・・・」
とあるのを見て思い直した。
うちの山でのスギはヤシャブシやヌルデくらいの木の下からなら平気で育ってくる。
が、からまつを育てるのは初めて。
からまつにはスギよりももっと光を当ててやらねばならないかも。
DCF00624_convert_20160702200145.jpg
ススキを刈ってみるとからまつが光を求めて苦しんだ様子がうかがえる。
この程度の藪でならスギはまだ真っ直ぐしているはずだ。

なんて、言っても植えたのはたったの25本。
先日苗木の請求が来て代金は振り込みました。

失業者対策の山仕事をしているとき聞いた杉林に施した列状間伐の評判が悪かった。
手入れの遅れたカラマツ林に用いる施業を択伐の可能なスギ林に施したためかと思われた。

仕事始め

とても暖か。
今日から山にチェンソーの音が戻った。
DCF00748_convert_20160104205041.jpg
人並に正月を過ごしたかったいちしんふたば。
人並に仕事始めもしたかった。
DCF00749_convert_20160104204948.jpg
何からしようか。
はじめは簡単そうなことから。
手の届く範囲の枝切りの続き。
DCF00747_convert_20160104205133.jpg
枝を切るとき、
板を切っていて節に出合ったのと同じ感触。

ああ、板になる前に山にあるうちに節を切っておくということか。

枝を切るということはつまり、
自分はこの木を伐って利用するつもりなのだという意思表示。
枝を切られたこの木はやがて幹も伐られる運命にある。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます