FC2ブログ

ガンダム

You Tubeのガンダムが佳境に入って
第41話を3回も見返してしまいました。

主人公アムロが敵の少女ララアを死なせてしまう、
お互いの精神が交差してわかりあえたかもしれなかったのに

「ガンダム」の世界では人間の中から
「ニュータイプ」と呼ばれる感覚の鋭敏なものが現れる。
「ニュータイプ」同士が出会って垣間見えた、
時間や空間も超えて人と人が理解しあえる世界、
それがララアの死で途切れる。

「取り返しのつかないことをしてしまった。」と涙にくれるアムロ。

もともと自分はガンダムのコアなファンではありませんでした。
でもオタクでネクラなアムロが次第に能力を開花させ、
生き残るための力をつけていくところに共感を覚えたのですが
再放送を飛ばし飛ばし見たくらいで、ちょうど今youtubeで
全話通して見れるのでしっかりみてしまいました。
自分はララアのところをほとんど解っていませんでした。

二人の出会いは恋愛感情とは思えません、
ララアは恩人のシャア大佐が好きなのだし
アムロは以前に一度会った時ララアに一目惚れしたのかも
さだかではない。
「ニュータイプ」同士だから理解し合えたようだが、
以前に戦っているシャリアブルというという
ニュータイプのおっさんとは全く心のふれあいはなかったし
アムロはシャリアブルを倒しても全然平気でした。

たとえ好敵手であってもおっさんだからこれは戦いだ。
相手が死んでも当然だ。と思えたかもしれない
ララアがある意味魅力的で、余程の超越者であったからアムロが
引き込まれたと見るべきなんでしょう。

時代は宇宙世紀で軍隊でも女性が活躍しているのだから
戦争に女の子を巻き込むなとはいえない設定なのでしょうが、
そんなに大事な女性を最前線で戦わせるシャアが悪いと思えます。

以前にアムロが戦っている場面を見たララアはアムロが勝つのを
予知していた。この戦いでもアムロとシャアが戦えばシャアが死ぬと
わかっていて、自分が盾になって死んだ。やっぱりシャアが悪いのです。

自分としてはララアはどうも浮世離れしていて生身の人間とは
思えない。思春期には謎めいた女性に惹かれるのかもしれないが
最初からアムロのことを気遣ってくれていた女の子(フラウ)もいて
その娘のほうがよほど良いじゃないかと思う。
ニュータイプのくせにフラウとか周りの人の気持ちがわからないんだ。
ララアと出会ってからの覚醒なんで仕方がないのかもしれないが。

ララアが死んで気がついた頃には
フラウ・ボウは他の男の子に心が移っていた。
この行ったり来たりはいつか斜め読みしたノルウェイの森みたい。
でもノルウェイの森のほうがガンダムよりあとなんですよね。

SFに出てくる人類の進化形態というのは
2001年宇宙の旅のスターチャイルド、
スターウォーズのジェダイ、
地球(テラ)へのミュウ、
とか、今ではお約束のネタになっています。
昔、携帯電話なんかなかった頃
うちの固定電話がチリチリなって
両親はよく「あっ、お婆ちゃんやな。」とか
「今のは解ったな」なんて言い合っていました。
誰かに会いそうな予感が当たったり、
昔のほうがニュータイプが多かったかもしれません。
だからララアは他のニュータイプとは別格の異能者で
(と言っても他のガンダムもあまり知らないのですが)
進化して得られる力ではなく、もともと備わった
強い個人差みたいなものじゃないかと思います。
架空の能力について正解などないのでしょうが、
結局、「思いやる心」がなければ覚醒はしない気がします。
スポンサーサイト



渡辺岳夫

そんなわけで今日は雨でもないのに
ぐだぐだしていてYoutubeなんか見ていて

ガンダムに出てきた薄幸の少女ミハルの場面で
使われたBGMを聞いているとハイジを思い出したので
以前埋め込んだ夕方の歌を探しましたらリンク切れでした。

探すと別の動画がアップされていたので
懲りずに埋め込みました。

どちらも渡辺岳夫作曲です
昭和アニメの多くの楽曲を手がけられた方です。

ガンダムはおそらく来週にはリンク切れになります。

agujetas

はいつくばって働いていて
気がついてしまった。

仕事は、
働くことは辛いことなのだと

給料が安くていいからもっと楽な仕事はないか
と思っていたけど

給料が安くても辛いことには変わりがない。
ただ、耐えられる体の部分が違うだけ
肉体的か精神的かそれとも自尊心か
どの部分が痛むかの違い。

それでもまだ自分は稼ぎに比べて
破格の給料をもらっているのだと。
まだ働きが足りないのだと。

仕事のない辛さも十分味わったのだけれど。


友人に
「仕事はつらい、悲しい人生だ」っていう歌はないか
聞くと、”アグヘータ”がいいじゃないかと教えてくれる。



いろいろ聞いてみて
これがいいと思った。
マヌエル・アグヘータ
冒頭で「なんとかかんとかソレア」と言ってるように聞こえるから
曲はソレアなのか
娘のドローレス・アグヘータもいいらしい。

楽してお金が手に入る
左うちわで生きてる人が
作る芸術とは全く違う。

シジン「城ヶ島の雨」を唄う

「予報どおり朝から雨
懐かしい動画で
ジジンが城ヶ島の雨を唄ったシーンを
埋め込んでおきます。


Wikipediaによると忠太の歌った早瀬川の歌の作曲は
番組の音楽担当 山下 毅雄によるもの。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と、ここまで書いてアップしたものの

続きを最後までみてふと考えてしまいました。
ガンバの冒険って自分にとって何だったんだろう。

忠太が助けを求めて涙ながらに訴える
「父さんも母さんもそれに姉ちゃん・・」

そこで自分も泣きそうになったのだけれど、どうしてか
(これって戦争じゃないか)と思えてしまったのです。
ガンバたちは死ぬかもしれない旅に出る。

兵隊さんは残された親兄弟を守るために戦地に向かった

平和国家になってからもビジネスマンは海外に出ていった。
アジアの国でもカラオケの店はできて、
多くの日本人が谷村新司の「昴」を軍歌みたいに歌っていた。
ビジネスマンたちは勝って帰ってきたのだろうか。

自分にはもうガンバのような命がけの冒険はできない。
死と隣り合わせで燃やす命に恍惚を覚えることはできない。

救いようのない怖さとバッドエンドのエンディング曲。
オンエア時にはこわくて見ることができず、
大人になってからレンタルで全巻通してみた。

それを見てた頃
それなりに怖い思いもしたけれど
何かを守っているつもりでいた。
でも、いまはもうだめだ。
正義は空回りだったし
すっかり臆病になってしまった。

児童文学といえど
児童文学であればこそともいえるが
意識されないほど目立たないように
戦時中の亡霊が身を潜めていたかもしれない。

マクロス

その日の午後は最悪でした。
ついにぶっ通しで36話(4話分欠落あり)
マクロスを見てしまった。
気がついたら0時を回っていました。
ようやくお風呂が沸いたので急いで入るも、
はたと気づいて農産物販売所で買ったゆずを取りに戻った。
DCF00805.jpg
ふあああー
冬至の日(22日)は過ぎてしまった。

40年も前のアニメを
最新アニメでも見たかのように
感想を書くのも何ですが、
なんでぶっ通しで見ないで居られなかったのか?

((続きはとりとめない長文のため追記にします。))

続きを読む

スミスの海

アポロ宇宙飛行士の月面での写真には
不可解なものがたくさんあるようです。
先日は国際宇宙ステーション(ISS)内での
動画で不審なものを見たのですが、
いまはその画像にアクセスできません。

月の満ち欠けを見ていてふと思いました
1969年7月20日の月齢はいくつだったのかと。
計算サイトで調べると
月齢5.52でした。
mikaduki.jpg
この日、月齢は5.3。
自分の写真ではぜんぜんわかりません、月齢5.5は
ウサギの顔あたり(静かの海)は昼だったのだろうか。

いろんな人の月の写真を見ました。
その日、静かの海は朝の光が当たっていたようです。
いろいろ見ているうちにNASAの写真が出てきました。
as11-44-6552.jpeg
月面よりもクリヤな地球ですが
左に写っているのはオーストラリアでしょうか。
北米だと月齢5.5はありえません。
月齢5.5は夕方、西の空に見える月です。

as11-44-6667s.jpg
こんな写真も出てきました。
アポロ11号から撮った写真でそうです。
確かにこの角度の月は地球からでは撮れません。
(紅い矢印はスミスの海のクレーター後述)
iss060e013471.jpg
国際宇宙ステーション(ISS)から撮った月。
これが普段見慣れた月で、ウサギの顔の横の
危難の海が普段は月の縁に見えるのに
上の写真ではほぼ中央に来ています。

ということは上の写真では普段見られない
月の裏側が一部写っているのです。

apollo11return_nasa2.jpg
1969年7月21日
静かの海を飛び立ったイーグルが指令船とドッキングするところです。
模式
模式にするとこんな感じでしょうか。
なので写っている月面は月の裏側に近いはずで
もし、このクレーターが月の表のものだったら
疑わしい写真ということになります・・・が、

NASAのサイトにちゃんと書いてありました。
月面の北緯3度東経85度。
そこはスミスの海の上空で
wikipediaでスミス海を調べると
Mare_Smythii2.jpg
この写真が出てきました。
矢印は上の写真と照合するため
私がつけました。
上の月の全景写真にも矢印を入れています。
(クリックで拡大)


なるほど。
合成でない限り
地球上からでは決して撮れない写真です。

疑いのまなざしであら捜しを始めたのですが
いつの間にかバーチャルな月面探検を
楽しんでしまっていました。

自由民

顔に入れ墨のある民族を探すうち顔つきの似た
画像を見つけて熱が入りました。

えすきもー2
エスキモー
かなだ1
カナダインデアン
アイヌ1
アイヌ
あけぼの
ハワイ
ぱぷあ2
パプアニューギニア
あぼ
アボリジニ
マオリ4
マオリ
この人は珍しく一重まぶたで
鼻もあまり開いていない。
よん
韓国
さいご
日本

以前に書き写した卑弥呼の使者となった外交官たちの名前
難升米:米が実り難い*
牛利:牛のように役に立つ*
伊声耆:名声ある年寄り*
掖邪狗:人の腕を引っ張るよこしまな小犬*
載斯烏越:烏を戴き通過する*

これら倭人の名前から受けるイメージは
あくまでも主観ですがヨン様ではなく、
西郷どんの感じなのです。

なぜ魏志倭人伝にこだわっていたかというと
自分のルーツ、日本人のルーツを知りたかった。
日本民族は単一で古代から高度な
文明を持っていたことを誇りに思いたかったから。

少子高齢化で流入する移民、
曙にかぎらず優秀なスポーツ選手は歓迎されるし
クリスマスやハロウィンや色んな文化が入ってくる。

身体的特徴からいえば自分は自分の思っている倭人では
ないかもしれない・・・
ただ、もう自分の遺伝子が日本に残ることはないし、
日本で暮らすものが日本人。それでいいと思う。

顔の入れ墨

日曜日も早朝からトタン屋根をたたく雨音がして
わたしはネットで見た肩の凝りを取るストレッチをしたり、
ごろごろしていました。
アイヌ2
アイヌの写真
魏志倭人伝に倭人の男は顔や体に入れ墨をしていたとあります。
アイヌの女性は日本人に奪われないように入れ墨をされたと
何かで読みました。男に入れ墨はありません。
taiwann.jpg
昔の台湾だそうです。
まおり1
これはマオリ族。
男も顔に入れ墨があります。

台湾もそうですがマオリの女性たちも
いやいや入れ墨をさせられていたのか
みなりりしく誇り高く見える気もします。

太平洋上の島には
顔に入れ墨やペインティングをし
幾何学模様を好む民族が多くいて
魏志倭人伝に出てくる倭人は
そういう人たちであって、
日本の現代人とはすこし違う文明に
属していたのではないかと思えます。

悪を倒せ


この前口上が聞きたくなった。
平気で悪事を働く輩を
はやくやっつけてくれ

ゴジラの音楽

ずいぶんむかしの事だが、
黛 敏郎が「題名のない音楽界」で
伊福部昭のゴジラのテーマは
ラベルのピアノ協奏曲に似ているといっていた。

今は本当にすごい
検索するとすぐ出てきた。
ピアノ協奏曲ト長調第三楽章だそうだ。


たしかにあのメロディーらしいものが出てくる。
ゴジラの音楽が盗作だったなんて・・・

でも、どうなんだろう?
それよりも、女性ピアニストの
水着のようなドレスが気になって仕方がない。
ドレスなのか水着なのか
なんでこんな服を着る必要があるのだろうとか、
いや、ちがう、ちがう、

言いたいのは
この曲とゴジラのテーマは雰囲気がまったく違う。
自分はラベルの曲は聴かない。
なんかピアノ曲で変わった感じのメロディーのが
あったのぐらいしか覚えもなくて、あまりなじみはないし、
正直、この曲もなんだかよくわからない。
おしっこに行きたくなるような気分で
お○ら見たいな音まで聞こえる・・・

そして曲の向こう側から
ゴジラ、ゴジラ、ゴジラが出たいのよ♪
でもこの曲では出てこれないのよ♪
といっているみたいに思いえる。

音楽って作るものなのか
理屈上無限の音階の組み合わせの中に
♪ゴジラ・ゴジラというメロディーが存在し
ラベル以外の人に発見された可能性もある。

メロディーの第一発見者が
作曲者ということになっているだけなんじゃ・・・
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます