FC2ブログ

学研まんが

以前から目をつけていた古本まんが
DCF00058_convert_20190428205117.jpg
そこに描かれた邪馬台国のシーンは
山岸涼子の「青青の時代」よりも
石ノ森章太郎の「日本の歴史2巻」よりも
魏志倭人伝に忠実で史実に近いと思えました。
最近、立ち寄ったついでに買ってしまいました。
108円。
DCF00057_convert_20190428205752.jpg
帯方郡の太守・王頎が派遣した張政は武官であったろうし、
魏の皇帝に謁見した難升米も外務大臣兼将軍くらいの地位だったから
こんなシーンがあってもおかしくない。
欲を言えば難升米はこんな大国主みたいな服ではなく
顔にも入れ墨を書いてほしかった。
DCF00055_convert_20190428210054.jpg
とにかく目の行き届いた監修のもと
誠実に、セーブを効かせて描かれているのが気持ちいい。
DCF00056_convert_20190428205521.jpg
大和説と九州説も
公平に書かれている。

水行10日陸行1月のことも
考慮の後がうかがえる。

現時点で思うには
倭人伝に書かれた距離と方位の記述に従って読むと
どうしても日本にたどり着かない。
では距離がおかしいのか?方向がおかしいのか
どちらもおかしいのか?
帯方から邪馬壱国まで1万2千里、
4680km
距離は確実におかしい。
その誇大さに比べると大和か九州かの
差など誤差に近い。
それを踏まえたうえで
九州説は距離はおかしくても方角は
一貫して「南」とかかれた内容に沿っているが、
大和説はどこにも「東」とは書かれていないのに
これでいいのだ的に東を目指して大和に到着させている。

学研まんが以外にも
邪馬台国を扱った学習まんがはありました。
でも、中には卑弥呼が超能力を使ったり
日食を予言するシーンがあったりで
本当にいいと思えるのはこの一冊だけでした。
スポンサーサイト

そうだ仮面ライダーに会いに行こう

DCF00584_convert_20190223191706.jpg
Book offで掘り出し物を見つけた。
―しかし、こんな本だったっけ?―
むかしサンワイドコミックス版の
仮面ライダーを持っていたが
悪の正体を暴こうとする箇所をほとんど
読み飛ばしていたのか、
初めて読んだと思う場面があまりに多い。


火星年代記のまねをして大事な本を残して
ほとんど処分してしまって、気がつくと
石森章太郎の本は手に入りづらくなっている。
いま人知れず焚書されているのじゃないか

正義とは何か?
自分は石ノ森から多大な影響を受けている。

だめだ!話しても信じてもらえまい
そうだ
ニュースになったとたん
どんな話でも作り話に見えてしまうんだ!
(現在存在している「悪」そのものではないか)
こんなに悪の組織に詰め寄っているのにこれはマンガでしかない。

悪の組織にのっとられた大企業のビルは
三沢基地にあるレーダー施設の形に描かれているし、

”国民を番号で整理しよう”という国会での審議を・・・
あのアイデアは日本政府のコンピューター国化計画の
一部なのだ
(これが本当に1971年に書かれていたのか!
すでに当時マイナンバー制を予言していたなんて)

毎年新作の仮面ライダーを作るのがTV局の年中行事
になっているみたいだが今はTVがないのでぜんぜん見てない。
ただ石ノ森が直筆した原作本は、
この仮面ライダーと仮面ライダーブラックしかないらしい。

今回偶然、一文字隼人編を入手できたのは
これからの予定としてはなんという偶然だったろう。

月の使者

月読

かぐや姫

旗本退屈男

月光仮面

月の化身(レインボーマン)

月の輪(変身忍者嵐)

セーラームーン

若草物語

DCF00451_convert_20190120191821.jpg
結局、コタツに入って本を読んで過ごした。

ウィルソン博士は確かに懇切丁寧に生物がいかに環境に適応して
拡散してゆくかについて解説してくださったのだけれど、
どこか自然淘汰で勝ち残った側、優位な側から
多様性のある貴重な生物資源をどう支配していくのか窺う感じが
自分にはプレッシャーとしてのしかかってくるように思えた。

若草物語を読んでいるとそんな気分が消えたのは
小中学生向けの本だったからだけではない。
この四姉妹の上流階級でない地に足の付いた生活が
妙に自分の心になじんで慰めになった。

氷が割れるかもしれない川の真ん中にエミーが
近づくのは危ないと知らせなかったジョーが、後悔して
自分の癇癪でエミーを危険な目にあわせたと母に打ち明けたとき、
母もまた癇癪もちであったが40年間それを抑える
努力をしていたと知らされる。

母親は己の欠点を克服しようと努力して
娘は親から受け継いだ同じ欠点を、やはり努力して克服しようとする。
そんな物語は

親から欠点のある遺伝子を受け継いだ子供よりも
欠点を受け継がなかった子供のほうが有利になり
自然環境のなかでよい遺伝子を持ったものが生き残り
悪い遺伝子を持ったものは淘汰され消えていくのだという
進化のモデルの話よりもずいぶん心が温まるのだ。
遺伝子だけで生き物を選別しようとすることは
なんて怖いことなんだろう、そんな気がしてきた。

それはサイエンスと文学の違いなのか
自分の受け取り方だけの問題かもしれないが
科学の本と少年少女向けの本、
いったいどちらが自分にとって価値があっただろう。

ルイザ・メイ・オールコットの父はソローの友人で
あっただけではなくソローはルイザの家庭教師も
勤めたらしい。グーグルアースでルイザ・メイの家を
見るとソローの小屋のあるウォールデン湖もすぐ近くに
出てきた。
こんなにリアルにウォールデンが見られるなんて。
インフルエンザ最後の日曜。なんだか得した。

自然・人類・文明/F.A.ハイエク 今西錦司 NHK出版

昔、魚谷川の上流かどこか
もう場所は思い出せないけど
京都の北山の稜線で今西錦司博士の碑を見た。
今検索して出てくるレリーフじゃなくて
なにか文章が刻まれていたけど思い出せない。

柳田國男とも交友があり日本の民俗学も基礎にあるという
今西進化論に触れてみたくて新書を探し、古本でなしに
静岡の戸田書店でたどりついた対談集。
ページを少し繰っただけで(これはだめだ)と思う。

神保町で買って何年も積んだままにしておいた
ウィルソンの生命の多様性にまず取り掛かって、
すこし生態学の話題についていけるところまで
ようやくたどり着いた。

え?
「自然選択(淘汰)で優秀なものが生き残る―
なんて誰も観察したことがない。」
「たくさんの個体で生き残ったものは、ただ単に
運が良かっただけ。」
昨日まで読んできた内容が頭ごなしに否定される。

「生物の進化は、ただ変わるべくして変わる。」
「同じ種同士で生存競争なんてしない。競争は
なくして住み分けた結果進化が起きる。」

今西進化論を知るにはページが少ないかもしれない。
またハイエク博士の話はとても広くて深い内容なもので
理解するのが苦しい・・・。

でも、自分の感覚からして
同じヒトとして生まれて格闘したわけではないけど
他人との競争はあった。その結果何かをあきらめ
自分にあった住処を求めたことはあっても、
決して仲良く誰かとすみわけを行ってきたわけではない。

自然選択の(勝つか負けるか)だけの厳しい世界で
生きているということを認めざるを得ないので、
そうじゃないという今西進化論に耳を傾けてみたいとは思うが、
手にした本だけでは説明不十分な感じと、
やっぱりそんなに甘い世界ではないというのが感想。
しばらく間をおいてもう一度取り掛かってみるかな。

生命の多様性 その2

自分の生きる場所を求めて旅していた生き物が
たまたま安住の地を得て落ち着く。
その地で世代を重ねるうちにその環境に合わせた
進化が起こってその生物はその地固有の種になる。
やがてそこでしか住めない生物になってしまい。
同じように旅をしていた元の集団とは交配もできない、
狭い地域に押し込められた井の中の蛙的な小規模な
種の集団となってしまい、絶滅の危険が高まる。

自分に重ね合わせてみる。

いつのころからか、
競争率の低い場所をめざしていた。
プレッシャーを避けて気楽な場所へ
逃げ込もうとしていた。

または、もぐりこんでしまえば
なんとか無難に過ごせる場所もあったかもしれない。

さらに特殊で狭い場所に移り住んでいけば
やがて道は八方塞になる可能性もある。

ウィルソン 生命の多様性 Ⅰ・Ⅱ/岩波書店

とっつきにくい本だった。

無味無臭の理科の教科書みたいではなく
読者に訴え、あるいは教え諭す気持ちは伝わるが、
エライひとだから仕方がないけど上から目線な
言葉のきれっぱしに反感を覚えて、ページが進まない
こともあった。

森林伐採労働者と共同キャンプで
彼らの臭気と騒音を嫌って野原に
いすを持ち出して瞑想し
毎晩10時ごろ空を行くジェット機の明かりを見て
自分と同種の人間が同じ地球にいるので
孤独感はないとか勝手だなあと思う。
でもそんなのは話の本筋でないところ。

生物学なんて暗記だけだと思ってまじめにやらなかったから
子供のころのTVの影響でお馬鹿なままでいたことに気づく。

宇宙戦艦ヤマトで
イスカンダル星のスターシアと地球人の古代守が
新しいアダムとイブになるといってイスカンダル星に
2人で残った。
まったく別の惑星で発生した異星人同士で
たとえ外見が似ていたとしても、遺伝子的に
違いすぎて対になることはできず子孫はできないはず。

そんなことよりも自分のことです。
親から与えられた遺伝子の組み合わせと
突然変異したものも含めて一式自分が持っていても
この自分というヒトの一種(?)が存続するには
配偶者を得て子孫を残さない限り無理だということ。
そんなことは当のむかしにわかりきってはいたけど、
自分の遺伝子を残してヒトという種の多様性に貢献
するのでなければ多様性を考えることさえ他人事。
というよりも、
経済力・外観・性格・機会などあらゆることが影響して
合コンも婚活など努力もしなかった結果、今こうして
一人暮らしを楽しんでいるのではあるが、
自分にはもう進化する機会はないということ。
進化は交配の結果できた次世代が自然選択によって
選別されて性能の良いものが残ること。
残らない自分は「淘汰された。」というだけ。

そう思えば勉強になるかも知れんが面白くないなあ。


2001年宇宙の旅にしても、
いかにもSFぽく作ってあるものの
あれは神をモノリスに置き換えただけの映画ではなかったか。
進化はモノリス(超越者の意図)で起こされ
ラストでボーマンがスターチャイルドに生まれ変わるのも
遺伝子の変化じゃない、何かによって変身がおきる。
ウィルソンの本はそうではない。
人間が単純にその人生の中で別のものに進化することは
ありえないのだとこの本を読めばわかる。
神様、あるいは宇宙人が介在しなくとも
シンプルな生き物があらゆる形態に発展していくのは
よくわかった。

ある種の菌、微生物、植物、ダニ、クマムシ、甲殻類、
昆虫、トカゲは有性生殖をあきらめて単為生殖によって
子供を作るものがいるという。できた子供は自分と同じ遺伝子
を持つクローンみたいなものだ。だとすると
それはどんな気分だろう?
たとえば、自分が生きていてクローンの子供ができると
ある時期自分が2人以上いる。でも自我は別々のはずだから
もし、自分に情けない欠点があったりするとそれと同じ運命を
背負わなくてはならないわが子は不憫に思えるだろうか?
いくら同じ遺伝子を持つからといって、自我までは託せない。
クローンであってもそうならばましてや有性生殖でできた子供は
遺伝子を半分受け継いでいるだけで自分と同じではありえない。
つまり子供を作ろうが作るまいが自分の自我は後世に託されない。
それはいくら親の声が聞きたくても、たとえ霊でも出会ったことが
ないのだからわかりきっている。
もうこれは生物学とは切り離した世界のこと。

とにかく自分がにせ科学に基づくサブカルに毒されていたのは
まちがいなく、当初はわかっててのつもりがいつのまにか
偽科学が身にしみているのかもしれません。

それではいろんななぞが解けたか?
というとまださっぱりわからないことが多い。

なぜしかやいのししは増え続けるのか
外来の魚をペットで買うだけで厳しく処罰されるほど
日本固有の種を守ろうとするのはいい。
なら日本固有の野菜の種を農家が守るのが処罰の対象になり
交配された1世代限りの外国産の野菜の種とか
遺伝子の組みかえられた豆やその製品が店にならび
日本人でない労働者が田舎の町にまであふれているのは、
どういうこと。
少子化少子化と騒いでいるくせにいっこうに町に村に
子供の姿が戻らないのはなぜ?
どうして日本人の多様性が維持されないのか。

読み進めるうちに目を疑う。

P508
日本では昔ながらの農耕の伝統を維持する目的で、
稲作農民に対し並外れた援助をするあまり、結果として
熱帯アジア地方の稲作農民を圧迫し、ここでもまた
そのしわよせで自然環境への影響が増している。

日本の米農家と熱帯アジアの米農家を競争させて
タイ米を日本に輸入させてアジアを救えというのか。
そこまでして回避すべき生物多様性の危機とはなんなのだろう。


「歌謡曲なんか口ずさむようではたるんでる」という
父親は営業のため店舗でFMラジオを流しその音は
子供部屋までいつも届いていたし、
(歌謡曲はだめでもアニソンにまで目くじらを立てることは
なかったが、アニメの中にも思春期の男の子に忍び寄る罠が
仕掛けられていった―は横道にそれましたが)

とにかく流行歌・ドラマ・百人一首・芸術
文学の大半は恋愛に関することで、どうして世の中は
恋愛ものばかりなんだろう?と疑問に思ったものですが

ヒトが有性生殖によって遺伝子交配を行い
新たな可能性を生み出して自然選択にゆだねて
自分よりも進化した次の世代を作るためには、
あらゆる面で恋愛は人生の一大テーマだったのです。
残念ながら自分は恋愛ドラマとかには不感症で
心のどこかでブロックもしてました。
TVを持ってない自分が言うのもなんですが
テレビ局の方、
もっと若い男女が恋愛して温かい家庭を持ちたくなるような
幸せなドラマや音楽を作って少子化に歯止めをかけるような
テーマで作品を作ってはどうですか?

天平の甍

DCF00392_convert_20181223111402.jpg
BookOffで井上靖の天平の甍を入手。
「敦煌」とか「氷壁」は読んだけれども
この本はまったく初めて手にした。
鑑真が渡った道は倭人伝に書かれた道とは
まったく違う様相に思えた。

本文には
天智天皇の第五回遣唐船までは、
筑紫大津から壱岐・対馬に向かい
南朝鮮の西海岸に沿って北上し
渤海湾口を横断し山東に上陸し・・
洛陽より長安へ入っていた。
併し、これは南朝鮮が日本の
勢力範囲にあってはじめて安全が
保障される航路であって、
新羅が半島を統一してからは
否応なしにほかの航路に依らなくては
ならなくなっていた。

という風に書かれている。

鑑真は何度遭難しても
日本へ来ることを断念せず、
ついにその視力を失うまでになった。
それほど困難な旅だったのは
計画に無理があったのかもしれないが
対馬海峡を渡り朝鮮半島経由する航路に比べて
より危険性が高かったのかもしれない。

卑弥呼の時代はやはり対馬海峡を渡っていたのだろう。
「対海国」は対馬、「一大国」は壱岐なんだろうと
思えてきたし、
魏志倭人伝の記述は、
魏王朝にとっては
帯方郡が南朝鮮を支配下におさめた結果、
倭人が貢物を持って訪れたのだ、
どんな粗末な貢物であってもそのことが
魏が半島を支配下に置いた明白な証拠だ。
そのことが言いたかったのだろうと
そんな風に思えてきました。

まんがの中の卑弥呼

魏志倭人伝の記事がぜんぜん面白くない。
何が言いたいのかかいつまんで説明してほしいと言われて、
こんな話をしました。
三国志の時代、
魏の都、洛陽にとても奇怪な異国からの使者が着きました。
男は顔に入れ墨をして布の幅をつないだだけの様な着物を着て、
自分は倭国の女王卑弥呼に仕える大臣、難升米。
魏の皇帝陛下に貢物を持って参りましたというのです。
その品物はといえば、皇帝に献上するにはあまりにも質素な
木綿の布が二巻きと顔に入れ墨をした男の奴隷4人、
布をくりぬいただけのような服を着た女の奴隷6人。
それでも皇帝は難升米たちが中国をはるか離れた海上の島国から来たのを知っていたし、
彼らが洛陽まで来る道中には魏の皇帝の威光が届きわたったことの証であったことが
うれしくて、彼らの貢物とは比べ物にならないほど破格の待遇、破格の引き出物をとらせました。
女王には親魏倭王の金印、難升米に率善中朗将の銀印、牛利には率善校尉の銀印。
銅鏡、錦、絹、金、刀などの財宝を持ち帰らせました。

その財宝は詔書とともにはじめて魏の使者によって倭国にもたらされましたが
2度目に使者が来たときは来たときはずいぶん様子が変わっていました。
韓国で反乱が起こり帯方の太守、弓遵が戦死したりして
2年も往来ができないでいた後、倭国でも新しい王が現れ
内乱が起こり、1000人もの犠牲者が出て後、
13歳の少女が新しい女王の座に就きました。
少女の名前は壱与。

そこまで話したとき、その話を知っている。
山岸涼子の「青青の時代」で読んだというのを聞いて
程なくブックオフで見つけました。

DCF00389_convert_20181202061604.jpg

内容については特にコメントはしません。
それを買ったついでに
こちらも買ってしまいました。
DCF00391_convert_20181202062508.jpg
石ノ森章太郎
マンガ日本の歴史第2巻。

それとは別に
DCF00390_convert_20181202062305.jpg
諸星大二郎マッドメン
縄文時代の土偶とイサナギ・イザナミ神話を
かなり無理な感じでつないでいますが、
卑弥呼時代の男性像にほとんど描かれることのない入れ墨が
縄文時代のものとして描かれているマッドメン、
自分がイメージする倭人はこちらに近いです。

埋葬の風習

うっかりしていました。
埋葬の風習について書かれていたことです。

張政が来たとき卑弥呼は生きていたのか?という疑問。

張政が持ってきた詔書は卑弥呼あてでなく難升米あてでした。
張政は黄色の旗を難升米にもたらし、「告諭」し、
男王に代わって即位した壱与に「告諭」したとありますが、
卑弥呼に会見したことは書かれていない。

でもそのまえに、
倭人の一般的な風習の書かれている箇所で

―その死には棺(かんおけ)あるも槨(そとばこ)なく、
土を封じて塚をつくる―とあります。

これは一般論として書かれていますが
張政が来たときに卑弥呼が死んだとしたら
張政たちもその埋葬を目の当たりにした可能性があります。
「棺おけはあっても外箱はなくただ土を被せるだけ。」
といっても貧民の墓ならかんおけすらないかも知れません、
喪主は泣き、関係者はお祭り騒ぎするくらいだから
格式のある家でさえ棺桶を埋めて塚を作るだけの墓です。

この記述が卑弥呼の墓にも例外でなくあてはまるのなら
卑弥呼の墓は「古墳」じゃないはずです。
石舞台古墳のようにむきだしになって構造がわかるものでは
棺桶はりっぱな石室のなかに収められていたはずだからです。


埋葬の風習のすぐ次に「持衰」の話が出ます。
持衰はまるで屍のように身を清めず禁欲させた人間を
乗船させ、旅程でおきた災難の責めをその一人に負わせる
人身御供のような役目ですが、張政が帰るときに送っていったのは
倭の大臣クラスの掖邪狗です。
当然、掖邪狗も張政を送るときに持衰を伴って行っただろうし、
納棺の話が卑弥呼のものでないにしろ、
魏の使者と接触のある大臣クラスの家の埋葬の風習だろうと思えます。

張政がきたときすでに卑弥呼が死んでいて
埋葬も何もかも終わっていたとしたら、
卑弥呼の墓に石室があったか張政は見なかったことになります。
ただ卑弥呼の墓だけが古墳で、大臣クラスの墓は盛り土だけとは
考えにくいです。

張政が来たとき辛うじて卑弥呼に息があったとして、
では魏の皇帝から難升米に詔書が来るということは、
高齢か病かで動けなかった卑弥呼に代わって難升米が
掖邪狗に親書を持たせて洛陽行きを命じたのかもしれません。

これを書きながらひとつ思いつきました。

掖邪狗は張政を送っていったのです。
張政は来るとき黄色の旗と詔書を携えて来ましたが
帰りには使節20人と献上の奴隷30人が同行します。

掖邪狗は張政の帰りの船に乗せてもらったのではなく、
一艘か船団かはわかりませんが、倭国の船に張政を
乗せていったから「送った」と書かれているのではないでしょうか。

魏の使者は帯方からまず船で海岸沿いに進んできましたが、
一貫して同じ船、同じ乗員で来て、倭国の港に停泊させていたというよりも、
信頼できる関係者の船を乗り継いできたのではないかと思えてきました。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます