FC2ブログ

枝切り5

DCF00415_convert_20180325194402.jpg
DCF00416_convert_20180325193321.jpg
日曜日は風もなく穏やかないい天気でした。
この日はグダグダせず朝から起きだして枝切りに行けました。
DCF00423_convert_20180325182910.jpg
とんびものんきに鳴いています。

DCF00420_convert_20180325184205.jpg
さあ、やるかー
DCF00421_convert_20180325183944.jpg
DCF00419_convert_20180325184513.jpg
無風なので梯子も上の方まで登れます。
DCF00425_convert_20180325182448.jpg
枝だらけになった木にうまく梯子がかかりません。
怪我の功名というか、ホゾが緩くてユルユルの足場を一本抜くと
うまくセット出来ました。
DCF00418_convert_20180325184748.jpg
第三テラス下、ウワミズザクラのテラスで咲いているキブシを発見。
DCF00406_convert_20180325055201.jpg
ヤブウツギの道上のキブシは根本から崩れ落ちてがっかりしていたのでよかった。
DCF00414_convert_20180325194714.jpg
DCF00412_convert_20180325195743.jpg
第三テラスは大体終わり、帰りのみちを登ってゆきます。
DCF00411_convert_20180325200135.jpg
5時過ぎて、第一テラス西の木をもう一本やったらやりすぎました。
DCF00409_convert_20180325200335.jpg
ちょうど日が落ちます。
大雨の春分の日から4日目。
真西というわけには行きませんが大体西。

この日も辛うじて枝を切っても木の皮は剥けませんでしたが
木はだんだん水を吸って重くなってゆきます。
皮が剥けやすくなるまでは気がついたところを切りますが
この先は一日に1本程度、気楽にやることにして、
少し他のことをやろうと思います。



スポンサーサイト

枝切り4

DCF00327_convert_20180304195803.jpg
穏やかな日でした。

ぐだぐだして枝切りをしなかった日もたしかにありましたが
風の強い日、一本梯子は木と一体になって揺れたので
恐くて枝切りを中止した日もありました。
冬のうちにやっておきたかったのですが、もう春です。

木が水を吸いだすので
枝を切り損なうと木の皮が剥けてしまいます。
でも今日はまだ大丈夫でした。
DCF00326_convert_20180304203342.jpg
DCF00324_convert_20180304203551.jpg
第三テラスの一番下まで降りて枝切りをはじめました。
だんだん遠くまで行かなくて済むと楽な気がして・・・

DCF00323_convert_20180304204846.jpg
DCF00322_convert_20180304210944.jpg
以前切った枝の後や、いま茂っている枝の付け根から
野菜の脇芽のように出てくる葉があります。
見逃さないよう気をつけて摘み取ります。

枝切りをしていると杉がプードルみたいに思えてきました。

自分の背丈を追い抜くペットです。
枝切りはトリミングです・・・

枝切り3

記事がたまって先週の土曜・日曜のことです。
DCF00295_convert_20180209032942.jpg
一本ばしご骨骨くんを積んだやまびこやまさん発進。
DCF00277_convert_20180210031626.jpg
富士山のあとぎっくり腰になったのはいつのことだろう、
今の職場に勤める前だから一昨々年。
再発が怖くて2年、枝を切るのをおやすみしていた。
枝ぼうぼうで手遅れ気味の木
ちょっと細いけど後から伸びてきた真っ直ぐな木。

どんな木になるのだろう・・・
手遅れでも死に節になるよりは枝切りをしたほうがいいかもしれない。
幹の曲がってしまった木も枝を切ったほうが景色としては良くなるかも。
一本やるごとに写真をとっても
同じような風景ばかりだから一枚だけ掲載。

小鳥たちの食べ物になるヌルデの木が
スギより低くなって目障りになってきた。
日当たりを求める木は枝を節操なく伸ばす。
日陰に強い木はわりと礼節を知ってまっすぐ。

真っ直ぐなスギは気持ちいいい。
でもスギだけの林はつまらない。
どうしよう。ヌルデは切りたくない。
自然風の広葉樹林なのか
スギの人工林風なのか、
煮え切らないのは成り行きまかせでやっているから。

DCF00284_convert_20180209034829.jpg
1日目 土曜日の夕方17時のチャイムで日が長くなったと驚く。
DCF00280_convert_20180209035728.jpg

DCF00270_convert_20180211094035.jpg
2日め日曜日。
第三テラスまで降りるのに枯れすすきなんて刈るのを省略して
やまびこやまさんで行く。2.3往復もすれば草を刈らなくても通行できる。
3年前にあらしておいた朽木の薪材を回収しながら戻ってくる。
お風呂の薪が底をついてきた・・・。
薪作りをしないとヤバい・・・そう思っていたら
年末に作った丸太の薪が乾いて使えそうになってきた。
少し息がつける。

一本梯子試作

DCF00200_convert_20180121194011.jpg
2日あったはずの休みが
1日目は本当に休んだので
1日しかないような余暇です。
DCF00205_convert_20180121192618.jpg
朝、寒くても外に出て
DCF00203_convert_20180121193251.jpg
草刈りをサボった帯鋸小屋への道も通行可能。
DCF00202_convert_20180121193729.jpg
雨ざらしの材料も霜が立って、丸鋸で切るとき手がしもやけになりそう。
DCF00190_convert_20180121200950.jpg
それでも梅は花芽をつけて、
先週は暖かくて雨も降ったから
山の木も水を吸い始めているだろう、
もう枝切りの時期が終わる・・・と気が気ではない。
山の冬が終わるのは夏が終わるよりも寂しさがある。
DCF00181_convert_20180105212643.jpg
1.5m梯子で第三テラスまで一巡した日、
4mのスギ2x4の曲がりのマシなものを選んで、
暮れに墨付けして年明けにホゾをあけて
屋内で組み立てきれず、
DCF00198_convert_20180121194401.jpg
トラックの荷台でステップをはめ込み一本梯子を試作。
がたがたしてるのは墨付けのいい加減さと
ホゾ穴の不正確さによるもの・・・試作試作う、
DCF00195_convert_20180121194649.jpg
トップにはザイルを通す穴。
DCF00193_convert_20180121195052.jpg
ハーネスを着けて懸垂下降ができるように8管を使う。
滑り落ちにくいようにダブルでやっているので梯子を登って
はじめはザイルをたくし上げるのが大変だったが
慣れてしまえば大丈夫になった。
DCF00191_convert_20180121200626.jpg
集落の野菜つくりの上手なおうちの人がお墓参りに来られて
ちょうど山の入り口で挨拶した。
「管理をしてるんですねえ」
「いや、ド素人なので恥ずかしくて」
「自由にやればいいだよ、決まりなんてないのですから。」
(なんて柔軟な考え方なんだろう・・・決まりがないと言い切れるなんて)

まえの4m梯子より使いやすくなった。
一本枝を切ると、その隣の木、隣の木と気になってゆく。
それはやる気になれる分だけよくなったんだと思う。



プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます