FC2ブログ

梅が咲き出しました。(2月1日)
DCF00861.jpg
DCF00862.jpg
DCF00860.jpg
背景を近いものか無地のものにすると
合いにくいマクロのピントが合ってくれます。


昨年は2019年2月4日に同様の写真をアップしてますから3日早いですが
一昨年の記事では2018年3月3日に咲いたとあります。
2017年は2月19日

2016年の梅を探しているとインコたちが3羽
楽しく遊んでいる写真が出てきました。(涙)
2016年1月31日

2015年3月8日
2014年3月13日
先週は
葉をつけていない落葉樹も靄がかかったように
もわもわしたように見えだし
水曜日(1月29日)に杉で白梅の開花
木曜日(1月30日)杉の同じ場所で紅梅が開花。
天竜の町から約2週間遅れて梅の開花が登ってきました。
実は気田の河津桜も一輪二輪開いている花がありました。


以下2018年の記録のコピー、
この調子で行くと何もかも一月早いかもしれません。
朝の通勤時に要チェックです。

(梅)
天竜 2・17頃 気田2/25 杉3/1 うち3/3
(つばき)
   横川3/2 気田3/5 杉3/6 うちの近く3/6
(うぐいす)
  天竜3・7        うち3・13
(花桃)
  天竜 2/27  気田3/2 うちの近く3・15
(ふきのとう)
  天竜 3/12       うち3・17
(河津桜)
       気田2/27 杉3/10大村3/12うちのそば3・19
(キブシ)
       気田3/9 杉3/12うちの山(第三テラス下)3・20
(ミツバツツジ)
      高瀬3・9    うちの山3・24


(シダレザクラ)
             杉3・22
枝垂れ桜はソメイヨシノより早いんだ・・・
(こぶしかハクモクレン)
天竜 3/13 気田3・15
(ソメイヨシノ)
天竜3・13平均的ではない早咲きの木 
天竜3・16
天竜3・23並木が一斉に咲き始める。
(ヤマブキ)
天竜3・19
(ひきがえる)
気田子3・13
スポンサーサイト



DCF00510_convert_20190203185917.jpg
一月の初旬からつぼみは膨らんでいたし
早くから一輪だけ花はついていた。
町では気の早い紅梅も咲いていた。
インフルで寝ていたせいか、
去年のように川下から花暦を追いかける気がせず、
今朝、ほんとうにちらほら咲き出したうちの梅を写す。
DCF00517_convert_20190203191609.jpg
天気予報は午後から雨。
梅が咲いて春が来た。
ここに住んでそういうものだと覚えたのは
暖かくなれば雨が降ること。
冬は乾季で春は雨季の始まり。
雨の少ない冬は、たくさん欲しい薪も乾いている。
雨季になると寒さは和らぐが、山の薪も湿っている。
来週は雨の日が多い。
もう春が来たか、雨季が来たか。
DCF00518_convert_20190203191805.jpg
あそこにみのむしがぶら下がっているのも知っていた。
DCF00516_convert_20190203191404.jpg
梅の木の下のトタン屋根は
去年採らなかった梅の実の酸で腐食され
これからの雨を思うと憂鬱。
このままでは確実に屋根が雨にやられてしまう・・・
DCF00519_convert_20190204022846.jpg
おや、彼女はこんなところにいて大丈夫なのかな?
DCF00527_convert_20190203193156.jpg
梅の木の下、
マンホール横のブロックからふきのとうが頭を出している。
やっぱり春は来たんだ。

リフレイン

またこんどだな。
そう思って屋根から降りる。
DCF00307_convert_20180303203536.jpg
あ、梅が咲いた。

この記事は梅の開花を串刺しで検索できるよう
前の記事「トタン屋根」から分割して再編集しました。
(2020年2月9日)

塩蔵わらび

DCF00495_convert_20170219210617.jpg
今日がうちの裏の梅の開花日です。
一昨日の雨と昨日の陽気が効いたと思います。
今朝はとても寒かったのですが
日差しが出るとそんなに苦にはなりませんでした。
DCF00496_convert_20170219210334.jpg
オートサイフォンは一度凍るとリセットが必要で
たまった雨水が排水されていません。
金魚はまだ何尾か生き残っています。


DCF00502_convert_20170219203724.jpg
塩蔵したわらびを食べ切らないうちに春が来ます。
流水に一晩さらすと何もかも抜けきった味になるので
今回は3回(三晩)溜めすすぎしただけで煮ました。

味付けは減砂糖中につき、
酒:醤油=1:3でコップ一杯分を鍋に加えました。
煮込むとわらびが縮むのは、そういうものなのだと
教えてもらったので縮む一歩手前で火を止めました。

灰汁汁と食塩の分離も併行してやってます。
先に濾過しておくと汚れが多少取れます。

うめ~

よく降りました。
雨は春の兆しか。
DCF00856_convert_20160131174217.jpg
凍って機能停止したオートサイフォンを復活。
凍ったまま満水になったところへ大雨だったので
金魚が一尾流されたかと思ったが4尾とも無事だった。
水槽の水替えもする。
DCF00855_convert_20160131174648.jpg
ドラム缶の上の梅も咲く。
そういえば一昨年の梅味噌は甘すぎしょっぱすぎ酸っぱすぎで
帯鋸小屋の片隅に放置していたけれど
DCF00849_convert_20160131174335.jpg
う、うめ~。熟成している。

近くで工事が始まる。
工事のために伐採した木を集める機械。
DCF00861_convert_20160131174436.jpg
やまびこやまさんなんか目じゃない本物の集材機だ。
DCF00863_convert_20160131175042.jpg
建設会社の人が一升瓶をもってあいさつに見えられて
うちのスギの木一本お貸しする。
プロの仕事だなあ。
DCF00853_convert_20160131174124.jpg
DCF00852_convert_20160131173934.jpg
DCF00857_convert_20160131174852.jpg
自分はと言えば
帯鋸小屋の灯油ストーブをまた母屋に戻す。
新しい一歩を踏み出した。
これから日は長くなるけど
暗くて薪の補充がきかなくなる日もあるだろう。
そんな日は灯油ストーブが欲しいかも。

でも今日はできるだけ勝手口に薪を詰め込み、
シイタケ乾燥小屋に置いていた薪も運ぶ。
DCF00851_convert_20160131174017.jpg
葉も開かぬうちにつぼみを出した無肥料栽培の小松菜をインコにあげる。
これでおしまいだよ。

山が荒れている。

昨日出掛けたのは雨だったからで
今日は予報では曇り時々晴れでした。
DCF00369_convert_20150308212623.jpg
しばらく雨が続いたので
汲み取りトイレのマンホールを確認しました。
その時は咲いていなかった梅が10時ごろ開いています。
今日がうちの梅の開花日です。
だいたい天竜の町より1週間遅いようです。
山で暮らしていながら街の方から春の便りを聞くのは
少し不満ですが仕方ない。
DCF00367_convert_20150308212723.jpg
DCF00362_convert_20150308221221.jpg
DCF00363_convert_20150308220850.jpg
でもようやく春が顔を見せ始めています。
DCF00359_convert_20150308221330.jpg
つるバラの苗を買ってきたので穴を掘って
おが屑堆肥を入れるので堆肥置き場を掘り返しました。
啓蟄も過ぎて、確かにどこかに潜んでいたカブトたちも
また堆肥を食べています。
DCF00353_convert_20150308221453.jpg
カブトがイノシシに狙われると思ったので
生ごみ+おが屑堆肥置き場を柵の中に移したのですが
今度はカラスにやられました。
しかもその近くに植えておいたチューリップまで鳥にやられました。
DCF00356_convert_20150308221958.jpg
DCF00357_convert_20150308221848.jpg
昨日図書館で借りた本に
「雑木林とは、クヌギコナラといった萌芽力をもった樹種を中心に仕立てられた
森林で(中略)これはいわゆる人工林なのです。」(川口智志造園・緑地工学がわかる本)
と書かれていて、全然育ってこないうちの山も、自分が手をくわえないと
いつまでたっても思う形にはならないと思う中、
DCF00358_convert_20150308221728.jpg
第一テラスの東半分を見て絶句。
自然のままに伐採跡地がリセットされるのを期待していたクサギ平ですが、
イノシシに荒らされ放題で見るに堪えません。

豪雨のあと

雨が上がって心配した通りトイレは大変です。
P1000123_convert_20140314130548.jpg
裏に置いた薪は雨の前は晴天続きだったので
多少湿気ていましたが燃えました。
雨季が来るまではこの薪干場使えそうです。
P1000101_convert_20140314130152.jpg
雨の前日、一昨日の写真です。
P1000126_convert_20140314130322.jpg
4mの丸太が減りつつあります。
はじめは林内作業車に載せられなくて
3mの丸太ばかり作っていました。
柱は3mなのでこれで十分と思っていたのが
今となっては4mないと話にならないとわかります。
丸太を除けるとむかごがぽろぽろこぼれます。
しばし、おやつタ~イム。

かき氷。
P1000119_convert_20140314130449.jpg
昨夜は温かくてストーブを焚いて25℃ありました。
冷凍していた完熟柿は解凍すると液状化してしまうので
半解凍でシャーベット状で食べました。
しばし、おやつタ~イム。

裏の梅

梅開花カテゴリ用に前記事を再記

うめが咲いた

うめ開花
ゆきやなぎ
機械に強いカイトさん(愛称)が来て、
うちが汚いことなど気にならない様子で、
余程居心地良かったらしく2泊していった。

カイトさんのいるうちに梅が咲いた。
ユキヤナギも芽吹きが始まった。


うめが咲いたらてがみを書こう
風が見つけてくばって歩く
シンブンシンブン
はなびらのシンブン

だけどこれは風にあげる
てがみなのに
シンブンシンブン
はなびらのシンブン
(さとうさとる/「まめつぶほどのちいさないぬ」より)

続きを読む

tag : ウメ

プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます