3月のカレンダー

3月 弥生
March,2012
去年の写真

     Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat

     26  27  28  29   1   2   3

         5   6   7   8   9  10

     11  12  13  14  15  16  17

     18  19  20  21  22  23  24

     25  26  27  28  29  30  31

しまった。
写真のネタが尽きてるので
去年の写真を出してきました。
スポンサーサイト

冬、これっきりですか?

夜半に雨の音で目を覚ました。
薪を収納しておいてよかった。
昨日は水道が凍ったし、板を挽いてそのまま寝てしまったし。
雨なので、当然水が出る。久しぶりに朝風呂。
ご飯も食べて気力十分。
家事をやろう。その気になった途端、晴れ間が広がる。
(やはり、自分のやる気と天候は連動してる。)

飛び出した蝿
おう、ハエが出てきた。今年2度目。(ハエ叩きで一撃。)
図鑑を見てもよくわからないが、オオクロバエというのは
冬でも陽だまりにいるそうな。ハエは好きではないが
スズメバチよりはよほど平和的な顔をしている。
晴れたし、時間も中途半端なのでうちの山へ行く。
アカマツ
このアカマツは枝が多い。
この姿は枝で幹を防御しているように見える。
とりあえず庭木に仕立てるつもりはなく、
どう育ってゆくか見守りたい。
松は枝が勝手に折れるので枝打ちはいらないと聞いたことがある。
ニュージーランドの松は枝打ちが必要だったと聞く。
枝は当分そっとしておこう。
つばき
けものみちのつばき。だんだん色づいてきた。
どんな花が咲くのだろう。
笹
笹、元気がないなあ。
あれ、竹には春が秋だったか。
もう少し気をつけてみていればよかったなあ。
ふきのとう
ふきのとう。場所によっては12月から出ているらしい。
ここでは小さすぎて採る気にもならない。

製材の日

昨夜の月です。
昨日の夕方
この日の4本目の丸太は末口26cmで、どう板を挽くかパターンを
作っていなかったので、作業は中止。家で検討することにしました。
5時過ぎて、挽くには暗いがまだ作業はできる。
端材をチェンソーでこまぎって薪にしました。
木取り
ま、大体こんなイメージで。
この通りに挽けなくても目標を作っておけば悩む時間を節約できます。

傷っ木
一夜明けて、
準備していた木には大きな傷がありました。
切開
邪魔な部分はあらかじめ取り除きます。
ベルトが外れた
たいへんだ!ウインチが動かない!!
ベルトが外れています。
クラッチ?
泣きそうになりながらドライバでベルトをはめようとしていると
肘がクラッチレバーにあたり、左のロールが下に下がって
すんなりベルトがはまりました。
「クラッチってこれ!?」機械の構造は良く見ておくべきでした。
煙突の中
煙突掃除
昼休み(自主)に薪ストーブの煙突掃除。
直角度
ところで、この直角度の出ない原因が新たに判りました。
刃の持ちあがり
挽いているうちに刃が浮いてくるのです。
帯鋸が中央で凸になるので平面が出ない。
親方はあさりのが出ていないとこうなると言っていた。
しかし、あさりを直しただけでは解消しない。
やりなおし
刃の送りを遅くして表面を舐めるように挽きなおしてみましたが
ガソリンを喰います。
何事も刃物に左右される。目立てを究めるしかないようです。
5寸角3本
遠い道のりです。
端材を薪に
端材が薪になるのがせめてもの救いです。

切れ味



目立て機は全自動というわけにはいかず、
油断をすると刃の送りが詰まり、
がりがりがりっ!と鋸刃にくいこむ。

それでも出来た刃は、切れ味が回復しているので
大したもんだと思う。
1回目立てに出せば1200円!
おー!この調子でいけばAC-DCコンバータ代の
元がすぐとれるぞ。

聞こえますか?



26日の朝、ホケキョ先生が鳴きはじめました。
「ホー」があまり聞こえません。

休業

丸太
こんばんわ。
雨が降っていても
このところ外出続きだったので
昨日・今日は家でお休みです。
レモン紅茶
だらだらと過ごしております。

セッティング



車のバッテリをはずして目立機の電源に使い、
バッテリが上がったら目も当てられない。

バッテリ+バッテリチャージャーなのか。
直流12vポータブル電源なのか?
ネットを見ていてもらちが明かず、
丸太工場の始業前をねらって親方に教えを乞いに行った。

雨ざーざー降ってきて、その足で
親方に教わったAC-DCコンバータを買いに行く。
買い出しにはちょうど良い。

全然親切じゃない店員さんの説明に
電気工作をやったことのないことを思い知る。
目立て機のケーブルからクリップをはずして
銅線を出して出力端子に差し込めばいいのだと
納得するまでに時間がかかる。

家に帰るころ雨雲は風に吹き飛ばされていた。
電源をつないでカムで連動する刃の送りと
グラインダの上下動の調整が難しい。
鋸刃一本は練習用になってしまいそう。

出来あがった刃の形状を確認して、
さらに使ってみて微調整をかけてゆかねば。

帯鋸の目立て機

サイバーショットの調子が悪くなり
また携帯のカメラで撮っています。

帯鋸の刃は6本あったうち3本が切れてしまった。
そのうち一本は紹介してもらった店に研磨に出したところ、
「これ、ひびが入っていますよ」と言われ使いだしてすぐに切れた。
あと3本しかない、みんなそろそろ目立てが必要だ。
マニュアルには実働2時間ごとに研磨が必要とある。
使用頻度が上がればその都度目立て代1000円、
あさり出し200円はきつい。

「研磨機がついていただろ、目立てぐらい自分でやるよ。」
と丸太工場の親方が言っていたのを思い出し、
マニュアルを読んで部品を探したり研磨盤の角度を見たりするうち
あっという間に時間は過ぎてゆく。

目立て機を駆動させるに12vのバッテリーがいる。
それと6mmのねじを締めつけるつまみの代替え品を
買い出しに行かねばならなくなった。それは明日にして
バッテリーが来ればすぐ使えるよう、あさり付けをした刃を
機械にセットしたりカムがどう動くのか確かめたりしていた。


あさりセット具
あさり付け。
刃を0.4~0.5mm外側、内側、一つ飛ばして外側、内側、交互に傾ける。
1周やって200円なり。
研磨盤の形状
型紙にあわせて段ボールでゲージを作る。
ずいぶんラフな気もするが、調整済みであると思いたい。

バッテリーを買えば充電器もいる。高いなあ。
親方、どうやっているんだろう。

サイバーショットはこたつで温めたら
バッテリーを入れなおしてくださいのメッセージが消えました。
いやだなあ。

みそかつ

みそかつ
泣いても笑っても今日が最終日でしたが
実技検定に通ってほっとしました。

昨日から解毒のため何杯もお湯を飲んで、
だいぶましになりました。

お酒が残ると何もかもが心配に思えて
遠近感がとれず眼鏡を新調するべきか悩んで
それでも今の能力でやろうと決めたら
今日は無事でした。

荷物の安定を重視する先生と
スピードを重視する先生とで教え方が違って
検定の直前しっちゃかめっちゃかになったものの、
「自分が仕事で荷をつってる」気持ちでいったら
落ち着いてやれた。

学科試験の申し込みの郵送期限切れで
受講生5名は土曜日までに検定を済ませて間に合ったが、
後半の日程を選んだ2名は直接愛知の試験会場に
申請書を持ってゆく羽目になった。
(講習のスケジュール設定がおかしいじゃない?)
二人顔を見合わせる。

4時に間に合うよう昼も食べずその足で東海市へ。
もう、たまらん。
途中、一軒だけ味噌カツの看板を見たと思った。
自分は本場の味噌カツは食べたことがない。
帰りのご褒美にしても罰は当たるめえ。

けんど、帰路お店はみつけられんかっただ。
チェーン店のラーメン、讃岐うどん、
ハンバーガー、牛丼、カレーはある。
どの街も同じ店だらけの世の中になった。
きしめんの店が一軒だけあったが閉まっていた。

車中泊セットは積んだままだが、
観光する気分にもなれず、
事は今日一日で済ませたかった。

へろへろになって遠州森町まで戻ったら
立ち寄ったスーパーのフードコートに
味噌カツがあった。

遠出がなければ森町の町営風呂に入るつもりだったが
湯を沸かして頭を洗う覚悟をして家に帰る。
(家で寝るより車中泊のほうが快適なんじゃないだろうか・・・)
真っ先に蛇口をひねると水が出た。室温7℃。

ありがたい。3日ぶりのうち風呂だ~

留守中

今日は体調不良で
クレーンの実技では視点が定まらず
釣り荷をポールや金網にぶつけまくり
模擬試験もひっかけ問題に見事に引っ掛かりまくり

試験に落ちればそれは自己責任だけど
これが職業上の事故なら許されない。

お酒を飲むことで連帯感を維持していた組織にいて
お酒への耐性が極端に無くなってきたとき
酒で変貌をとげた父親を目の当たりにしてきた自分としては
このままではいつか取り返しがつかなくなる。
そのことが心配でならなかった。

春野に来て、かたくなにお酒は固辞してきた。
なのにどうだ。またお酒が忍び寄ってきている。
このままではいかん。

流しの氷
掛川市内では日差しが強くて今日は水が出るだろうと、
勉強もはかどらないので早く帰ったが水が出ない。
留守中ひと気のなかった屋内でボールに氷が張っていた。
なにをかいわん。だ。
火入れ
ストーブに火を入れて
我が家の小さな心臓を復活させる。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます