手作業で帯鋸目立て

帯鋸に亀裂が入った後、
納屋から一番最初の帯鋸が見つかった。
七兵衛の特性を知らず無理して使ったために
変な癖がついて使えなくなり封印したものだ。
再度目立て機にかけたが鋸刃は進んでいかなかった。

新品の鋸刃を取り寄せたら目玉が飛び出るほど高価。
1本8000円。

製材屋さんが鋸挽き一回幾らで原価計算するの意味がよくわかった。
おいそれと新品を下ろせない。

目立て機で仕上げた刃に亀裂が生じては困る。
グラインダのかかり方にむらがあるのは気になっていた。
全ての刃が同じように研げない。
刃の形状に差が出るとますます研ぎにムラが出る。
かゆいところに手が届かない感じ。
ピッチごとに極端に差が出て常に目立て機から目が離せない。
カムとグラインダもうまく連動しなくなった。

手作業でそれぞれの刃に最適な目立てができないか・・・
クリアランス
研いでみる
か、硬い。
3晩かけてすこしづつ研ぐ。
切れ味
うーん、たまに見かける挽き板の鋸目。
送材速度が遅いためか(切れないから。)
あさりのつけ方がわるいのか・・・
一寸の板
刃が進むようにはなったが直線がでていない。
レールの水平度も再チェックしないと。

やはり目立て機を何とか再調整したほうが良いのかな。

そうそう、使用後刃は取り外して水気を拭きとり
屋内で保管することにした。
スポンサーサイト

灰汁洗剤レポート(2)衣類編

またお見苦しいものをアップしますが・・・
先日の灰汁洗剤を作業着用のカッターシャツで試してみました。
洗濯前
2日間き続けたシャツの襟。
100均洗剤使用後
それを市販の洗濯洗剤(100均で買ったもの)で洗いました。
洗剤の量はいつも計量カップ半分ぐらいにしています。
さらに灰汁洗剤使用後
さらに灰汁洗剤の原液を汚れた箇所にぬり
一晩浸け置きした後、洗濯機の液体洗剤注入口にも
灰汁洗剤を注いで洗いました。
20倍以上の希釈になっていると思います。

正直言って、もっときれいになるかと思っていました。
ただ、この汚れは今回のものかはわかりません。
汚れる前から写真を撮るべきでした。

改めて洗濯って何だろうと思います。
汗のにおいや塩分、油、汚れがなくなって
べとつかず、不潔でなく、着心地が良ければ
この程度でよいのかも。

もう少し濃い目で使っても良いかもしれません。
(つづく。)

朝の晴れ間

前線が南に下がっているせいでしょうか、
今朝は晴れています。

天気の心への影響はやはり大きい。
元気が戻ってきたみたいです。

時間はとまらない

久しぶりに1時間早く帰りました。
杉林
どくだみ
止まったまま
草に埋もれてゆく
朽ちてゆく
浜松通いにはそれなりのリスクもありました。
良いことばかりじゃない。
自分がいなくなったら廃屋になってゆく・・・

会社を辞めるのもリスクがありました。

勤めているときにもリスクはありました。

時間も容赦なく流れてゆきます。

レジ袋を履く

レジ袋を履く
先週の大雨の時
たどりついた家の軒で長靴に水が注ぎ込んで
まだ乾かない。

トモ松さんにコメントいただいたレジ袋のことを思い出し
履いてみる。

草花

草花の名前はほとんどわかりません。
P1000081_convert_20120624183630.jpg
P1000086_convert_20120624182821.jpg
P1000089_convert_20120624183823.jpg
P1000090_convert_20120624184138.jpg
樹木は、
いまは緑の葉を茂らせるのが忙しそうで
五月ごろの百花繚乱の気配は止みました。

かわりに目につく草花。
来年は草花にも関心を持とうと思います。

夏至も過ぎ日が短くなるとまたちがう花が咲くのでしょう。

きいちごアイス
おまけは木苺のアイス。
今年は天候のせいかニガイチゴでさえ生で美味しいと感じました。
大量には採らなかったのでジャムにはせず、
味や香りが楽しめるので冷凍保存しておきました。
黄色い奴がモミジイチゴです。
作り方は市販のバニラにのせるだけです。

灰汁洗剤レポート(1)食器洗い編

洗い忘れたタッパー
浸け置き
洗い上がり
先日の灰汁のアルカリ洗剤ですが、
なかなか使い勝手が良いです。

また、お見苦しいものを写していますが
お弁当箱にして洗い忘れたタッパー。
お湯でないと落ちない油に滅入っていましたが
浸け置きをして軽くこすると
泡立ちもなくさらりと汚れが落ちました。
透明プラスチックの曇ったような汚れに効くようです。

使用後、手が少しチカチカする。
アルカリなので目に入るのもよくなさそうです。

Wikipediaには米俵1俵分(の稲わら)を焼いて
1升の上澄みを取り20倍に薄めるとありますが
灰が何グラムになるのかわからないので、
とりあえず1kgの灰に水を入れ4Lにした上澄みを
原液にしてこれを薄めていますが
手への影響がどうなのかまだわかりません。

連日の雨で

倒木
雨は無慈悲に降り続く。

雨合羽の乾く間もなし五月雨の
わが衣手は汗疹だらけよ

台風通過

無残
今朝(20日)、走り始めると
道には木や枝葉が散乱していた。



あう、ねむい。

続きは、目が覚めたら書きます。スンマセン。
かえりみち
かえりみち
かえりみち

春野町内、杉川沿いの国道362号、
3か所ほど道に土砂が散らばる。
オフロードバイクで難なく通行でき気を良くした。

去年の台風災害の復旧作業をしていた重機が
川底で転倒している。
工事を落札したのに、昨夜のうちに安全な場所に
退避させなかったことが悔やまれるだろう。

天竜二俣からバイクがエンストを繰り返す。
プラグもバッテリも問題なさそう。
いつ止まるか不安を抱えながらの走行。
かろうじて目的地に着く。

二俣街道で信号機の故障が2箇所。
警官が交通整理をしていたが、
目的地周辺の市街地では信号がすべてダウン。
警官がいなくても車は整然と流れている。
コンビニに入って停電だとわかる。

レジが使えないので販売した商品を
紙に書き電卓で計算している。
昭和のお店に戻ったようで
マニュアルにない会話がはずむ。

帰路、不安を抱えバイク屋に行くも
定休日だった。半泣きに近い気持ちで
家路につく。

折から台風一過の空、日差し、風。
バイクのコンディションが徐々に回復する。
無事自宅に到着。

コーキングの効果

昨夜は台風の中をバイクで駆け抜けてきた。
うちに着く頃の雨が特に激しかった。

トタンの波板屋根に付いた雨どいから
雨水が滝のように落ちてくる。

そこで心配になったのは
汲み取りトイレのマンホール周辺の補修個所。
何度も水がタンクをあふれさせた亀裂がある。

マンホール周辺は水がたまりやすい敷地になっており
そこをめがけて軒の雨水が集まる。
「やめてくれー」と思いつつブルーシートを敷きなおすも
それ以上の対策はできなかった。

朝、雨はあがった。
問題の場所はやたら水はけがよい。
あまり見たくないマンホールの中を
我慢して見てみるとタンクは8分目まで。
雨水の流入はないわけではなさそうだが、
もう一度くらいなら大雨に耐えられそうだ。

去年の暮れに友人たちが来る前にし尿処理を頼んだから
半年に一度のペースになるならまずまずだ。

今年はもう一度補修個所の上にモルタルを重ねたいと思う。

プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます