秋の日差しの中で

P1000727_convert_20130930095019.jpg
落ちた柿は拾うものだと意識した途端
毎日ズルズルの柿が食べられるようになりました。
今はもいだ柿の方がパリッとして美味しいですが
こどものころ熟し柿が好きで運動会のお弁当に持たせてもらいましたら
腐った柿を食べていると先生に言いつけられました。
P1000781_convert_20130930093827.jpg
あけびが熟れてきました。
昨年は10月21日に中身が空だとぼやいていますが
見に行くのがちょっと遅すぎたようです。
P1000780_convert_20130930093915.jpg
彼岸花は色あせて毒々しさも消えてしまいました。
P1000773_convert_20130930094020.jpg
君には日光浴が必要なんだってな。
だんだん情が移ってきて困ります。
ガラパコスのイグアナに会えなくても
君に会えてよかった。
P1000766_convert_20130930094123.jpg
P1000787_convert_20130930093711.jpg
図鑑を見てびっくり。カエルの周りは敵だらけ。
プラケースのそばから離れなかったピョン介は
もしかしてキリギリスにやられたのでは・・・
飼うなら最後まで飼わなくては。
スポンサーサイト

ボイラー排水口

うちの風呂は薪ボイラなのに灯油と電気が要ります。
エコではないなと思っていたら
ある停電の時、灯油も電気もなしで焚けるとわかり
今は専ら薪だけで運転しています。
P1000708_convert_20130929073159.jpg
ただ電源が入っていないと沸き過ぎ警告ブザが鳴らないので
沸騰点に近付くとお湯を強制排水してしまいます。
薪が多かったりちょっと目を離したすきにせっかく沸いたお湯が
流れていってしまうことがあり、先日も大鍋で4回お湯を
浴槽まで運びました。そのたびに排水口の蛇腹のパイプを
曲げねばならずバルブの取り付け部分が回り出したので
なんとかせねば。
P1000723_convert_20130929073332.jpg
蛇口をつけてその先にホースとのジョイントをつけるか、
でもつなげるナットや何かがありません。いたずらに時は移ります。
P1000739_convert_20130929073457.jpg
P1000756_convert_20130929073636.jpg
えい、
結局施工時からついていた蛇腹のパイプをカット。
(これは案外簡単に切れました。)
その先にホースをつないだだけの粗末な排水口ですが、
P1000758_convert_20130929073958.jpg
お湯が流れ出た時にはここにホースをつなげて
お風呂に給湯できるようにしました。

ウドにたかる虫

P1000612_convert_20130928060731.jpg
P1000631_convert_20130928060122.jpg
P1000632_convert_20130928060848.jpg
P1000635_convert_20130928061002.jpg
その虫は何が好物なのか記憶しておく。

ためし

安物インパクトドライバは力がなく、すぐバッテリ切れになります。
なんで電動ドリルにコンクリートミキサーのアタッチメントなんか
付けたか悔やんでも仕方ありません。
充電を待つあいだちょっと確認にでました。
P1000752_convert_20130928145242.jpg
おお、スギ吉、スギ太郎、
雪の重みでうなだれていたのはついこの間のようです。
P1000761_convert_20130928145448.jpg
またビール瓶の太さのところで枝を切るのですが
切る場所はだんだん高くなります。
枝打ちのプロは縄一本で高所の枝を切って回るとか。
私はそんなつもりは毛頭なく
今年は高枝バサミがあるのでコワの梯子とセットで使えば
去年より高いところまで切れるはずだと思っています。
P1000765_convert_20130928150040.jpg
ただ、梯子に登っている時の転落防止に安全帯が欲しかったのです。
もう転落事故はこりごりです。
でも市販の安全帯は私には高価すぎます。
安全帯はハーネス部分とロープの部分からなっていて
私は登山用のハーネスを持っていました。
P1000767_convert_20130928145716.jpg
林業で安全帯をどう使うのかなかなか出てきません。
外周をまわすだけでは真下方向に滑り落ちてしまいます。
縄を木にひと巻きすると止まりました。
きちんとした職場では認可のない安全帯は使えないはす。
私は自営と云うか趣味なので労災はききません。

これで梯子がはずれた時、どうやって下に降りるのだろう。
そうだ、時々安否確認の電話をくれる樵さんがいた。
今度聞いてみようと思います。

(何をやってるのか?説明図です。)

きみは元気かと聞いた

「きみはげんきか?」
P1000715_convert_20130928111142.jpg
P1000711_convert_20130928111243.jpg
「ふん、まあ、今んとこはな。」

「きみはげんきか?」
P1000757_convert_20130928110941.jpg
P1000751_convert_20130928111040.jpg
「げんきだよ~。」

マンホール周辺

台風18号の雨が汲み取り式トイレに流入して
また回収業者に来てもらいました。

去年11月~今年の3月 8,000円
今年 3月~  9月で10,800円

トタンとブルーシートで年2回のペースに持ち込めそうでしたが
P1000722_convert_20130927135025.jpg
P1000734_convert_20130927135403.jpg
マンホール周辺に塗り重ねたモルタルが堰き止めダムになり
マンホールの向うに水たまりが出来ていたようです。
P1000641_convert_20130927135159.jpg
コンクリートの割れをコーキングし、さらにモルタルを重ねたのですが
水がたまれば浸みこむのですね。
奥が高くなるようにセメントを重ね塗りして

P1000690_convert_20130927134913.jpg
内装用の塗料の余りを塗ってみました。
3年前のものなので使えるかどうかわかりませんが
塗料の値段を見てもっと安いペンキを買えばよかったかなと。

この作業中台風20号が来て
「かんべんしてくて~」と云いたくなりました。
幸い雨水の流入は少なくひとまず安心。

汲み取り式は前近代的ですが、
大金を投資して浄化槽に替えても
維持費は年間数万円かかるようです。

次は年1回の回収ペースが目標です。

P1000720_convert_20130928055643.jpg
余った塗料で浴槽の壁一面分だけ塗れました。
一斗缶を缶切りで開ければ続きが塗れるかもしれません。

リン酸肥料

夏にぬか床を作ろうとして腐らせてしまったので
余った米糠は堆肥に混ぜることにしました。
P1000695_convert_20130926223201.jpg
米糠、堆肥ともにリン酸を多く含む肥料になると菜園の本に載っていました。
リン酸は実を育てる成分です。
おが屑堆肥には共栄菌を入れていないので熟成が進んでいません。

そうだ、ふりかけるだけではなく混ぜなくては。
P1000700_convert_20130926223315.jpg
これはシロオニタケ。わかりやすい毒キノコです。
広葉樹アカマツ混生林に生えるとあり、
たしかに周囲にはアカマツも広葉樹も若木ですが生えています。
(おが屑栽培でも毒キノコじゃなあ・・)
P1000682_convert_20130926223412.jpg
以前家周りの木屑堆肥から出てきたよりも大きな幼虫。
今は昆虫天国ですが、
私は堆肥を裏の畑にまこうかと思っています。放っておいても
やがてイノシシが強烈な鼻力で掘りだして食べてしまうかもしれません。

まさかの水死

なんということだ。
餌をとるようになって喜んだのもつかの間
一夜明けてカエルは溺死していた。
P1000687_convert_20130926075411.jpg
ケースの底にプールから漏れた水が溜まっていた。
今回は底に川砂を敷いていなかったせいだ。
カエルは溺れることがあるんだ。学習効果がない。

続きを読む

ヤマジノホトトギス

P1000335_convert_20130906174234.jpg
9月5日、雨上がりにヤマジノホトトギス見つけました。
P1000679_convert_20130926065815.jpg
それ以降、ホトトギスはぽつぽつ増えだしました。
去年まで見かけなかったのはこの時期
山に入っていなかったからでしょうか。
P1000692_convert_20130926071415.jpg
P1000699_convert_20130926070744.jpg
P1000709_convert_20130926070358.jpg
一箇所で3態が見られました。
遊園地にある飛行機の乗り物みたいだな。

なぜホトトギスかと云うとぽつぽつ模様が
ホトトギスの胸と似てるのだそうですが
鳥の方はしっかり見たことがなくイメージが湧きません。
P1000664_convert_20130926065450.jpg
台風が来ていますね。
萩が咲きだしたけれど(七草)
咲いた分だけ散ってしまい
3分咲きの状態がつつくのかもしれません。

食べた!

P1000647_convert_20130925185846.jpg
涼しくなってハエがこなくなったみたいで
カエルはいよいよ痩せ細ってきました。
P1000688_convert_20130925190019.jpg
P1000689_convert_20130925190119.jpg
そう思っていると日中28℃まで室温が上がり
拾ってきた柿にハエが集まり出したので
ジュースはひとまず置いてハエの集る柿をケースに入れました。

動画にしなかったのが悔やまれますが
上の写真は食べる前、食べたあとです。
ハエは柿に夢中で迂闊にカエルの方に進み
パクっとやられました。

かえるのうんこもひとつみつけました。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます