ダブる滑車デビュー。が、しかし

もう1月が終わりです。
シイタケ・ヒラタケ体験は
厳正なる抽選の結果落選しました。
おまけに申し込みに使った葉書が古かったので
郵便局宛の葉書に2円切手を貼って返信しなくてはなりません。
がく。

山仕事の現場で見たことのあるダブる滑車(動滑車)
一度やってみたかったけれどもう思い出せません。
DCF00096_convert_20150131172106.jpg
小学校で習ったはずなのです。
ワイヤーを挽く長さは2倍になるけれど
挽く力は2分の一で済む・・・
DCF00094_convert_20150131172227.jpg
こんなんだったっけ。
ウッドデッキに取り付けたアイボルト(ナット?)、
はじめは2個でいいかと思っていましたが
四隅に取り付けて正解でした。
降ろしてからの位置の調整には2箇所ではきつい。
DCF00093_convert_20150131172338.jpg
何とか降ろすことはできましたが
載せることは難しい。
寒くなってアルトの中からへっぽこな現場を眺めています。

クレーンの付いた2tトラックならわけないのだろう。
やまさんのポールがジブのように長ければ・・・でもコケるな。
トラック荷台前方のフレームに滑車をつける・・・フレーム痛むな。
クレーンの代わりになる木は・・・若木ばかりでダメだ。
ウッドデッキはまだ組み立てていないので
今日のところは分解してトラックに積み直し帰ります。
DCF00092_convert_20150131172447.jpg
バイバイバイバイ、また明日。

スポンサーサイト

タイムカプセル

こんな雨の日には家の片づけをすればいいのですが
出掛けました。
ずいぶん遠くの街で落としたスマホを受け取りにその
所管の警察署に出向きました。
携帯は乗り換えていてカメラ代わりに使っていたスマホですが
とあるホームセンターの駐車場で
胸ポケットに入れたのままフリースを脱いじゃって落としたようで
とにかく遠いのでもうあきらめていましたら電話会社から連絡が来て
その受け取り期限が迫っていました。

落としたのは去年の秋ごろで
フォルダを見ると
タイムカプセルを開けたようです。
P1000167_convert_20150130132529.jpg
それは路肩が崩れて通行止めになっていた
杉川の上流へ車を走らせて、
「あ、通行できる!」と気づいた時です。
P1000169_convert_20150130132722.jpg
P1000183_convert_20150130133044.jpg
他にも写真が出てきました。
P1000053_convert_20150130131959.jpg
P1000056_convert_20150130132208.jpg
もう戻らない時間。とても楽しかったな。

アイデア

♪アイデアのお~
男児はあ~
アイデアにい~
倒れえ~えええ♪

アイデア倒れのいちしんふたばでございます。

ウッドデッキを一人で作ろうとすると設置するときに困難が待ち受けています。
本当はこんな突起物をつけたくはないのですが、ウインチを使って荷台から
積み下ろしするのに台付けが掛けられる用です。
アイデア通りに降ろせるか(載せられるか)確かめる必要があります。
DCF00086_convert_20150129185933.jpg
恥を忍んで裏側公開。

今日はさほど気温は低くないのに寒くて
ストーブのある台所にこもっていました。
寝室の断熱材をはずしたせいかもしれません。
鳥も寒そうで、夕べ遅かったせいもあるのか
時々目をつぶっています。心配。

帰ったら2℃

街から帰ると部屋は寒くてインコは車で待たせて
ストーブの火を付けました。
遅くなったのでこんなところで。
と書いたまま寝てしまいました。
すでに昨日の話です。


陽気

昨晩のうちに雨は去ってくれましたが
天気は周期的に変わるようになってきたようです。

雨がもたらした空気のせいか今日は暖かく
DCF00080_convert_20150127183752.jpg
金魚もよく泳ぐので水槽の水替えをしました
水が冷たいのでコケは洗っていません。
DCF00076_convert_20150127183905.jpg
ストーブを焚いて板を切りました。
家の中で場所をとっているものを少しずつ
帯鋸小屋に移しています。
DCF00081_convert_20150127184017.jpg
また板並べです。
厚さがバラバラなので隣同士段差が少ない順にしています。
DCF00079_convert_20150127184125.jpg
DCF00077_convert_20150127184342.jpg
へっぽこは仕方ないが
せめて愛着の持てるものにしたい。
取り敢えず隣同士の段差をかんなでごまかしているうち
DCF00078_convert_20150127184214.jpg
何だか熱中してきます。
いつかのヒノキも混じっています。
かんなのかからない鋸刃の痕もこれはこれでいいや。

かんなをかけると
なんだかウキウキします。
さかめも節も気にしない。

塗料って高いですね。
エルビン・トーマという人の本に
木は塗装をしなくても紫外線に対する防御をするようになると
書かれていました。

腐りかけになるまでほっておいてごめんな、うちの山の木。




あせるな


ウッドデッキを作ろうとしています。
あせるな。
自分に言い聞かせながら。

親しみ

世間は日曜日です。
私も日曜日です♪。

辺りの杉の木が花粉を飛ばす準備を始めています。
DCF00073_convert_20150125180603.jpg
今朝は寒かったのですが、
外に出るころは暖かくなりストーブを焚くほどではありません。
DCF00063_convert_20150125181017.jpg
板の幅が30cmになると目立てをサボった刃ではきつかったので
刃を研いで出直して来ました。
DCF00054_convert_20150125181238.jpg
目立て前
DCF00059_convert_20150125181143.jpg
目立て後

ホントに腐りかける前に挽きたかった。

間伐材だ、低質だと敬遠されるスギ材ですが、
自分には日々親しみが増してきます。
腕がへっぽこでさえなければもっと良さを引き出せるのになあ。

DCF00070_convert_20150125180702.jpg

白いインコとの距離も
縮まってくれれば良いのだけどなあ。





町で

昨日はインコを連れて出掛けました。
灯油を焚いて留守番させるのは財布に厳しい。
でも
子供を車に置いたままパチンコに夢中になる母親にならないよう
気を付けないといけません。

うちの山から収奪するだけでは森は育ちません。

・・・現金収入が必要だなあ。

でも町であった人と話をすると
自分の山が心の支えになっているのに気が付きます。
それはお金では計れないものです。

帯鋸小屋居住性向上計画


昨日はよく降りました。
これから豪雨が周期的になるのでしょうか。
DCF00066_convert_20150123191515.jpg
昨日のうちに寝室の床から断熱材を取り外し畳に替えました。
日によって気温は異なるので物の比較にはなりませんが、
夕べは寝袋もあり大して寒くありませんでした。
DCF00061_convert_20150123191818.jpg
今朝は暖かく、このごろはじっとしていた金魚が珍しく泳いでいました。
DCF00062_convert_20150123191704.jpg
今朝はカシの木の下から伸びてきたモミの木を見ました。
放っておけばうちの山はカシの木の天下と思っていましたが、
モミの木はカシの木よりも少ない日あたりで我慢できるのでしょうか。
思わぬ伏兵かもしれません。
DCF00049_convert_20150123192248.jpg
帯鋸小屋に寝室の断熱材を移しました。
(断熱材は廃品をもらったものです。)
またもパズルに悩みましたが
寝室も帯鋸小屋も4畳半。
ままよ、
断熱材には寝室に敷くときの番号を打っていたので
その通りに並べると収まりました。
DCF00048_convert_20150123192151.jpg
その上に敷いていたコンパネは収まらず丸鋸で切りました。
やまびこやまさん用アタッチメント、
移動式足場が作業台になって大活躍・・・と
書きたいのですが、小屋の床がきちっとした方形でないのと
丸鋸もまっすぐ切れない病で苦戦。
時間は移ります。
DCF00052_convert_20150123191924.jpg
お昼。
白い子がまた出せというので出しました。
薪ストーブのすすの付いた壁で頭を掻いたりするので
汚れまくっています。
DCF00050_convert_20150123192026.jpg
帯鋸小屋から掃き出したおが屑で
お昼はストーブを焚きました。
帯鋸側の戸はこれから閉めないとです。
DCF00047_convert_20150123192332.jpg
ぴったりいくわけはないのでほどほどにして
棚の下にはいつかの痛恨の床材の余りを並べただけにしました。
インコの留守番用に試用していた灯油ストーブですが、
湯たんぽユニットとセットでなら車で連れ出す手もありそうなので
しばらくは帯鋸小屋で使ってみようかと思います。
DCF00046_convert_20150123192424.jpg
電気工事のされていない小屋。
電気コードをどうしようと思ったら、
何でしょうか、
先住者もここで電気を使ったのでしょうか。
美味い具合にコードが挟める戸口になっています。








麻婆豆腐

雨で一日中ストーブを焚くときは
灯油ストーブの方が良いのですが
帯鋸小屋に置いてきたので
仕方なしに薪を焚いています。
薪の火がもったいないので麻婆を作ることにしました。


材料

ひき肉(何の肉でも、なくても可。)     適量
豆腐                    適量
にら(ねぎでも、たまねぎでも可。)     適量
チリソース(七味、一味、タバスコ、可
             豆板醤もちろん可)適量
醤油(味噌でもケチャップでも、なくても可) 適量
塩こしょう                 適量
片栗粉                   適量

手順
DCF00044_convert_20150122135153.jpg
ひき肉を塩、こしょうチリソースで炒める。
DCF00043_convert_20150122135240.jpg
にらを入れる。
DCF00042_convert_20150122135359.jpg
豆腐を入れる
このとき豆腐パックの水も入れる。
DCF00041_convert_20150122135518.jpg
水が出て煮立ってきたら醤油を入れる。
DCF00039_convert_20150122135612.jpg
豆腐に色が付くころ水に溶いた片栗粉を入れる

とろみがついたら出来上がり。



プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます