さぼったわけじゃないよ

同年代の大工さんが言うには
例え30万貰っても、道具代や工具代で消えていって
手元に残るお金は少ないと。
いはんや非正規のいちしんふたばおや、
馬鹿馬鹿しいけど、ドライブしたのだと思って早く帰る。
DCF00544_convert_20150330180409.jpg
明るいうちにうちの山に着。
りょうぶの緑のキャンドル灯る。
マクロでピントの合うカメラが欲しいけど、
職に就くまでの願掛けをしてるからだめ。
今の状態ではとても駄目。

インスタントラーメンの汁のようなひさかきのにおいをかぎながら、
DCF00535_convert_20150330181117.jpg
よ、ご苦労さん。ずいぶんくたびれたね。
DCF00540_convert_20150330183221.jpg
種もとれず、挿し木も失敗したみつばつつじ。
そんないちしんふたばをよこめに勝手に生えてきやがった。
DCF00525_convert_20150330180916.jpg
コゲラの森では立ち枯れの木を薪にして
コゲラどこかに行くかと思っていたら
一冬開けて栗の木がまた一層穴だらけに。
なんだか笑える、ほほえましいと思える気持ちに変わる。
DCF00522_convert_20150330175741.jpg
山が荒れるのは下草が生えないことを原因にあげる人が多い。
はて、うちの山は人工林でなく天然生林。
まだ若木ばかりで疎らなのになぜ?
あ!それほどまでにシカの食害がすさまじいのだ。
あ!
水害、土砂崩れの原因に
シカによる林床の食害も挙げられるのではないか。
DCF00537_convert_20150330180553.jpg
やぶつばき。
木が大きくなると花もきれいになってくる気がする。
スポンサーサイト

ソメイヨシノ

雨。

立ち止まるひまがなかったので、
いつ咲いたのか全然気が付かなかった。
誰にも愛でられず雨にぬれる桜。

ただいま

今日は休み。

ふきのとうが伸び切っている。
DCF00502_convert_20150329003101.jpg
家からすぐなのに、
まるで時空の隔たりがあるように、
うちの山の土を踏むことが出来なかった。
DCF00513_convert_20150329003754.jpg
インコにしかできなかった(カワイイカワイイ)を
うちの山にもしてやる。
DCF00509_convert_20150329003630.jpg
イノシシに荒らされた
第一テラス東側を思い切って刈る。
自然のままに森が回復するのを待っていたが
お茶の木ばかりが伸びて来た。
茶畑にするつもりはないと心に決める。
DCF00507_convert_20150329003237.jpg
チップソーの研ぎを覚えたので
地面ぎりぎりまで気兼ねせず刈る。
DCF00508_convert_20150329003451.jpg
少しは歩き回れるようになったし、
鹿にかじられたと思っていた松江から持ってきた栗の実生が
健在だったのを発見する。
早速錆び止めをしたワイヤメッシュで囲う。

堤防の桜


人から聞いた話です。(写真は記事とは関係ありません)

川の堤防にソメイヨシノの並木がありました。
国の役人が来て、「誰だ桜の木を植えたのは!すぐに伐れ。」
といいました。地元の人が「勝手に生えてきただよ。」と云って
伐らずにいるうち、その人は転勤になり、木を伐る話はなくなりました。

話をしてくれた人になぜ堤防に木を植えるといけないのかと尋ねると
蟻の一穴と同じで木の根が張ったところに水がしみ込んで
堤防が崩れるのだそうです。杭を打ったりガードレールを
つけるのもいけないのだそうです。

森は緑のダムと言いますが
傾斜地に樹木が生えていると却って土砂崩れの原因になるとしたら
多発する土砂崩れを森の力で食い止めるのは無理な話のような気がします。

何が本当なのかわからなくなってきました。

ゆめのかけはし

今朝はストーブを焚こうにも灯油がなく、
お弁当を作ろうにもカセットコンロのガスがなく、
しゃあない、コンビニで買うか…と思って
お弁当買い忘れ、
お昼に散歩がてら外に食べに出かけました。

通勤途中に見るセンスのない橋、
でも時々人が歩いて渡っている。
いったいどこから上るんだろう?と思って歩けば、
こんなところにのぼり口があった!
(たぶん小々次郎さんは渡ってられるのだろうな・・・)とか思いつつ、
DCF00481_convert_20150327200403.jpg
DCF00482_convert_20150327200528.jpg
いまは花桃が花盛り。
DCF00484_convert_20150327202338.jpg
DCF00485_convert_20150327202434.jpg
DCF00483_convert_20150327202529.jpg

オーツ麦

DCF00463_convert_20150324192409.jpg
いろんな穀物が配合されたエサには
インコによって好き嫌いがあり、
シロがいつも食べずに残していたオーツ麦を
アオは嬉しそうに上手に食べていたものだから
オーツ麦だけを一袋買ってみた。
すると
今まで来なかったのにオーツ麦で呼ぶと飛んできて
久しぶりに手乗りのオヤジ気分。

DCF00461_convert_20150324192554.jpg
くちばし攻撃を覚えたアオは
エサ争いに負けなくなり、
ミドを追い払ってエサ箱を独占している。
アオはお腹に貯めたエサをキイちゃんにプレゼントする。
そのためにミドを追い払う。
DCF00462_convert_20150324192501.jpg
いちしんふたばとシロの距離はますます開いて
シロはなかなか出てこなくなった。
がめついというかデリカシーのないミドは
シロのかごに入ってまでエサをあさる。

最初はしつこくプレゼントに来るアオを
キイちゃんは少し嫌がっていたが
最近はデリカシーのないミドがお邪魔虫に来ると
怒って追い払うようになった。

現金欲しさ

去年のうちに無くなるはずだった薪が
2月いっぱい持った。
3月に入りインコのため灯油ストーブを焚いて
バイトに出掛けたこともあり、薪の消費が減った。
DCF00458_convert_20150324192313.jpg
この冬準備した薪にはほとんど手を付けなかった。
その代りバイト代は灯油とガソリンに費やされた。

苦労して稼いだお金で灯油を買うのと
苦労して作った薪で暮らすのと
どちらの苦労もそんなに違わない気がしてきた。

山が荒れている2

おりにふれて「山が荒れている」という言葉を聞く。
でも、云ってることは人それぞれ。
そして皆が、さも定説であるかのように自信を持って語る。

Aさん
間伐が進まないので地上に光が届かず下草が生えないので
少しの雨で土砂が流出して地滑りがおこり川も荒れる。
Bさん
昔の山は下草刈りがされて、よく手入れされていたのに
今ではカシなどの常緑樹が生えて大きくなってきた。
常緑樹の下は一層暗くて下草が生えず水害の原因になる。
(用材になるスギヒノキが育っていないことを嘆く。)
Cさん
人工林は根が浅いから大雨が降ると根こそき流されてしまう。

Aさんが云う間伐が進んでいないとはどの程度の立木密度の山を言うのか
手入れがされていなくても下草が茂っているところは結構ある。
それがもっと放置されるとBさんの云うような常緑樹の茂る山になる。

Bさんは整備された人工林が良い山だと云っているように思える。
横浜にはシイ・カシの生える山を保護するため入山禁止にしているところもある。

Cさんの話しからいくと
かつての林業地帯では水害が多かったのだろうか。
金原明善という人は流域の水害を防ぐため堤防を作り
上流域の天然林を伐採して人工林に作り替えた偉人だというが
その話はいったい何だったんだろうか。

下流の町で働くと水害は上流域に住む者のせいのように
言われることがたびたびある。あたかも「木」が原因で
水害が起きてるかのようにいわれることもある。

あんまりだ。

連日の無理がたたって
ノウハウをもった貴重なベテランが今日はお休み。
技術の継承に支障が出ないか心配。

人手不足の過疎の町で働く老人に
そんな使役のしかたがあるだろうか。

こうなったらがんばるしかない

現場は自分の住む町内ではないから
地元のために働いているという気持ちはさらさらなかった。

でも、

地元のために一生懸命頑張っている他の人が
心無い人にぼろくそに言われているのを聞くとなにくそと思う。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます