どこが打たれ強いねん。

今朝、

卵の産み付けられた梅の木の下を見ると
水のたまったたらいにちっちゃなおたまたちがいました。
激しい雨が来ないうちにおたまたちは無事に生まれたようです。
DCF00031_convert_20150630190606.jpg
今はねむの木が咲き誇っています。
うちの山でもねむの木の実生は生えてきますが
食害に遭うのか、大きくなる前に消えてしまいます。
梅雨空で写真写りもよくないですが、
ねむの木がたくさんあればお花見だってできそうな雰囲気です。

あっちからもこっちからも叩かれて、非難轟々。
それでも社会復帰へのリハビリだと割り切って前に進む。

ただ一人だけ
「あんたは自分の務めを果たした。それでいいと思うよ。」
と言ってくれる。
その人と出会えたことは、ほかのマイナスを補って余りある。
スポンサーサイト

仕事場は月

今日の仕事場は月。

月までは38万キロ。
たとえ看板が面白くっても、
DCF00028_convert_20150627215057.jpg
それだけで人は集まらない。
DCF00026_convert_20150627215002.jpg
今日も一日しっちゃかめっちゃか。
仕事が終わり
月から春野に帰る。
DCF00025_convert_20150627214924.jpg
長い旅だったな。

パレート

昔の職場で取らされた資格を維持するための実績作りで、
できるだけ簡単に読める本を探してちゃっちゃと済まそうとしましたら
意外と面白かったのです。

FC2が捜査を受けたことと関係するのでしょうか、
マイショップ機能が終了したので書名だけ書いておきます。
「文科系のための品質管理」

その中に「QCの7つ道具で現場の問題の95%は解決がつく」という言葉があり
四苦八苦している今の自分に当てはめてみました。

自分の抱えている問題を欠点とみなして書きだして
辛い、苦しいもの順に並べてみました。
意外にも、一番深刻なものに解決の糸口が見つかると
気持ちがすっと楽になって次の問題にあたれます。



安い給料でも貰った以上は
自分の仕事の品質保証をしなくてはなりません。
出来ないでは済まされないのでサービス残業していると
以前は9時まで開いていたはずのスーパーが閉まっています。
(記憶違いだったのか?)
これでは街まで通勤するメリットがなくなります。

買い出しに出ることのデメリットは
買い食いをしてしまうことです。

暑くなってきて冷たい飲み物も欲しくなりますが
フードコートの冷水で我慢していました。
そしたら目の前にたこ焼き屋があります。

その店にはもうだいぶ前から「従業員募集」の張り紙があり
気になっていました。ひと舟550円。
大出費ですが味見してみましたら、余り美味しくありませんでした。
おかげで、「従業員募集」の張り紙は全く気にならなくなりました。

話が取り留めもなくなってしまいました。あしからずです。

晴れ間

久しぶりに晴れ。

2個のドラム缶では飽き足らず、
梅の木に産み付けられた卵。

鮭のように生まれた場所に戻ってきたのだろうか?
カエル屋敷になる日も近いか?

DCF00012_convert_20150622150552.jpg
梅の木の下には
ほっぽらかして雨水の溜まったたらいがある。

おたまの落下地点を確認して卵を産んでいる。

DCF00008_convert_20150622150409.jpg
くさがぼうぼう。
3時間ほど刈る。

DCF00006_convert_20150622150324.jpg
おが屑堆肥のそとにむき出しにされたカブトの死骸。
蟻の巣穴近くまで運ばれてきたみたい。

生き死には森の日常

かじや

雨。
雨の日は何もする気が起きない。と
以前よく記事に書いていたけど
貴重な休日ともなれば全然違う。

雨どいからの水漏れもなくなり
納戸で作業。

「釘を抜く方法」を検索して
自分でも努力してみる。
DCF00003_convert_20150618151520.jpg
DCF00002_convert_20150618151337.jpg
DCF00001_convert_20150618151200.jpg
なんでネットには親切なページがあるんだろう。
ただネットをつないでいるとき、ふと
映画「ロードオブザリング」を思い出す。
指輪をはめると世界が手に取るようにわかる・・・
でも恐ろしい目が向こうからもこちらを見ている。
(ちょっと疲れたかな)

釘を抜くのに時間もかかるし、結構お腹もすく。
板を買った方が安いんじゃないか?
いやいや、
仕事を辞めてすぐのころは、
たとえば1000円の床屋を見つけて3000円浮いたと喜んでいたが
今は1000円で当たり前。
自分は1000円稼ぐのにいくらのコストをかけているのだろう。
給料の大半が通勤に使う車の維持費・あと保険・年金・昔でいう人頭税。
では手取りは?
自由な時間を手に入れたこの身一つ。
そういう生活を望んだわけだし、やりますか。

もくもくと釘を抜く。

小さなくぎ抜きを「かじや」と云うと知る。

会議の準備

山を越えたと思ったら
やっぱりその先は断崖絶壁だった。
南無三宝。
飛び降りた。

取り越し苦労であったなら良いのだが。

蝮だと思う

在宅。

トイレ(小)に行こうとして飛び上がる。
DCF00090_convert_20150616113610.jpg
お腹のふくれたカエル、
卵を産みに来たのか。

育てようとしたカエルが死んだとき罪悪感にさいなまれるのに
この場面に遭っても(運が悪かったな)と思うくらいで・・・
多分自分が死ぬ時も他人から見ればそんなものだろう・・・
せめて恐怖と苦しみが早く済みますように。

夜、おしっこに行くときに気を付けないと。

大人の顔


DCF00087_convert_20150615125011.jpg
DCF00086_convert_20150615124934.jpg
一番弟分で甘えただったミド。
最近、白目がくっきりして眼力が出てきたのもありますが、
雄の特徴といわれる鼻のろう膜が青みがかってきて
ちょっと無精ひげのおっさんのように見えます。
ろう膜の色は体調によっても変わるみたいなので
決めつけるわけにはいきませんが。

アオ

DCF00081_convert_20150615124634.jpg

DCF00080_convert_20150615124601.jpg
DCF00082_convert_20150615124715.jpg
今朝はやけにアオが唄っていました。
鳥かごにはアオの羽根が散らばっています。
6月に羽が生え変わるようです。
新しい羽根は涼しげな色をしています。

屋根の上の梅


右が梅酒で左が梅シロップ。
梅シロップは焼酎を注がない分、空き瓶に隙間が出来ている。
昨日スーパーで黄色くなった梅がええねだんで売られているのを見て
残った梅を採っても損にはならないと思った。
DCF00089_convert_20150615125141.jpg
トタンにペンキを塗るときに上る場所から回り込んで
屋根の上になっていた梅も採る。
梅の実は赤いところもあり、斑点も出ていた。
3瓶作った梅シロップの隙間に斑点付きの梅を補う。
時間差があってもいいのかちょっと不安。

プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます