枝きり

先週は出勤日が4日だけだったので、
暖かさも手伝って、さっと外に出られた。
(今朝は雨が降っています。記事は昨日、土曜日のことです。)
DCF00153_convert_20170326060935.jpg
大蛇の首が一本切れば2本になるように増えた柿の枝を伐る。
草刈機も使用。剪定の本もナナメヨミしたけれどむずかしい。
気がつくと自分の切りたいと思った枝を好きなように伐っている。
DCF00156_convert_20170326060538.jpg
柿の樹の下にふきのとうが出ている。
職場近くの庭先に咲いていたのでうちにもあるはずだと
枯れ葉を払ったり、板切れをヒックリ返したりしていくつかを見つけたが
通り過ぎた場所でこっそり咲いている。

柿を終わりにして裏の梅に行く。
葛と山芋が絡まりぐじゃぐじゃの枝をすかせる。
以前、花芽のある枝だけを残したけれど全然結実せず、
放って置いたほうがマシだったからこれも何も考えず
邪魔な枝を伐る。
DCF00040_convert_20170326063456.jpg
刈り払い機で払っただけの杉も気になっていたので
はしごを持って伐りにゆく。枝が短くなっているとはしごがかけやすい。
結構見逃している木がまだある。
4mはしごが要る木もあったけど自作安全帯を持ってこなかったのでまたにする。
DCF00046_convert_20170326062221.jpg
先週探しまわったのに、枝きりをしているすぐそばで椿が咲いている。
♪はなはなんのはな、つんつんつばき、水は天からもらいみず♪
それほどどこにでもある花がうちの山にもようや増えてきた。

枝きりをしながら次々と地味な花を見つける。
DCF00151_convert_20170326061546.jpg
DCF00098_convert_20170326060213.jpg
なんて短くて貧弱なキブシ。
国道の道端で立派な花穂をいくらでも見かける。
生長を見守るしかできない。
そのためにはまず自分が健在であること・・・
DCF00041_convert_20170326062652.jpg
ヤシャブシ。
ガラケーのオートフォーカス合わせにくい。
DCF00047_convert_20170326061936.jpg
枝を伐るすぐそばでインスタントラーメンみたいなヒサカキの匂い。
変な匂いだけれど早春の香りだと親しみがわくようになった。
DCF00152_convert_20170326061244.jpg
香の花、シキミ。

なんの特別なものはない、
ありふれた花ばかり。
それでいいんだ。
DCF00031_convert_20170326064052.jpg
馬酔木も再登場。
DCF00039_convert_20170326063808.jpg
かわいいクロモジ。

DCF00020_convert_20170326064523.jpg
第三テラスの下ウワミズザクラのテラスまで枝を伐り進むと、はや17時。
第三テラスのクヌギは生長が悪い。うちの山、下に降りるほど傾斜が急で、
北斜面なのでますます日が当たらなくなるからか。
これも見守るしかない。
DCF00019_convert_20170326064921.jpg
帰りがけ振り返るとニガイチゴ。
スポンサーサイト

自己責任

DCF00157_convert_20170325185750.jpg
そもそもUbuntuに乗り換えたのはプリンタのインクカートリッジの異常のためで
使用頻度が低いのにカートリッジの交換をせまる警告が出、使用すらできなくなった。

コンビニの複合コピー機ではPDFファイルを印刷することができる。
メディアにPDFで保存した文書を入れていけば1枚10円程度で印刷できる。
プリンタを持つ必要なくなる・・・
いまのwindowsにはインストールできなくなったPDF変換ソフトを見限り、
Ubuntuで使える無料のcups-pdfのインストールを試みた。

ダウンロードサイトは英語で書かれたものばかり。インストールするにも
コマンドラインからのマニュアル作業が必要なようで、それをするには
Linuxの知識がなさすぎた。
ITサポートさくらさんのページでSynapticパッケージマネージャからインストールする方法が
紹介されていて、Synapticパッケージマネージャってなんぞ?と
さらにそれも検索して・・・
(多分、パッケージとして存在する複数のファイルをまとめてインストールしてくれるソフト)
Ubuntuのソフトウェアセンターからダウンロードして、cups-pdfのインストールできました。
文字化けするとかあまり評判は良くないので使ってみないことには喜ぶには早いけど、

windowsでは自動で設定していたソフトウェアの更新を手動にしているため
朝からガラケーをアクセスポイントモードでつないだまま。
外でふきのとうを見つけたけど更新が終わらないので撮りに行けず。
お昼間近に更新が終わってFC2にログインしようとすると、

「この接続は危険でパスワード・ID情報を盗まれる可能性があります。」と警告が出る。
そういえばFC2のインフォメーションに2月15日付でFC2がSSL化すると出ていたけど
どうなったんだろう?そのときのログを見てみるとどうもまだのようで、
アクセウカウンターやプラグインはSSL化されてもブログ自体はいつ完了するのか?と
不満のコメントがたらたら上がっている。

今まで暗号化されていない情報を送っていてよく平気でいられたもんだが、
たしかに2回ほどブログを乗っ取られた記憶はある・・・
UbuntuのブラウザMozillaのサイトには、このままリスクを承知でアクセス可能ですが
おすすめできません、あなたの自己責任で・・・みたいなことが書いてある。

これからログインのたびにこのメッセージが出るなんて嫌だな。
SSL化されているブログに引っ越したほうがいいのだろうか・・
文書はともかく写真の引っ越しは大変だ。
早くSSL化してほしいです。

まっすぐ帰って

退社時間に明るい日差しが残っていた。
今日は買い物せすまっすぐうちに向かった。
DCF00018_convert_20170322201429.jpg
まだ明るかったのでうちの山に寄った。

芽吹きもまだ先のヤブウツギのアーチをくぐる。
ことしはどんな花を見せてくれるだろう。

通勤途中、河津系の桜はすでに葉桜になっている。
山桜はもっとあと。御室仁和寺の遅咲きの桜。
大阪造幣局の通りぬけは八重桜。
むかしから多様なお花見があった。

いまはあちらこちらで派手な花桃が目立っている。
うちの山にソメイヨシノが無いせいか、
自分が心待ちにするのは桜よりも
ヤブウツギなのです。
DCF00017_convert_20170322201735.jpg
ホウノキもシルエット。
DCF00014_convert_20170322202030.jpg
お彼岸にちょうどこの道のつきあたりで日が沈む。

宇津之山

道の駅宇津ノ谷峠の奥に古い町並みがあるらしい。
五十三次に岡部宇津之山とあるのでそこが宿場町かと思って行ってみた。
DCF00011_convert_20170320211449.jpg
今日は旗日だった。
残念ながら古民家のお羽織屋さんも蕎麦屋さんも本日終了。
DCF00013_convert_20170320211024.jpg
集落を登りつめたところに
宇津ノ谷隧道(明治トンネル)があった。
DCF00009_convert_20170320211929.jpg
DCF00006_convert_20170320212329.jpg
岡部宿はその向こうらしい。
今度また蕎麦を食べがてら来てみよう。

椿

DCF00005_convert_20170320102620.jpg
いつも見に来てくださってありがとうございます。
どこにでもあるヤブツバキですが、咲きましたので見てやってください。
木が大きくなるに連れ花も椿らしくなるような気がします。

タイマー

DCF00590_convert_20170316050745.jpg
1カゴにつき600円で預かってくれるペットショップが閉店して
一羽2000円あたりがペットホテルの安値だからとても4羽預けられず
去年は車で一緒に旅をしたけど長距離になるとインコもかわいそう。

毎日定時にON/OFFできるタイマーが欲しくて横浜へ行った折、
家電量販店に寄ったが1個3000円もして買わずに帰ったが
今回の京都行きのためにもう一度探すと安いのが出ていた。
ためらうことなく680円のを買ってインコシェルターの白熱球の点灯に利用した。
(写真ではプラグにセットせず置いただけ)

明かりの消えた夜間はポットと電気マットだけになるけど10℃は切らないはず。
明け方だけすこし我慢してもらう。

留守にしたのは一晩だったけど4羽の無事を見てホッとした。
心なしかインコたちもわたしが帰ってきて、いつもよりはしゃいでいる気がした。

浦島太郎

12日の朝。
荒れ果てた実家の2階で目を覚ます。
ストリートビューでひどい状態を見たので
メンテに来たのだがどこから手を付けたものか・・・
悲しい思い出に包まれて眠ったけれど
少し落ち着いてゴミを集める。

家の前で近所のおばちゃんに囲まれる。
静岡土産を買ってきておいてよかった。
長く留守にしてご迷惑をお掛けしている・・・

浦島太郎は村に戻って誰一人知った人がいなかったけど
知った人がいてよかった。懐かしかった。

あっという間に帰る時間になる。
観月橋も流れ橋も見たかったけど
DCF00584_convert_20170313192452.jpg
まずは子供の頃遊んだ干拓田を見にゆく。
DCF00580_convert_20170313193200.jpg
六郷土手のように堤防へ上がる階段は知っている。
でもどこか車で土手に上がれる場所はなかったかしらん・・・
国道1号側まで行ってみる。
DCF00577_convert_20170313193512.jpg
だめだここで行き止まり。
観月橋(澱川橋梁)遠望

土山

DCF00587_convert_20170313051409.jpg
土山、50番。副題は春雨。

ワイヤメッシュもトチノキの苗もほっぽらかしで出かけた。

あまりゆっくりもしていられす、
サービスエリアの風景だけ撮って先へ進む。

これは11日のことです。

紅白の梅

DCF00588_convert_20170313051010.jpg
赤と白の梅が寄り添ってさく梅。
裏の梅より前に開花はしていた。
周りは冬と変わらないのに、
梅が咲いただけで「春」ということになる。

この日の朝、粉雪が舞っていた。
山には雪雲がかかっていた。

難升米

「魏志倭人伝」は「魏略」を参照して書かれた部分と
魏の公文書を閲覧して書かれたと思われる部分がある。
「難升米」の名前は魏の明帝から卑弥呼に宛てた勅書の中に出てくる。
難升米が卑弥呼の使者として貢物を持って洛陽まで来たことをねぎらい、
卑弥呼を「親魏倭王」とし、賜り物を持たせて帰らせる旨の勅書だが、
その勅書の控えが洛陽に残っていたのだろう。

難升米の働きを書き出してみる。

貢物として木綿の布類と男奴隷4人女奴隷6人を含む一団を率いて
邪馬壹国から海を渡り帯方(ソウル付近)に到着。
帯方郡で太守の劉夏と面会。貢物を魏の皇帝のいる洛陽まで届けたい旨交渉、
劉夏が付けた護衛に護られ洛陽に到着。
帝より率善中郎将の位と青い組紐の銀印を授かる。

一団を率いて帯方まで外国を旅するには
語学堪能、一団を守る力も必要。
帯方の地方長官と交渉し魏の皇帝に謁見するには
外見はもとより礼儀にも通じ、卑弥呼の威厳を損ねることのない、
立派な人物でなくては務まらないだろう。
難升米は、同行した牛利、引き連れた男奴隷ともに顔に刺青をしていたのだから
異様な一団に見えたに違いない。

岩波文庫の注釈に難升米がもらった官職、「率善中郎将」の俸給は2千石とある。
太守の俸給も秩2千石なので、三国志の時代に一地方を任された武将と
かわりのない待遇ということになる。

難升米は魏の帝に好印象を与えたのではないか。
倭王が掖邪狗ら第二の使節団に贈り物を届けさせたあと
洛陽の帝から卑弥呼にではなく難升米あてに「黄幢」が賜われる。
黄色は魏王朝のシンボルカラー。幢は軍旗。
いわば魏の「錦の御旗」を掲げる難升米は邪馬壹国軍を動かす権限を持っていたとみえる。
女王に軍旗はふさわしくないという配慮か、
真の実力者は難升米だと見てのことか・・・
ただ、この時の黄幢は帯方郡に託されたままだったようだ。

帯方郡に王頎が赴任して
卑弥呼が狗奴国との抗争について陳情の使者を立てた。
このとき太守王頎が塞曹掾史の張政を遣わし、
詔書と黄幢をもたらし、やはり卑弥呼ではなく難升米に授けて
張政は檄文を作って難升米に告諭(おそらくは読み聞かせ)した。
陳情が来ても太守が詔書を書くわけではないから
それまで帯方郡預かりになっていた詔書と黄幢をとどけたのだろう。

難升米は率善中郎将の官位をもらい倭国の外交官というより
魏の役人として動いていたかもしれない。卑弥呼自体、「親魏倭王」の
金印をもらったと言ってもそれはすでに独立国の王ではなく、
中国皇帝の配下としての王であり、朝貢することによって倭は
進んで中国の地方行政に組み込まれたことになる。
そのことを難升米は十分理解していただろう。

金印や銀印、銅鏡を含む多くの賜り物は
たかたか木綿の布と男女10人の奴隷に対する返礼ではなく、
倭国を魏に差し出したことへの見返りだったのだろう。
倭国は郡にこそならなかったが難升米は太守に準ずる待遇で
倭国という一地方の長官に相当する働きをしていたのではないかと思う。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます