GW

やっぱり春が来るのは遅かった。
DCF00623_convert_20170430185516.jpg
いつもならもう咲き始めているヤブウツギ
探しまわって咲いていたのはたったこれだけ。
DCF00624_convert_20170430184920.jpg
DCF00644_convert_20170430180034.jpg
朝方、うちの中は寒くても
早く出て行かないと作業するのがなんとなくだるい暑さ。
DCF00637_convert_20170430181539.jpg
中学校の頃からいつも喧嘩ばっかりしていた女の子がいた。
就職して実家に戻った年、デパ地下でお使い物を買ったら偶然
その店員さんが彼女ですごく綺麗で可愛らしくなっていた。
聞くと高校時分超かっこ良かった男の子と付き合っていた・・・
アカシデってそんな感じの木。素敵になってゆくけど、
うちの山の木だから手の届くところにいてくれてよかった。
DCF00626_convert_20170430184122.jpg
あとから生えてきた木ほどまっすぐ伸びてくる傾向がある。
まっすぐ伸びてくるから先に生えた木を追い越す。
うちの山では数少ない紅葉するヌルデ。鳥たち虫たちが好んで集まる木、
だけどだんだん肩身が狭そうに見えてきた。
DCF00627_convert_20170430183644.jpg
残念ながらカラスウリは定着しなかった。
DCF00647_convert_20170430175022.jpg
スポンサーサイト

第二テラス

まだクヌギの苗が余っている。
どこに植えようか悩んでいる。

はじめは広くても
だんだん石を置くところがなくなる碁盤の目のように・・・
そうだ、笹を払ってどんぐり300個を植えた第二テラス、
いっそのことクヌギ・コナラ混交林にしよう。
そう思って見にゆく。
DCF00641_convert_20170430180754.jpg
案の定、コーンで保護した数株しか成績が良くない。
DCF00639_convert_20170430181147.jpg
でも、エゴノキがすっかり先客として居座っている。
ヤマガラの好きなエゴノキを押しのけてクヌギを植える気がしない。
DCF00643_convert_20170430180428.jpg
コーンのそばにコバノミツバツツジが咲いていて驚く。
雄しべは10本だ。
家の前のミツバツツジを移植したくて種も取ろうとしたし
挿し木もやってみたけれど失敗ばかり。
すごく難しいと思っていたものが自然に生えてきた。
このツツジの日当たりを良くしてやらねば・・・
クヌギを植えるのは中止。

ヤマブキ

DCF00652_convert_20170430173212.jpg
でたらめに剪定した帯鋸小屋の柿が芽吹く。
DCF00620_convert_20170430190250.jpg
その裏手で咲く八重咲きのヤマブキ。
DCF00630_convert_20170430183317.jpg
カシばやしに移植して二度目の春が来たひとえのヤマブキ。
ことしは移植した3株のうち2株で花がついた。
国道362ではすでに先々週から咲いて
黄色い街道になっていたが、うちはやっと咲き始めたところ。

さすらいのヒメスミレ

DCF00646_convert_20170430191644.jpg
玄関でたとこのコンクリートのヒビ割れ。
毎年咲いていたヒメスミレがいない。
DCF00645_convert_20170430175623.jpg
石垣の隙間にもいない。
別の草が出てきている。
DCF00621_convert_20170430185848.jpg
去年の秋、イノシシにめちゃくちゃにされたバラックのそば。
コンクリートのひび割れから生えたヒメスミレの子孫が
マイバスケットを取っ払った跡地で2つ咲いてる。蕾もある。
DCF00648_convert_20170430174701.jpg
おいしかったびわの種を蒔いて生えた実生のポットでヒメスミレが咲いている。
鉢の土を使い回しているうちに混ざってしまったか、これも玄関先のヒメスミレの子。

すでに出身地の親株は消滅している。
新しい土地で地盤を築けるだろうか。
ボクも応援する、さすらいのヒメスミレ。

残りの写真

DCF00604_convert_20170424032825.jpg
リョウブ、緑のキャンドルは開ききった。
この春見逃したものを惜しんでも
もう、次は来年の春。
DCF00595_convert_20170423221008.jpg
第一テラス東、通称ウツギ平・・・のはずなのに、
今の住人はミズキ。
山主が優柔不断で一向に住民が定まらない。
DCF00462_convert_20170424032413.jpg
これは別の場所。
芽吹く前に植えたクヌギ。
なんだか頼りない。
この地はクヌギには向いていないのだろうか。
もともと静岡県にクヌギの木は少なく、
あってもよそから持ち込まれたものだと聞く。
ではおがくず堆肥にやってきたカブトムシの親は
何を食べて暮らしていたのだろうか?

利久梅

DCF00459_convert_20170424035230.jpg
今が一番いい時期。
DCF00456_convert_20170424041239.jpg
DCF00455_convert_20170424041712.jpg
冬の間暖房は灯油だったが、風呂だけは薪を焚いていた。
はなれの薪置き場や軒下に並べておいた廃材の薪がすっかりなくなり、
今日こそは薪作りをしなくちゃと思っていたが、これまでで自分のペースはわかっている、
とても無理。屋外の薪干場に朽木の薪がまだ2山ある、それを家まで運ぶことにする。
1つのことができるまで他のことに手を出さない、なんて言っていられない。
DCF00598_convert_20170424033800.jpg
DCF00461_convert_20170424034314.jpg
DCF00460_convert_20170424034724.jpg
3月末に八重桜の苗を買い求めに行って、時期遅くて、予定外の「利久梅」を買ってしまう。
ご近所で庭木をここまで過保護にしている人はいない。
うちの山は動物天国。シカ、イノシシに、ウサギ、鳥達がよってたかって苗木を狙う。
本来ならカラマツもこうするべきだった。1本100円そこそこの苗木に対して
ここまで手をかける気が起こらなかった。
DCF00457_convert_20170424040813.jpg
トチノキが芽吹いてしまった。
3株のうち1株だけ定植して囲いをする。
朽木の薪を運ぶ時間がなくなる。
仕方なく一週間分だけ車に積む。

持ち込んだもの

DCF00603_convert_20170423205757.jpg
アルトの後ろから第一テラスに降りる道
DCF00601_convert_20170423210338.jpg
何を写すつもりだったのかな
ビンカ峠のある方角の山だったか。
DCF00599_convert_20170423220132.jpg
カラスに襲われないようにシェルターで育てたチューリップ。
4年前に買った球根の代替わり。
このシェルターで保護していた挿し木のまたたびは芽を吹かなかった。
DCF00596_convert_20170423220617.jpg
町で採取した綿毛はセイヨウタンポポだと気がついて、
ビニール袋にしまったまま蒔かなかったはずなのに。
DCF00594_convert_20170424031158.jpg
春夏と順調に育っていたのにウサギの食害を許してしまったカラマツ・・・
DCF00464_convert_20170424031516.jpg
ごめんよ、また一からやり直させて・・・
DCF00463_convert_20170424031908.jpg
今年はやられないようにしなければ。

基本的には自然に生えてきた木で林を作るつもりだったけど、
なかなか好きな木が現れてくれなかったり、欲しい木ががあったりして
移り住んだ当初から色々持ち込んでいる。

里山は人工林の一種なのだし、「こんなもの自然じゃねえ」と
言いたい奴にはいわせておくだ。

何から書こうか

2週連続で出かけたので、やっとうちの山に辿り着いたのに
ソメイヨシノはもちろんのこと山桜も終っていました。
DCF00612_convert_20170423202720.jpg
DCF00615_convert_20170423201949.jpg
慌ただしく出勤するときに桜もユキヤナギも目に入ったのですが
もう咲いていません。コバノミツバツツジが咲き出しました。
この日の夕方にはずいぶん花開き、今日、火曜日はもう蕾はありません。
DCF00613_convert_20170423202317.jpg
イチョウの新芽でもとってみるか・・・
DCF00611_convert_20170423203020.jpg
同じことの繰り返し。
また水たまりのおたまを撮って、
DCF00610_convert_20170423203944.jpg
ヤブウツギは花より先に葉が出る。
DCF00609_convert_20170423204449.jpg
DCF00608_convert_20170423204917.jpg
朝晩はまださむいのですが
風景だけはもう春たけなわの山を歩き始めました。

オートサイフォン

201704180440-00.png
4月17日は仕事終わってコンビニ弁当で夕食を済ませ
遅刻しながら自治会の総会に出て、なんだかんだで9時までかかった。
うちに帰ると豪雨のため停電で、コンビニ弁当を食べていなかったら
晩飯にありつけなかった・・・・
その翌日は警報が出て小中学校は休みだったようだ。

ストーブを焚かないようになった途端「雨季」が来て、
冬の間凍ってしまったドラム缶のサイフォンをそのままにしていたら
くみ取り式トイレに雨水が侵入してしまった。
DCF00618_convert_20170423201412.jpg
ドラム缶の金魚は1尾しか見当たらない・・・
その横のプラのたらいも1尾だけ・・・
水カビ病にはかかっていないけどフリーケアでは、
しかもサイフォンの水交換もできていないから
金魚の住める環境ではなかったのだろう。
いや、金魚を飼うのではなく、
本来の目的は雨水の処理だったのにすっかり忘れていた。
DCF00458_convert_20170424035712.jpg
日曜の朝、
ともかくサイフォンをリセットしてドラム缶にたまった水を排出する。

電話してし尿回収の業者に来てもらうよう頼む。

ワンノートサンバ

昨日も車の中で鼻歌を歌っていて
ルパン三世1stのテーマとワンノートサンバが似てると思う。

パクったとは言いません。



ダバダバのところもそうだけど
同じフレーズのくりかえしと
同じ音の繰り返し。
コンセプトも似ているような。

東京ムービーの曲
山下毅雄さんがつくってるやつ、
ガンバの冒険のエンディングとか
錆びた鉄の匂いがしそうなところが好き。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます