FC2ブログ

充実

DCF00394_convert_20170827220519.jpg
コンビニで喉の乾きを癒やす。
(極楽極楽)
ふと見上げるとぽっかり雲が。

DCF00393_convert_20170827221004.jpg
DCF00392_convert_20170827221228.jpg
「もう、みょうがの花が咲いちゃって・・・」
自分はもう夏ミョウガは終わりだと思っていたら
これからが夏ミョウガの時期だと聞く。
うちの裏の藪に潜り込んでみる。
DCF00391_convert_20170827221558.jpg
(あった・・・)
その足で遠ざかっていたうちの山を見にゆく。
DCF00390_convert_20170827221904.jpg
ツチアケビができている。
ツチアケビを漬けた焼酎は甘かった。
「あけび」というくらいだから生でかじってみた。
甘ニガかった。

ぶぶぶぶぶぶぶぶ
たちまちアブ、藪蚊なんかに取り囲まれ
手や顔を刺されてブクブク。
我慢しきれず退散。
スポンサーサイト

失った時間は戻らないけど

新しく32GBのUSBメモリにUbuntu14.04LTSを入れた。
雑誌の付録DVDからのインストールだからその後の更新ファイルが
山ほどあり、日曜の朝9時半までかかって最新の状態にする。
さらに言語サポートのパッケージにも不足があるとメッセージが出るが、
又の機会にする。
ダウンロード元を最速のサイトに変更(問題なし)
synapicパッケージマネジャーをダウンロード
cupsPDFをインストールしてPDFファイルを出力できるようになった。
バックアップを実行し自動バックアップを設定する。
バックアップ先としてシステムとは別のUSBディスクを挿しておく。
そのUSBを外したままでいると忘れた頃に
「バックアップが延期になっているのでUSBを挿してください。」とメッセージ。

バックアップというソフトは/homeにある作成したファイルを保存するだけで
システムのバックアップではなかった。
今回みたいなシステムエラーの出る前に
システムを以前の状態に復旧するためのソフト
sysytembackをダウンロードしてインストール。
現在のシステムをライブ起動できる緊急ファイルを作成。
緊急ファイルはisoイメージでDVDに焼くことができるが
USBにも焼けるようハイブリットにできるコマンドがあると
雑誌に載っていたが「今はそのファイルがありません」とメッセージ。
とりあえずDVDに焼きこんで
それよりも復元ポイントを作ることが先だと気がつく。
復元ポイントを作って正午になる。

ここまでやっておいて新しいソフトを検討する。
Linux上でwindowsソフトを動かせるというソフトwine。

なぜそこまでしてUbuntuを使おうとするのか
WindowsXp以降のWindowsに馴染めず乗り遅れたことと
Windows8.1を使っていて知らぬ間にWindows10に更新されかかっていたこと。
壊れたPCからハードディスクだけ取り出して中のデーターが取り出せること。

でもせっかく取り出したハードディスクから写真データーを取り出す前に
間違えてUbuntuをインストールしてしまったからたまらない。

データ回復を業者に頼むか?
個人ファイルを見られたくない、
復旧したいメディアがいくつもあるいくらお金がかかるかわからない。

データ回復ソフトを使うか?
Ubuntuでphotoreckという復旧ソフトがある。
でも復旧前のデータが壊れる可能性があるらしい。
一か八かの賭けみたい。

市販の回復ソフトを買うか?
その場合Linux版はなかなかない。
Windows版を買うとすると
Windowsパソコンが必要になる。

横浜に行った時そのためのスティックパソコンを探した。
回復ソフトは2月のうちに通販で買った。
毎月少しずつ必要なものを買って、
スティックパソコンも通販で買った。スティックパソコンは
HDMI端子をテレビに挿してテレビをモニタとして使う。
DCF00388_convert_20170820205317.jpg
USBがタコ足になる。
中古のTVを買ったのはUbuntuパソコンのためだけではなかった。
すでに市販のパソコンは大方Windows10になっている。
お盆休みに初めて起動してみた。
インターネットのブラウザの反応が悪すぎる。
データ復元ソフトはインターネット接続が必須。
(スキャンされたデータがサーバに送られているんだろうな、しかもソフトは中国製)
このソフトスティックパソコンで使えないんじゃないか?

UbuntuでWindowsを動かすことを検討。
wineで動くソフトリストをチェック・・・見当たらない

ダメ元でスティックパソコンにデータ復旧ソフトを入れる。
DCF00389_convert_20170820205054.jpg

パソコンから取り出して外付けハードディスクとして
Ubuntuをインストールしてしまったものをスキャン。
春野に来る前の写真があまりない・・・
それでも大事な時間を写した写真が回復する。
なくした時間が戻るわけではないが
なくした人の笑顔をまた見ることができる・・・






高枝きり鋏

朝7時からUbuntuの更新。
ファイルのダウンロードに時間がかかるので
高枝きり鋏を試しにゆく。
今は枝を切る時期ではないけど
次の予定があるから・・・
DCF00378_convert_20170820205802.jpg
タラノメ取りに使っている枝をキャッチするハサミ。
杉の枝きりに使えないか自分で研いでみた。
一度ばらしたハサミを組み立てる段になって
なにかおかしい。分解しなくてはならぬハメになる。
プラスでもマイナスでもない六芒星のようなドライバーが必要。
一週間そのままで放置。
やっとそのトルクスドライバーを入手して組立て直す。

1cm以上太いと切れない。
もともとは柿なんかを収穫するためのもの。
もっと太い枝を切れるハサミが欲しくなる。

PDF

懸案のレポートはあと印刷するだけだったのに提出期限が過ぎてしまい、
資格喪失になりましたが3ヶ月以内なら回復できるので
お盆休み中にするつもりでいました。
自宅のプリンタはインク切れかそれに伴う故障かわかりませんがエラーが出て
年に一度使うかわからないのにプリンタのインクも買う気にならず、
PDF出力してコンビニの複合コピー機で印刷するかねてからの計画でしたが、
パソコンを再セットアップしたので、もう一度synapicパッケージマネジャーと
cupsPDFのダウンロードとインストールをして、
(これでAdobeのアクロバットを買わなくてもPDF出力ができます。)
携帯電話に入れているmicroSDに関係書類4枚分のPDFをいれて行きました。
DCF00387_convert_20170819230536.jpg
仕事帰りに、コインランドリーで洗濯をしてその待ち時間中に資格更新費と
くみ取りのお金を払いに金融機関によるつもりでしたが、今、街はお祭りで大混雑。
車が数珠つなぎなのでいつもとは違うコインランドリーへゆき、
郵便局への道は通行止めで仕方なしに迂回すると、今度は引き返せません。
(多分今日は土曜日でATMも早仕舞だったかもしれません)
屋台の最後尾で待機しながら通過のチャンスを待ちました。

レポートは問題なく印刷できて一見落着。
振込は来週に持ち越し。
洗濯機とプリンターが修理できていればこんな苦労はないのですが
こんなマイペース加減も面白いかもと。

ZZZ・・・

DCF00386_convert_20170818182839.jpg
8月7日 台風5号通過中。
DCF00385_convert_20170818183119.jpg
8月8日 台風は日本海に行ってしまった。
DCF00383_convert_20170818184401.jpg
8月8日 晩
DCF00372_convert_20170818185017.jpg
お瓶の頃
DCF00370_convert_20170818185542.jpg
今日の夕方。

お盆休みだから日頃できていないパソコンの更新などいろいろやってみるつもりが
Ubuntuに内部エラー発生。
パソコン雑誌おすすめのカスタマイズをしたせいかその前後の作業のせいか?
休み最終日、新しいUSBメモリーにUbuntuをインストールして起動を確認。
朝から晩まで遅い携帯電話の電波で・・・
・・・・眠くて更新できません。。。
要はパソコンの調整をしていたばかりにアップをできませんでした・・・

ZZZ・・・
おやすみなさい。

うなぎと梅干し

DCF00367_convert_20170806190357.jpg
今日、8月6日はことし2度目の土用の丑の日。
丑の日にうのつくものを食べる風習があって
平賀源内がうなぎ屋さんに「本日土用の丑の日」の
張り紙をすることを教えたとされているから
別にどうしてもうなぎでなくっちゃいけないことはない。

うのつくもの発見。
土用干しした梅干しがある。

小松菜がやすかったけど
インコは小松菜よりチンゲンサイが好きだって言うもんだから
残りの小松菜と卵で雑炊をつくって
味付けは煮るときに昆布茶を入れてあとは梅干しだけ。

うなぎと梅干しは食い合わせが悪いというのは迷信みたい・・・
ある意味ライバルだからだろうか。

梅に食欲増進の働きがあって
うなぎとはちがう意味での夏バテ防止になる。

怪獣の本音

DCF00368_convert_20170806190157.jpg
昨日はこの写真を選ばなかった。

ピンぼけしたら杉の木が怪獣に化けた。
幽霊のように悲しげで
何も破壊せずに去っていった。

嵐の前

DCF00366_convert_20170805233004.jpg
8月3日 コンビニの店内から見た雲。
DCF00361_convert_20170805233146.jpg
8月5日 ホームセンターの駐車場
DCF00358_convert_20170805233441.jpg
同じ日 同じ場所 用事を済ませた帰り。

大きな台風が来てるとテレビで言ってる。
が、来るのはまだしばらく先だと、いまは
TVやネットが台風の進路を教えてくれるが
昔は空を見て天気の移り変わりを占った。
小学生の時、雲の種類と名前をたくさん教わった、
日本人は雲に造詣が深かったんだ。
自分は使うことのない知識だったが。
今日の雲、昔の人はどう見ただろう?
嵐の前触れを読み取れる空模様なのだろうか。

台風前後の空の様子よく見ておこう・・・
DCF00350_convert_20170805233554.jpg

雲をつかむ話3

DCF00347_convert_20170801195940.jpg
7月31日の朝。
夏休みの一番悲しい日が8月31日だとすると
2番めに悲しい日は7月31日だったかもしれない。
DCF00345_convert_20170801200220.jpg
8月1日帰宅途中。
DCF00341_convert_20170801200401.jpg
DCF00338_convert_20170801200625.jpg
DCF00336_convert_20170801200757.jpg
ちょっと遠くて掴めそうにない雲だけど。
北山杉のように整然としてない、どこかおどろおどろしい杉だけど。
春野の風景を味わうなら雲と杉はポイントだ。

もっと杉の魅力に迫りたい。

かつて自分が聞いたことのある
杉についてのいろいろな悪い評判は
いったい誰が広めたものだろう?
何の目的で?

ネット上で見ることのできる陰謀論、
初めて見るには新鮮だけど近頃マンネリ感がある。
が、そんな気もする話、
円を大量に刷っているので円安になっている。

だとしたら

外国産の木材は高くなっているから、
いま国産の杉が伐られて流通に乗るようになってきているのか?
(そのへんのところすっかり疎くなってしまった)

いま自分は杉に魅力を感じさえすれ、
ダメな木だとはとても思えない。

いったい誰がそんなに杉を毛嫌いしたのだろう?
それこそが陰謀だったんじゃなかろうか(単なる憶測です。)
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます