FC2ブログ

モリアオガエルのたまご

DCF00103_convert_20180529044715.jpg
DCF00099_convert_20180529044219.jpg
こわれた雨どいから落ちる雨水をドラム缶で受けて、
サイフォンで排水溝へ流し、あわよくばそのドラム缶で
金魚も飼う・・・もくろみでしたが、
サイフォンに空気が入ったり、凍結したあとリセットしないと
自動で排水ができなくなり、ドラム缶はあふれて
し尿タンクに雨水が浸入するのでドラム缶を撤去して
応急的に雨どいを排水溝までつなぎました。

去年まで、
そのドラム缶をめがけてモリアオガエルが産卵していましたが、
今年もドラム缶のあった場所に放置したたらいの上と、
下に水気のない梅の木にたまごが産み付けられていました。
スポンサーサイト

ニガイチゴ

DCF00107_convert_20180527193112.jpg
DCF00110_convert_20180527193250.jpg
GW、歩くのに邪魔になる木苺の類をずいぶん刈りました。
小さな株がたくさんあっても小さな実しかならないから
刈ってしまって、株が大きくなるクマイチゴだけを残したつもりが、
そこに一株だけニガイチゴがまぎれて残っていました。
それで、ほんのすこしだけど採りました。
これでもバニラアイスに乗せて食べるには充分。
ビニールの口を結んで冷凍しておきました。

気になることが2つあります。
近隣の県でコシアブラからセシウムが検出されていること。
震災の翌年にうちの山のタラノメを測ってもらって「検出せず」
でしたが、巷で放射能汚染のニュースはなくなりません。
測定したくてもサンプルを集めるのが大変で、
木苺など計ってもらえる量は採れません。
測定費用もかかりますし・・・
仮に検出されたとして、自分はどうするんだろう?
この地を離れてしまえるだろうか?

もうひとつは山にキノコを採りに入っただけで
共謀罪でつかまるかもしれないこと。
きのこでもいちごでも同じだろうから、不安なので調べてみると
当時、民進党の山尾しおり議員が
金田勝年法務大臣に質問した2017年4月11日の
国会質疑であきらかになったこと。
ただ、気休めかもしれないが「保安林における森林窃盗」と
なっているので自分の山なら窃盗に当たらないはずです。

でもこわい。

たとえ自分の山にいても「近くの保安林に行くつもりだっただろう」
と疑われてしまったら・・・
共謀罪は実行が伴わなくても
現行犯でなくても捕まるのだから
そうなったときは一体どうすればいいんだろう。

保安林に入った人を見かけて通報されればどうなるのだろう?
国立・国定公園のほぼ半分が保安林と重複しているらしい。
きのこ採りでなくても登山しているだけでもつかまる可能性があるのか。

倫理とか道徳とか親に教わった善悪の判断では理解できないようなことで
つかまるのはほんとうにこわい。

エゴノキ

DCF00505_convert_20180525234815.jpg
給料日が土日にあたるので、
今月は一日早い金曜日のうちに支給がありました。
さいふはほぼ空だったので、たすかりました。


ホウノキ

DCF00499_convert_20180524201048.jpg
これも2週間前。
ホウノキ。

暑くなって仕事の汗がたまらなく、
今日から毎日お風呂を沸かすことにしました。

にゅうよーく。

薪集めをサボりすぎている・・・キツイな。

さつきつつじ

DCF00498_convert_20180523231547.jpg

GWの翌週です。

写真にとって見ると花より
向こうの松の枝がきたないのが気になります。

コーン

DCF00496_convert_20180523024322.jpg
うちの山で保護したい苗があるとき、
その生長にあわせて
①スーパーのマイバスケットをかぶせる。
②頭を切ったコーンをかぶせる。
③ワイヤメッシュで囲い獣よけネットを張る、
ようにしていますが

①のマイバスケットはイノシシに荒らされたことがあり、
②のコーンは、あまりいい結果が出ていません。

たとえ、苗が小さくても
いきなり③ワイヤメッシュで囲うほうがいいように思えてきました。

(写真はGW、第二テラスのコナラ)

なごりGW

DCF00494_convert_20180522010134.jpg
連休前、第二テラスの日陰になったヤマツツジを救出するため、
その周りの木を切ったのですが、そこ以外にもツツジの場所があって
ここも救出しなくちゃと思っていたのに、
この写真を見てそのことを思い出す・・・

まいとジュン

母の死を知って横浜から春野に帰る気力が起きなかったとき
友人が梨木香歩の「西の魔女が死んだ」を貸してくれて読んだのです。
カントリーライフの入門書のように読まれているので気が紛れるのではと
いうことでした。

最近、銅鏡の寓話を収めたさとうさとるの「ジュンの秘密の友達」を
開いてふと「西の魔女」に共通点があると思いました。

「西の魔女」まいのお気に入りの場所

「丘から下の方に向かって斜めに細い道が延びていた・・・・
中略・・・5メートルほど降りていったところに、回りを木に囲まれた
日当たりのいい場所があった・・・中略・・・ほの暗く湿った竹林や
杉林の間に、ぽっかりと天に向かって開いたような場所で・・・中略・・・
まいはなんだか妙にその場所が気に入った」

ジュンが小屋を建てる場所

「ジュンの家は、がけのふちにマサキの生け垣がありました。
その生け垣には、すきまが一ヶ所だけあって、そこから下へ降りる、
”く”の字に曲がった細道が、がけについています。・・・中略・・・
がけを4メートルほどおりると、ほんのちょっぴりがけをけずって
平にしたところがありました。・・・中略・・・座りこんでしまえば、
後ろも右も左も、すっぽりやぶに囲まれてしまいます。前は
ツツジの繁みの上に、青い空があるだけです。」

まいのおばあちゃんの別れのメッセージ

「その汚れたガラスには、小さな子がよくやるように、指か何かで
なぞった跡があったのだ。
ニシノマジョ カラ ヒガシノマジョ へ
オバアチャン ノ タマシイ、ダッシュツ、ダイセイコウ    」

ダイちゃんからジュンへの別れのメッセージ

「ジュンは自分が野ウサギになったつもりで、四つんばいになって、
ガラス戸のあたりを眺めました。
そして思いがけないものをみつけました。
ほこりでよごれたガラス戸に、こんな文字が残っていたのです。

『サヨナラ』


梨木はカントリーライフ、
佐藤はものづくりを横糸にして
どちらも「人間の魂は死んだとどこへ行くのか」を
テーマにしています。
ホーキング博士は死後の世界などないと言ったらしいですが
そんなことはどう考えようと個人の勝手なので、
梨木が正しいとも佐藤が正しいとも言いようがありません。
ただ自分は梨木よりずっと前から慣れ親しんでいる
さとうさとるの童話には、ほとんど黙して語られない
にもかかわらず、戦争が含まれている、戦争文学かも
しれないー、とこの年齢になって、今の時代になって
気がついたのです。

ダイちゃん(蜂山十五号鉄塔のオバケ)はその鉄塔を作った技師が
兵役に出る前に『おれが死んだらあの鉄塔に戻ってくるよ』
『だから墓はいらない』と言っていた、その魂だとジュンは知りますが、
この歳になって読み返してみて初めて気づいたのですー。
一言も語られませんがダイちゃんには出兵してから戦死するまでの
記憶が残っているはずなのだと。
そのことが頭にあるのとないのとでは物語の意味も変わってきます。

佐藤さとるの童話集、その文庫版を書店で見かけることはなくなりました。

雨の物語


小学生の頃、我が家宛に
どなたかからオルゴール時計をもらい
そのメロディーが「春雨」でした。
子どもにはわからぬ音楽で
「気持ち悪〜、げがでそう〜」と
全然人気がありませんでした。

最近思ったのですが
「雨の物語」のイントロは春雨と似ています。

上部フィルタ

DCF00502_convert_20180520084943.jpg
雨水タンクとして使っていたドラム缶を撤去したため、
そこに放した金魚の生き残りを980円のたらいに避難させたのですが
ずっと気になっていたフィルタを取り付けました。
金魚の好きな知り合いから1000円で中古を譲ってもらい
たらいに乗せましたが縦幅にも横幅にもサイズが合わず
斜めにして乗せています。

小赤は鱗がとれたように白く見えるところがあり
水カビ病かと思いましたが、そういう模様のようで、
気がついてから3ヶ月になりますがまだ生きています。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます