FC2ブログ

あいしてる♪とても♪

空に、太陽が、あるかぎり♪
DCF00201.jpg
日曜日の朝7:00
DCF00200.jpg
8:00 夏至の日に太陽の軌跡(黄道)を撮りたい
その予行演習のつもりでした。
DCF00199.jpg
9:00
DCF00197.jpg
構図を変えないと10:00の太陽は入りません。
DCF00198.jpg
9:00の別バージョン
DCF00196.jpg
10:00
DCF00195.jpg
12:00左下に杉の木のてっぺんがあります。
DCF00194.jpg
昼からはサボってしまい気がついたら16:00

まるで夏休みの宿題で気温を測り忘れたときのようです。

でも撮ってみると月に比べて太陽はなんて大きいんだ。
むかしはカメラで太陽を見ちゃいけませんと言われた気がするけど
今は液晶なので太陽が撮れるんだ・・・
スポンサーサイト



引き算

人間、若者のうちは足し算で
歳をとったら引き算でいくと
昔誰かが言っていた。

まだ若いと言われるけれど
どうも空を見たり山を見たりするとき
自分の生命力が不安定だった子供のころを思い出し、
老いるってこんな気分なのかなという気分になる。

狩猟免許の更新の案内が来た。
いままでに捕まえたのは子ウサギ一羽
なつかなくって結局逃がした。

ニコルさんはウサギ料理は美味しいと書いているし
友達のAちゃんもそう言う。

いきものを捌いたのは理科の実験を除いて
アジとかグレのような小魚
沢がにとかイナゴはまる揚げだし
あさりやたにしも切ることはない。
とった獲物を捌くなんて自分にはめんどくさくて
やれない。

もう、狩猟免許、いらん。
使わないし。維持費が高すぎる。
もしまたヒヨドリが網にかかったら捕獲できるからと
網の免許も取ったけど、もう流してしまおう。

使わない余計なものは引き算してゆこう。

大雨

DCF00167_convert_20190523210340.jpg
朝から導報無線が小中高校の休校を知らせていましたが
いつものことと、出かけましたら
職場のTVで30年に一度の大雨だと騒いでいました。

気になったのは汲み取りトイレへの浸水で
翌朝、精神的苦痛を堪えてマンホールを開けました。

ビニル袋の効果が出たのか
浸水はほとんどありません。

30年に一度とはいえ短時間でしたし
3月に豪雨がほとんどなかったためかもしれません
大雨が何日も降り続くようなときが本当に怖いですが
とりあえず半年はクリア。
ビニル袋は上をブルーシートで覆っているので
劣化もしておらず今後に備えて敷きなおしました。

DCF00165_convert_20190523210537.jpg
昨日の雨がうそみたいです。
あと一月で夏至。
太陽がこんな位置から昇ります。
夏至になるともっと左から昇るのでしょう。

つるばら

結局、日曜の午後は
ワイヤメッシュで樹木の苗を保護しに行きました。
これまで、たとえ週に1株でも保護していれば
もっと育てたい木が増えていたのかもと、思った以上
やるのだ・・・

たった一区画でも。

DCF00169_convert_20190523203500.jpg

たまたまつるバラの囲いの横を通る。
今年は暖冬だったのと、
トタン屋根にたまった堆肥を施したせいか
花が2つ咲いてまだつぼみもある。

少しだけ救われた気持ちになる。

ふきとわらび

自己消費なら自己責任
でも大事な人にあげるものなら
DCF00163_convert_20190519112107.jpg
検査をやっておくべきだと思った。
DCF00164_convert_20190519112249.jpg
震災の翌年にタラの芽を測って
不検出だったから安心していたけど、
今後も油断はできない。

やる気が出ない

栄養に偏りが出たか
量販ドラグストアでサプリなんかを
買おうか気にずるくらいなら
食事を張り込んでみようと
好きなうどん屋に入り偶然
その店でおいしんぼの最終巻に出会った。
DCF00153_convert_20190518103834.jpg
食事中に熟読できなかったけど
いい話だ。
海原雄山と山岡士郎の和解も描かれているし
災害の当事者となった人の悲しみもわかる。
7458_convert_20190518100055.jpg
うちの山も、もうピュアであるとは言えなくなった。

先週からはれがさやさんのブログを読み込んでいた。
亡くなられた方のログはそっとしておくべきかもしれないけど
残された亡くなられるまでの経緯をたどらずにはいられませんでした。
ご病気は311以前からのものだったようだけれど
一言も書かれていないけど
読んでいる自分が悔しい気持ちになりました。

たとえ先進国、経済大国から脱落しようが
日本にはすばらしい自然がある限り大丈夫だと
そう思い込んでいた。

母の死も、元上司の死も、もしかして。という
疑いの気持をぬぐえません。

せっかくの土日休み、でもなにかやらねば。

デジャブ

仕事帰り
のどが渇いたのでお気に入りの
リプトンレモンティーを買うと、
その日は特売日で88円(税込み95円)でした。
DCF00158_convert_20190518100926.jpg
それを冷房の効いたイートインコーナーで一気飲みしていると、
写真ではまったくそんな風に見えないのですが
アジアの国のリゾートホテルで、仕事から帰って一息ついてる
ほっとした気持ちがそっくりで、これがデジャブかなと思いました。

日本はまちがいなくアジアの国だし
95円でつめたい紅茶を思いっきり飲んでくつろいで
日本語は通じるけれど話しかける人もなし

最近こういう錯覚が起こるのは歳のせいか
ボケなのか?

田舎なのか都会なのかわからない場所で
すごい安い値段で身分不相応な自分が
なんだかすごい贅沢をしているような
明日は休みだという開放感が
そんな気にさせたのかもしれません。

錯覚の中でも幸せに暮らせるということは
本当に幸せだからかもしれません。
DCF00157_convert_20190518101115.jpg
月が昇ってきました。

健康診断

職場の健康診断がありました。
ひととおり検査を済ませたあとの
問診で、のどと肩も診られて
「甲状腺も問題ないですね。」と
いわれました。
甲状腺を診られるのは初めてです。
チェック項目が追加されたのか
医師の独自の判断なのかはわかりませんが

甲状腺がんの増加傾向を調べる必要性が
出てきたのかもしれません。

アジフライ

仕事帰りに100均に行ったりすると
空腹に耐えられずつい外食するのですが、

たまたま通りがかった食堂でアジフライ定食を頼んだら
アジがべちゃべちゃで全然おいしくなかった。
人気の店らしく店内も駐車場も混んでいましたが。

最近、好物だったのり弁の白身魚フライがおいしくない。
むかしどこかで食べたキャットフィッシュ(なまず)のフライの
血合いのところにあたったような臭いがふとする。
お弁当屋さんを替えてもやはりそう。
白身魚っていうけど客には何の魚かわからない。

あるお弁当屋さんでアジフライのり弁というのがあった。
悪くなかったけど、自慢らしいお米の産地表示がちょっと。

その後、お惣菜店ツアーを開始。
DCF00159_convert_20190518100722.jpg
いつものスーパーでアジフライと白ご飯を買う。
シンプルな夕食にしたつもりでも
ご飯が150円アジフライが150円くらいが相場。
DCF00160_convert_20190518100313.jpg
モール内のお惣菜屋さん。
コロッケとかレバカツはおいしいのに。

自分がおいしいアジフライを知っているせいだ。
今はもう食べられない親橋まるきん食堂とか、
最近では伊那北の「角八」

決して高級料理じゃないはずなのに
なかなかおいしいアジフライに会わない。

激うまというわけではないけど
かつさとの海鮮ソースカツどんは
わるくない。
アジフライとイカフライとエビフライが
入ってお得感もある。

チリ

DCF00162_convert_20190518095740.jpg
去年2株だけ復活したチリの種が芽吹いた。
春分の日に蒔いてまったく芽が出なかったので
やはり前々年の種から育ったせいかと
もうあきらめかけていた。
いくら暖冬でも、ストーブを焚かない部屋では
発芽に必要な暖かさがなかったみたいだ。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます