浦島太郎

12日の朝。
荒れ果てた実家の2階で目を覚ます。
ストリートビューでひどい状態を見たので
メンテに来たのだがどこから手を付けたものか・・・
悲しい思い出に包まれて眠ったけれど
少し落ち着いてゴミを集める。

家の前で近所のおばちゃんに囲まれる。
静岡土産を買ってきておいてよかった。
長く留守にしてご迷惑をお掛けしている・・・

浦島太郎は村に戻って誰一人知った人がいなかったけど
知った人がいてよかった。懐かしかった。

あっという間に帰る時間になる。
観月橋も流れ橋も見たかったけど
DCF00584_convert_20170313192452.jpg
まずは子供の頃遊んだ干拓田を見にゆく。
DCF00580_convert_20170313193200.jpg
六郷土手のように堤防へ上がる階段は知っている。
でもどこか車で土手に上がれる場所はなかったかしらん・・・
国道1号側まで行ってみる。
DCF00577_convert_20170313193512.jpg
だめだここで行き止まり。
観月橋(澱川橋梁)遠望
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

やっぱり里帰りでしたか
三栖閘門が写ってたので澱川橋梁の位置を図って
ぼんやりだけどトラスが写ってるのを確認できました
本当にすぐお近くにお住みだったんですね 羨ましい
しばらく通うことになるんですかね 
流れ橋は次回のお楽しみですね

小々次郎さま

おはようございます。
コメントいただき有り難うございます。

そうなんです。
実家にはサラリーマンをやめて山陰から静岡へ向かう途中に
立ち寄って以来、8年ぶりでした。
今回は始めざるをえない旅で、お金をかけていく以上
あちこち回って元を取ろうと思っていましたが、
そんな余裕はありませんでした。

本当は奈良康ランドに泊まる予定でしたが、
野宿するつもりで我慢して家で寝ました。

不定期ですがこれから実家に通うことにします。
流れ橋とかぜひ行ってみたいと思います。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます