枝きり

先週は出勤日が4日だけだったので、
暖かさも手伝って、さっと外に出られた。
(今朝は雨が降っています。記事は昨日、土曜日のことです。)
DCF00153_convert_20170326060935.jpg
大蛇の首が一本切れば2本になるように増えた柿の枝を伐る。
草刈機も使用。剪定の本もナナメヨミしたけれどむずかしい。
気がつくと自分の切りたいと思った枝を好きなように伐っている。
DCF00156_convert_20170326060538.jpg
柿の樹の下にふきのとうが出ている。
職場近くの庭先に咲いていたのでうちにもあるはずだと
枯れ葉を払ったり、板切れをヒックリ返したりしていくつかを見つけたが
通り過ぎた場所でこっそり咲いている。

柿を終わりにして裏の梅に行く。
葛と山芋が絡まりぐじゃぐじゃの枝をすかせる。
以前、花芽のある枝だけを残したけれど全然結実せず、
放って置いたほうがマシだったからこれも何も考えず
邪魔な枝を伐る。
DCF00040_convert_20170326063456.jpg
刈り払い機で払っただけの杉も気になっていたので
はしごを持って伐りにゆく。枝が短くなっているとはしごがかけやすい。
結構見逃している木がまだある。
4mはしごが要る木もあったけど自作安全帯を持ってこなかったのでまたにする。
DCF00046_convert_20170326062221.jpg
先週探しまわったのに、枝きりをしているすぐそばで椿が咲いている。
♪はなはなんのはな、つんつんつばき、水は天からもらいみず♪
それほどどこにでもある花がうちの山にもようや増えてきた。

枝きりをしながら次々と地味な花を見つける。
DCF00151_convert_20170326061546.jpg
DCF00098_convert_20170326060213.jpg
なんて短くて貧弱なキブシ。
国道の道端で立派な花穂をいくらでも見かける。
生長を見守るしかできない。
そのためにはまず自分が健在であること・・・
DCF00041_convert_20170326062652.jpg
ヤシャブシ。
ガラケーのオートフォーカス合わせにくい。
DCF00047_convert_20170326061936.jpg
枝を伐るすぐそばでインスタントラーメンみたいなヒサカキの匂い。
変な匂いだけれど早春の香りだと親しみがわくようになった。
DCF00152_convert_20170326061244.jpg
香の花、シキミ。

なんの特別なものはない、
ありふれた花ばかり。
それでいいんだ。
DCF00031_convert_20170326064052.jpg
馬酔木も再登場。
DCF00039_convert_20170326063808.jpg
かわいいクロモジ。

DCF00020_convert_20170326064523.jpg
第三テラスの下ウワミズザクラのテラスまで枝を伐り進むと、はや17時。
第三テラスのクヌギは生長が悪い。うちの山、下に降りるほど傾斜が急で、
北斜面なのでますます日が当たらなくなるからか。
これも見守るしかない。
DCF00019_convert_20170326064921.jpg
帰りがけ振り返るとニガイチゴ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます