ここにも残存思念

DCF00442_convert_20170417042337.jpg
DCF00441_convert_20170417042743.jpg
いちしんふたば対怪蔦。
春野のうちから持ってきたのこぎり、高枝バサミ、刈り払い機を使って
家に巣食う蔦を切り取ってゆく。
枝葉はまとめてトラックの荷台へ。家と駐車場を何度も行き来した。
近所のおばちゃんから差し入れを頂く。
ふるさとは遠きにありて帰るところじゃないと思っていたのに、
母親が生前おこなった親切が助けとなっているようで肩身の狭さを感じない・・・

DCF00443_convert_20170417041846.jpg
にわか雨で雨漏りがする。
DCF00444_convert_20170417043241.jpg
ドロだらけになったから銭湯へゆく。
母に連れられていった記憶が残っている・・・
鉄人のじょうろを誰かに盗られた・・・
DCF00439_convert_20170417044134.jpg
帰る日、入道雲が出ていた。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

我が家にも甲子園からいただいた蔦が壁一面にはびこった時期がありましたよ。
5年前に実家に戻ってきてことごとく退治しちゃいました。
少し寂しいですね。

Dra&長靴 さま

こんばんわ

甲子園の蔦ですか、もったいない気もしますね。
山の木にとって蔓のたぐいは迷惑な存在ですが、
観葉植物として好むひともいる。
自分も(もっと育てよ)なんて思っていたかもしれません。

見てないうちに育ち、
忘れているうちに育ち、
根本は手首ほどになっていました。
怖いものだと思いました。

プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます