FC2ブログ

午後は自由の身

DCF00236_convert_20180916203122.jpg
朝方までぐずついていたのが嘘のように
杉林を覆っていたガスも消えてゆきます。
DCF00233_convert_20180916203535.jpg
13:30頃うちに戻ったときには
暑さ寒さも彼岸までという、
その彼岸がまだ来ていないことを
思い出させる残暑ざんしょ、
15時過ぎまでうちで涼んでから
ようやくトタン屋根に取り掛かりました。
それにしても
この世に青空なんてものがあったんだと
思うぐらい久しぶりの晴天。
やりたいことができる。仕事ができる。
その経済効果は馬鹿にならない。
晴れることで金額的にいくら得するだろう?
なんて
天候まで金額に換算しようなんて
(田舎の暮らしにはお金に換えられないものがある。)
とほざいていたのは誰だっけ。
働いて現金収入を得るということは、
すべてが「金、金、金」の感覚にならなくてはならないのだ。
仕方がないではないか。
そのくせどこかで大きな出費をしてしまっている。
事故とか怪我とか、いやいやそれはリスクというものだ。
それにしても無駄が多いじゃないか。

いやまてよ、そんなこと云われれば
人生そのものが無駄であって、
その人生の無駄を楽しんでいるのじゃないか・・・
大きな無駄のためにお金を惜しむのだ。

DCF00232_convert_20180916204006.jpg
前回裁断した波板は軒先の一番塗りにくいところに貼るもので
その上に切らずに貼った波板はまだ塗っていませんでした。
今日はその、塗り残したところをやりました。
ガリバリウムとはいえ雨ざらしではすぐに錆びるので。
刷毛は使い古しのスポンジを利用していますが
今日はどうしたわけか使い古しが見つからないので
新品を下ろしました。普通の刷毛より塗料を良く吸ってくれますが
すぐにぼろぼろになります。
スポンジを再利用するか、刷毛を洗って使うか
使い捨てのほうが経済なのか
DCF00231_convert_20180916203757.jpg
余った錆び止めはほかの場所に塗ってしまいました。
塗料の一斗缶が空になったので、それも使ってやりたいことがあります。
DCF00237_convert_20180916203316.jpg
17時。リラの花咲く頃のメロディーが聞こえます。
光の加減で山の稜線がはっきり見えます。
今日の午後くらいなら屋根を塗るのにちょうどいい気候です。
(次、傘釘を買っておくこと)
汚れた手を洗うとき、てんぷら油の廃油で手をこすりました。
洗剤よりもはるかに良く落ちます。
そうだ刷毛もてんぷら油につけて保存できないだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます