ボイラの灰

先週末は久しぶりに家にいて
どうしようもなくたまった用事に向かった。
DCF00266_convert_20170708144354.jpg
手箕とスコップを持って
溜まりに溜まった風呂ボイラの灰を掻き出す。
この灰には防腐防蟻薬剤を注入した廃材の燃えかすも含まれている。
もうその廃材も使いきったし、100均のマスクをつけて
ゴミ袋の外側に土のう袋を重ねて、掻き出した灰を詰め込んだ。
有料ごみになるだろうと自治体の冊子を見ても「灰」なんて項目はない。
問い合わせようにも土日なので無理だ、
とりあえず満杯になった土のう袋を縛り軒の片隅に置く。

デザイン

TVのない生活をしていても、漫画とアニメで育った自分に染み付いたサガで、
スーパーで見かけた子供むけ雑誌のウルトラマンが気になった。
th_c6f5cac8954ce4b65f96cef56f5dd828_1496125078geed_prof.png
最新のウルトラマンらしいがこんなもん、ワルモノやないか。
niseU.jpeg
むかし、悪い宇宙人が化けたにせウルトラマンやないか。

それで、大いに脱線していろいろ見てみた。
エグゼイドとレーザー
今の仮面ライダー
d576c6b7e9-192x300.jpg
初代仮面ライダーと憧れのサイクロン号。
もともと仮面ライダーは悪の組織で作られたものだから
人相が悪くても仕方ないが・・・
n700index.jpeg
今の新幹線
images.jpeg
0系の新幹線、青い光の超特急。

サイクロン号も0系もすごい速いイメージだったのに
ゆるキャラと言っていいほど癒やしの表情。
11th_title_01.jpg
1st_title_01.jpg
最近の車は他にももっと怖い顔したのがいる。(特にホンダ)

だが意外や、そのホンダのロボットアシモには実は丸い目があった。
asimoimages.jpeg
e4f05444a0a0445684771ef1d45fc58e.jpg
手塚治虫が監修したという大阪万博の相澤ロボット。
ロボットってこういうイメージだったよなあ・・・

子供時代に刷り込まれたもののデザイン。
バイクも車も刷り込まれたイメージに影響されて買っていた。
そのせいか今のキャラクターやもののデザインが
だんだん馴染めなくなっている。

速いこと、より強いことを強調するためには
ギスギスしたデザインにしなくてはならないのだろうか
ホンダのアシモ、ちょっと見なおした。


久しぶり

6月は4週とも週休2日で、あちこち遊び歩いたため
うちの山が上高地に行くほど遠のいてしまいました。
自分との間に距離の隔たりではなく、時間の隔たりができてしまいました。
写真は先週、7月の第一週のものです。
DCF00255_convert_20170708051356.jpg
DCF00256_convert_20170708051732.jpg
DCF00257_convert_20170708052102.jpg
すぐ裏の梅ですが、実を採って取り掛かるとそれなりに時間は食う。
限られた時間でいろいろやりたいけどのんびりもしたい。
なので草ボウボウを気にしながらも端折って歩きました。
DCF00261_convert_20170708054009.jpg
DCF00277_convert_20170708054826.jpg
でもまだクマイチゴがある。あ〜、もう。
車に戻ってコンビニの袋を持ってくる。イテテテ。
痛い割にそんなに採れない、というか割に合わない収量。
仕事だと思うと楽しくなくなるから食べながら採る。
DCF00260_convert_20170708052417.jpg
DCF00258_convert_20170708053522.jpg
ワイヤメッシュで囲った苗木の周りの草取りをしかけて、
また気がそれる。
咲き出したオカトラノオにかわいい蛾。
すごく小さいのに後ろ姿はジェット戦闘機みたい。
前翅を立てて後ろ翅は開いてとまっている。
採った写真を子供向け図鑑と突き合わせる。
どうも蛾じゃない・・・キマダラセセリ(蝶)だろうか。
最近、蝶より蛾のほうがカワイイと思うようになったけど
こんな小さなカワイイ蝶もいるのか・・・

ヘビ注意!
なんていってももう遅いですね。

カエルの楽園だったうちの雨水遊水池(コンクリのシンク)で
カエルを狙って山カカシがきた。

DCF00269_convert_20170708054335.jpg

カラフルなヤマカガシ(毒)。
ビオトープガーデンなんて言ってられない草ボウボウの家の周り
大好きなカエルを狙ってヘビが来るのも自然の摂理か。
そういえば離れのトイレの前に雨宿りに来る大きなヒキガエルも
最近見ない。

後日もっと恐ろしい光景を目の当たりにする。

ヘビにはネズミ退治をしてもらいたい気もするが
カエルの産卵場所と化した雨水処理のオートサイフォンシステム。
見なおしたほうがいいかも。

横浜 防備録

先日の横浜ゆきの防備録
DCF00276_convert_20170706185718.jpg
土曜の朝に出かける予定が
仕事帰りにふと思った。ここから家まで1時間、掛川駅まで一時間。
今夜家にかえると家まで1時間、明日掛川駅まで2時間。
仕事帰りのまま横浜に向かおう、いきあたりばったりで、
横浜に付けばカプセルなりスーパー銭湯なりあるはずだ・・・

ところが、いきあたりばったりが過ぎて掛川でラーメン屋さんに入ったので、
もうその日の普通列車では三島までしか行けなくなった。
ラーメンはアジフライ定食とセットができるので大満足だったのだけれど。

ガラケーのiモードでカプセルホテルを見つけた。
が三島についてみるとカンバンの電気は消え入り口がない。
三島駅前って野宿できる雰囲気でもない。
仕方なし飛び入りでホテルを探す。
1軒目受付の女性が電卓に8500円。と打って見せる。「出直してきます。」
2軒目めんどくさそうな対応だっったので(安いかもしれない)と思ったら6000円。
野宿して財布を盗られるよりはマシだろう・・・

翌朝、早い列車で横浜につく。
マックで100円のコーヒーを飲む予定が
別の店で400円もする紅茶を飲む。
痛い出費かと思えば意外と快適だし
いつまでも中身が入っているように見えるカップは有難かった。
30分ごと100円加算されるネットカフェより落ち着ける。
DCF00272_convert_20170706185928.jpg

仕事の靴に穴があいて、ほしいと思っていたミズノの靴を探すも自分のサイズがない。
「火星年代記」の真似をして処分してしまったCDをもう一度聞きたくなったがもうない。
モダンチョキチョキズなんて・・・
スティックパソコンに興味があったので家電量販店に行くも、「ここです。」と案内されただけで
一万そこそこの商品の客など相手にもしてくれない・・・

都会に来ればほしい物がすぐ買えると思っていたのが大間違い。
(通販のほうが便利じゃないか・・・)

電車賃かけて街にきてほしいもの何一つ手に入らない。
いや、日本は貧しくなってきたのだろうか。
貧乏人がいうセリフではないが・・・

DCF00271_convert_20170706190132.jpg
いつか多摩川にゴマアザラシが漂着してタマちゃんと騒がれた頃、
誰かが横浜西口の川で「タマちゃんがいる!」と言って騒然となった場所。
実際いないタマちゃんを見ようと大勢が橋に詰めかけた。
DCF00274_convert_20170706185510.jpg
橋から下を覗くと大きな鯉が寄ってくる。
誰か餌付けしているのか口をパクパクさせるのもいる・・・

梅漬け

うちのうらの梅は毎年、
梅干しをつくろうと熟するのを待つうちに黒斑病が出る。
斑点の出ない小梅は切り戻してシカにかじられ、枯れたので
もう長年、梅干しは漬けていなかった。
去年は梅酢が欲しくて青梅のまま漬けたがまずくて食べられない。
おまけに洗ってから追熟を試みたのですぐに傷んだ。

DCF00250_convert_20170701085109.jpg
ことしは斑点が出る前に採って追熟を試みる。
×ビニール袋に入れたままだったから蒸れたところから梅が痛み出した。
×置いた場所が室内でも陽のあたる場所だったせいか、やっぱり斑点は出た。
×週末まで置いていたら梅が干からび始めた。
×空いていると思っていた漬物樽に去年塩漬けにしたふきが入ったままだった。
DCF00251_convert_20170701084907.jpg
痛みと斑点の少ないものを選別して漬けてみた。
つけると痛みが目立ってくる。

それでもだ。
見た目はともかく、食べられるじゃないか。
青梅の梅干しよりはなんぼかました。
というより、土用干しをする前から
帰宅すると1個は必ず食べている。
来年はもっとうまくやるだ。

横浜

横浜の教会で昇天者記念礼拝があったので行ってきました。

配られた祈りのことばの一節に

私たちは、自分の思いばかりに気を取られて、
与えられた隣人と共に生きる時間を、十分に大切にしてきませんでした。
周りにいる人を、愛すべき時に愛さず、仕えるべき時に仕えず、
支えるべき時に支えませんでした。こんな私たちをあわれみ、お赦しください。

とあり、これを読み上げた時胸が痛みました。

何に対して誰に対して祈っているのか自分ではよく判りませんが
今となってはただ許してくださいと祈ることしかできないことがわかった旅でした。

大室山

DCF00227_convert_20170619043157.jpg
大室山に登りました。
DCF00215_convert_20170619050143.jpg
登ったと云っても登山禁止の山なので
リフトに乗っての話です。
DCF00216_convert_20170619045829.jpg
リフトを降りるとお鉢巡りになります。
DCF00219_convert_20170619045554.jpg
DCF00220_convert_20170619045248.jpg
DCF00224_convert_20170619043428.jpg
伊豆大島が見える。
DCF00221_convert_20170619044912.jpg
DCF00223_convert_20170619044219.jpg
標高は579.64mです。
プロフィール

いちしんふたば

Author:いちしんふたば
Iターンで転職も成功!
を夢見たけれど
事は予定どおりに運ばなかった
いちしんふたばの
さて、これからどうする?

降水短時間予報
-降水短時間予報-
カテゴリ
窯 (6)
月別アーカイブ
リンク
メールはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
訪問ありがとうございます